29. 今日1日だけのために来たソウル ④

~検証シリーズを検証する~

私が映画「タイフーン」に出逢った時の衝撃や湧き上がってくる熱い想いを、自身のサイト

に「カン・セジョンとの運命的出逢い1~3」「タイフーン検証シリーズ1~4」として掲載した

ところ嬉しいことに多くの方々から好意的な感想を頂きました。

その中で一番多かったのは「本当に良く調べておられますね」とのお褒めの言葉でした。

有難い内容でしたが、あらためて思い返してみると、実際はお褒め頂くほど良く調べて

いないことに気づき、ではいったいどうやって書いたのかと、ふと考えてしまいました。

長年をかけて読んだ書物(本や新聞)からの情報で、自分にとって興味深い好きなこと

が頭の片隅に残っており、引っ張り出して「今」の感覚と交えて書いたような気がします。

そんな事情から、少し自信のない点が2ヶ所あったので、機会があれば検証してみたい

との思いが日に日に募っていました。

1ヶ所目は、検証シリーズ 映画「タイフーン」Part4(最終回) の中ほどに記載している

「半分だけでも自由が守られたことの意味」に登場する、ペク・ソニョップ氏に関することです。

私は現在もお元気で90歳になられるペク氏を心から尊敬しているのですが、親日派と

されているペク氏を絶賛することには、かなり勇気が必要であり批判覚悟で書きました。

幸い批判の声はありませんでしたが、日韓の草の根交流を行うにあたり、韓国の方が本意

でないことを訴えるのも、いかがなものかと思い、ペク氏に対する冷静な評価を確認したい

気持ちが強くなっていました。この件に関しては、かなり恐る恐るT氏に尋ねました。

「あの… ペク・ソニョップ氏のことなのですが…」

「ペク・ソニョップ氏なら、ここにいますよ!」と、T氏は、展示室内に飾られた絵画を指して

教えてくれました。イ・ミョンバク大統領が就任してから、さまざまな流れが変り、朝鮮戦争

が勃発して今年が60年を迎える節目に、韓国軍史上初めて、ペク・ソニョップ氏を名誉元帥

に推薦する決議案をハンナラ党が提案し、韓国の民主党も決議案採択には賛成する意向を

示したと今年2月18日のニュースにも出ていたので、私の心配は杞憂に終りました。


戦争記念館 展示絵画
戦争記念館 展示絵画 後列左から2番目がペク・ソニョップ氏


そして2ヶ所目は、カン・セジョンとの運命的な出逢い Part2 の第2延坪海戦(西海交戦)

の記述です。ここは少し想像力も駆使して書いた部分だったので、警察や新聞社流に言う

「裏を取る」作業をしてみたかったのです。戦争記念館の3階「国軍発展室」に詳しく紹介

されているコーナーがあり、記述に間違いが無かったことが確認出来てほっとしたと同時に

あらためて6名のご冥福を心からお祈りしました。チャムスリ357の模型はかなり立派で

迫力がありますが、ガラス越しのため反射を気にして離れて全体を写すことが出来ず

少し残念です。でも、このような形できちんと紹介されていることに安堵感を覚えました。


第2延坪海戦で殉職した6名の写真
第2延坪海戦で殉職した6名の写真

北警備艇に奇襲攻撃を受けた「チャムスリ357」の模型
北警備艇に奇襲攻撃を受けた「チャムスリ357」の模型

つづく

30. 今日1日だけのために来たソウル ⑤

~ちょっと息抜きの光化門&梨泰院~

T氏の説明を夢中で聞いているうちに、いつの間にかお昼を過ぎていました。

三角地の食堂街で「韓国式しゃぶしゃぶ」をご馳走になり、T氏とは一旦お別れ、夕方再び

待ち合わせをしてお宅にお邪魔し、いよいよ奥様ともお逢いします。

私は三角地駅から地下鉄6号線で孔徳駅まで行き、5号線に乗り換えて、光化門駅から近い

「ソウル歴史博物館」 に向いました。この博物館は「都市ソウル」のみにスポットを当て

朝鮮時代から現在までの歴史と文化を紹介している「視点」がユニークな博物館です。

2005年にオープンした比較的新しい博物館で、展示方法など新しい手法を良く研究して

取り入れている点でも観る価値のあるところだと思います。


地下鉄 光化門駅 7番出口付近の風景
地下鉄 光化門駅 7番出口付近の風景

ソウル歴史博物館 正面入口
ソウル歴史博物館 正面入口

ソウル歴史博物館 朝鮮時代市場の風景
ソウル歴史博物館 朝鮮時代市場の風景

ソウル歴史博物館 精巧なソウル都市模型①
ソウル歴史博物館 1/1500に縮小した精巧なソウル都市模型

ソウル歴史博物館 精巧なソウル都市模型②
ソウル歴史博物館 ソウル都市模型(一部ガラス床の上に乗って見学出来る構造)


ゆっくり楽しんだ後は、光化門駅から再び地下鉄5号線で孔徳駅に戻り、6号線に乗換えて

賑やかな梨泰院へ向いました。韓国の200号店にあたるスターバックスコーヒー梨泰院店で

休憩てし、ETUDE HOUSE(エチュードハウス)で買い物して、そろそろ夕方…

これから今回の旅行で最大のお楽しみが待っています。

つづく

31. 今日1日だけのために来たソウル ⑥

~麻浦(マポ)の熱い夜 Part1~

夕方6時、T氏と私は、ベストウエスタンプレミアソウルガーデンホテルのロビーで待ち合わせ

一緒に奥様が待つご自宅へ徒歩で向いました。ご自宅の高層マンションは、麻浦駅から

徒歩10分くらいのところにある閑静な住宅街に建っており、居住者の自家用車が全て

収まる地下駐車場があるそうで、地上はすっきり整然としていました。

エレベーターで高層階へ上がり、お部屋へと案内して頂き、奥様と感動のご対面、

気さくで明るい感じの方でした。日本の一般的な新築マンションとほとんど同じ雰囲気、

唯一違うのはベランダの一部がキムチ専用の保存場所になっているところで、広いリビング

の一角には、ご夫婦各々のPCが置いてある書斎机が仲良く並び、中央には最新の大型

テレビがある近代的で素敵な部屋でした。

リーフパイ&ハンカチ
お土産に持参した「WESTリーフパイ」と「BURBERRY大判ハンカチ」


お茶を飲みながら、お互いに自己紹介、芸能界に疎いT氏と違って奥様は詳しいのですが

「最近、韓国ドラマより日本のドラマをよく観ます。キムタクが素敵です」 と言われ、

「私は日本のドラマは全く観なくて韓国ドラマしか知りません。すみません…」

少し焦りましたが、「韓国ドラマの面白いところはどんなところですか?」 と切り替えて

くださったので助かり、韓国ドラマが、いかに面白いかを力説し、お2人も嬉しそうに

頷いて、すぐ緊張もほぐれ打ち解けることが出来ました。


「近所に凄く美味しいサムギョッサルのお店があるから、そろそろ行きましょう!」


住宅街の中にあり、知る人ぞ知るという感じのお店で、とても賑わっていました。

3人で席につき、国産のとびきり良い肉を使っているらしいサムギョッサルを焼きながら、

話は本題に入りました。「今日だけのために来てくれたことに驚いています」 とT氏。

1月に初めてお逢いした時、ある程度は話したつもりでしたが、時間が無かったので

中途半端に終わってしまい、今日はきちんと私がこのブログの 「はじめに」 で書いたこと

を言わなければ本意は伝わらないと思い 「自分が目指していること」 を説明し始めました。


前半の人生が恵まれており好きなことがたくさん出来たこと、好きなことをするために

一生懸命働いたこと、行きたい処があれば片道5回飛行機を乗り継いで行くことも

いとわなかったこと、それに比べたらソウルはとても近いこと、突然出逢った韓国映画

「タイフーン」 によって生き方が変わったこと、その時点で他にやり残したことがあまり

なかったこと、だから微力でも韓日の友好を推進させて南北統一に向けて何かすることが

私の役目だと思ったこと、そのために避けて通れない歴史問題を少しでも自身が理解を

深めて正しく広く伝えたいと思ったこと、T氏にいろいろと教えてもらって希望の光が

見えて来たこと、後半の人生はこれまでの幸せに感謝して恩返しをする人生にしたいと

思っていること、などを熱く訴え、お2人は親身に耳を傾けてくださいました。


奥様が、「私は kaoruさんと反対に、結婚してとても苦労が多く本当に大変でした。

でも今は幸せなので、主人に感謝しています」 と笑顔でおっしゃったのが印象的でした。

「奥様は前半に苦労されたのだから、これからは人生をたくさん楽しんでください。私は

その反対にこれから頑張ります」 と答え、奥様にも祖国(南北)統一に対してのお考えを

尋ねました。 「北は数年前までは私達にとってとても恐い国でした。軍事力を強化して、

いつ何を仕掛けてくるかわからない恐怖感があり、統一はあまり気が進みませんでした。

でも近頃、食糧難で餓死する人の話しなどを聞き、恐いと言うより気の毒に思う気持ちが

強くなって、苦労を背負い込んでも統一したほうが良いと思うようになりました。

このように考える人は多くなっているので、もしその時が来たら、経済力のある日本にも

協力してもらって、助けてもらえたら嬉しいです。」

つづく

32. 今日1日だけのために来たソウル ⑦

~麻浦(マポ)の熱い夜 Part2~

「サムギョッサルには、ビールより焼酎が良く合います」 とT氏。

日本では焼酎をいろいろなもので割って飲むことが多いですが、韓国ではドラマのシーン

などで、ご周知の通り小さいグラス(ショットグラス)で一気に飲みます。

私は内心 「この飲み方は厳しいなぁ」 と思いましたが、サムギョッサルを食べながらだと

本当に不思議なくらい良く合って美味しく飲めましたし、これまで食べたサムギョッサル

の中で、ここが1番だと思いました。どこが違うかと言えば豚肉そのものの味でしょうか。


麻浦のサムギョッサル
麻浦のサムギョッサル(お店の名前は今度聞いてみます)


アルコールが入ると、ますますリラックスして話の方も進みましたが、この先の内容は、

現時点では差し控えることにします。出し惜しみしている訳ではないのですが、あと

3年くらいしたら 「書いても良い世の中になるだろう」 との漠然とした予感があります。

宴が終るとお2人が私をホテルまで送ってくださり、再会を約束してわかれました。


ホテルに着いてすぐマッサージの予約を入れ、今日の疲れをほぐしてもらい長い1日が

終りました。滅多に経験しないであろう、充実した中身の濃い1日だったと思います。

翌朝、ホテルの前からバスに乗り、仁川空港へ向いました。


ホテル前のバス停
ホテル前のバス停


今にして思えば相当に無我夢中で、お店の名前も覚えておらず、写真もたった1枚撮った

だけでしたし、目上の人とお酒を飲む時に少し体を横に向けることを日本を発つ前は実行

しようと思っていたのに、すっかり忘れました。いつもの友人達が一緒なら、写真がもっと

たくさん残っただろう、わからない単語をすぐ教えてくれたり調べてくれたりしただろう、

お店の名刺をもらっただろう、もっと気のきいた話題も出ただろう… 今これを書きながら、

そんなことをふと思い、仲間の有難さにあらためて気づいた旅でもあったと振り返りました。

212. 元気じゃなくても行ける! 韓国 リハビリ旅行記 ①

梅雨(장마・チャンマ)入り前の晴天が続く韓国へ行って来ました。

体調万全とは言えない状態でしたが、お陰さまで元気になって戻って来ましたので多少でも

韓国旅行を計画されている方の参考になればと思い 「旅行記もどき」 を書くことにしました。

東大門歴史公園駅から直結の韓屋風サウナ 「スパレックス」、チャン・ジウ主演 ミュージカル

「グリース」 の鑑賞、ソウルの世界遺産 宣陵、電車で行く水原(華城・民俗村)1日観光、

高速バスで行く利川1日観光、宣陵駅から徒歩1分のスパ 「サウナ セン」 等を中心に、

美味しかった食事も交えて紹介して行きますので、良かったらお付き合いください。

初めは1日目から順を追って書くつもりでしたが、韓屋風サウナ 「スパレックス」 の詳細を

希望される方が多いので最初に紹介し、その後も順不同となりますのでご承知おき願います。


181. スパレックス 東大門(モーニングシティ スパレックス) をUPして以来、大きな関心を

頂きありがとうございました。↑ この時の画像はオープン前、施工に携わった方の撮影です。

男女共有スペース以外は撮影不可能ですので、浴槽に関してはこちらを参照してください。


スパレックス 入り口の看板
地下鉄2号線と4号線 東大門歴史文化公園駅 (旧 東大門運動場駅) 14番出口直結の
ファッションビルグッドモーニングシティー地下3階にあり地元の人は「スパレ」と呼んでいます。

直結の入り口は時間によって閉まっているので、その場合は一旦外に出てビルの正面玄関
から入り、向って左側にあるエレベーターで地下3階に向ってください。
エレベーターを降りると、この看板が目に入ります。

スパレックス 女性用靴箱&女湯の入り口 スパレックス 館内装飾
受付で W7000 支払い、鍵とタオル2枚と上下ウェアを受け取り、靴を鍵番号と同じ靴箱に入れ、
靴箱の突き当たりにある 「女湯」(ロッカー・お風呂・シャンプー等の売店・垢すり)に入ります。

化粧台にあるドライヤーは有料で1回 W200、お風呂に石鹸以外の備品はないので持参するか
売店で購入します。(支払いは全て現金で、鍵を見せて最後に支払うシステムは無し)

ここでウェアに着替えてズボンのポケットに必要な現金を入れ、タオルを1枚持って、
男女共有スペース (木炭・黄土サウナ、休憩室、マッサージ&エステ、食堂、売店等) へ。

スパレックス  休憩スペース1
男女共有スペースの入り口付近 (ここから向って右側に各種サウナがある)

スパレックス 休憩スペース2 スパレックス 休憩スペース3
左:食堂の調理室
食堂はセルフサービスで手頃な金額(例えばビビンバが W6000)、味は可もなく
不可もなくといった感じですが、セットのワカメスープは美味!
右:韓屋風の休憩スペース (小部屋)

スパレックス 休憩スペース4 スパレックス 高温サウナ
左:韓屋風の休憩スペース (下に個別の仕切りがあり女性の利用者が多い)
右:高温サウナ (他に冷温・低温・中温がある)

スパレックス 休憩スペース5 マッサージの値段表&入り口
左:韓屋風の休憩スペース (大部屋は男性の利用者が多い) 
右:マッサージの看板 (この奥にベッドが並んでいる)

私は看板の上から4番目、80分 W40000 の全身スポーツマッサージと顔と足のエステが
セットになったコースを試しました。知る限りで 60分 W40000~W50000 が相場では
ないかと思うので、この価格はかなりリーズナブルで大満足でした!
ただし、日本語は通じないので希望を伝えられるように簡単な単語を覚えておくと便利です。

シーン別お役立ち表現〜エステ編〜

スパレックス 休憩スペース6
韓屋風の休憩スペース (大部屋から小部屋に向う橋)

費用(入場料・食事・マッサージ&エステ・ドライヤー・シャンプー)は総額 W53800
日本円に換算すると ¥4000 弱、所用時間は5時間でした。

ここは 「リーズナブルな価格で韓屋風の雰囲気をゆっくり楽しむ」 ことが売りですが
サウナやお風呂の内容自体はごく一般的です。

岩盤浴等多彩なサウナを特に希望されない限り 「価格&内容&アクセス」 に於いて
満足出来る施設だと思います。

つづく
≪PREVNEXT≫
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク