785. さよならは突然やってくる

フィリピンから無事に戻ってきました。

10年間、足繁く通っていたビサヤ諸島のダイビング旅行は今回が最後だと

滞在中に突然、ハイヤーセルフから啓示がありました。

ブログに度々書いてきたように私の主護霊様の強い意向で訪れていた場所ですが

ISの拠点が近くにあり、いよいよ危険が迫ってきているそうです。

啓示を受けたのは帰国の3日前でした。


退く頃合いだ。必要なものは全て持ち帰りなさい。
また良い場所が見つかるはずだ。



必要なものとはリゾートで預かってもらっていたダイビング機材などのことです。

そのため、簡単だったはずの帰り支度は大掛かりなものとなり

最終日はダイビングをキャンセルして無我夢中で機材の梱包に取り掛かり

それが一段落すると一抹の淋しさに襲われて、素晴らしい想い出が駆け巡りました。

光に包まれた主護霊様が御姿を現してくださり、

私にとって有意義な多くの啓示をハイヤーセルフと指導霊様から受けた場所です。

アポ島、バリカサグ島、スミロン島、ペスカドール島、セブ島南端、

ネグロス島東部海域などで、バラエティに富んだダイビングを満喫しました。

リゾートのスタッフ同士はビサヤ語を話し、ゲストに対してのみ英語を使っていたので

訪れる度「挨拶くらいのビサヤ語はぜひ覚えたい」と思いながら実現しないままでした。


正直、ハイヤーセルフの啓示は間違いであってほしいです。

これまで通りの静かで平和な漁村であり続けられるように心の底から願いながら、

私は前を向いて今を生きることにします。


783. 或る別れ

本当に素晴らしい魂の持ち主でした。

残念ながら今生ではお別れしましたが、

あの世では必ず再会して、お話しましょう。

今、お別れしなければならなかった理由を語り合いましょう。

貴女ならきっと納得してくださるでしょう。

貴女から多くのことを学ばせて頂きました。

心から尊敬しております。

似たような境遇のはずなのに、私はこんなに幸せで、

貴女がどうして多くの苦しみを1人で背負わなければいけないのか、

貴女自身、本当はわかっているはずです。

私の幸せは、割り切ることが上手だから成り立っています。

貴女の不幸は、貴女の優し過ぎる性格が起因しています。

心持ひとつで、天国と地獄の差があります。

貴女が人生の目的を思い出し、私のように割り切ることができたなら

その瞬間に幸せは必ず訪れます。

私は渾身の力をこめて、貴女に必要なことは全てお伝えしました。

本当にありがとうございました。

782. お知らせとお願いとお詫び

日頃から、レイキ無料講習 独学で完全マスター ハイヤーセルフに繋がりたい方へ 

をはじめとする当ブログの記事に大きな関心をお寄せくださりありがとうございます。

ハイヤーセルフに繋がり、レイキを習得して、かけがえのない幸せを手に入れた私が

その体験をブログに綴ることで、縁あって目に留まった方にも幸せが訪れるように願って

メールでのサポートを続けて参りました。

寄せられたメールの全てに返信したい気持ちが強くありましたが物理的に不可能なため

<個別の返信は、メール発信者様の背後霊様(守護霊・指導霊・先祖霊 etc.)から

管理人の私に直接依頼(働きかけ)があり、私のハイヤーセルフが了承した場合に限る>

という独自のルールに従って対応させて頂きましたが、気持ちが追いつかなくなってしまいました。

そこで年内は、新規メールの受付を休止させて頂くことと致しましたので

誠に勝手ながら、ご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。


尚、既に私とメールのやりとりをされている方は、これまで通り対応させて頂きます。

これに伴い、PC用・スマートフォン用 プラグインの

<管理人へのメールはこちら> を外し <ブログ内検索フォーム> を設置しました。

レイキを習得中に、もし不明な点がありましたら <ブログ内検索フォーム> から

該当の記述を検索し、ご自身で答えを導かれますよう、宜しくお願いします。

又、レイキ 修了後のサポート レイキを途中まで学んだ方へ もご活用ください。



ところで、781. 誤解を招いてしまったこと その2 に、

初めてメールされる方が何の脈絡もなく、スピリチュアルカウンセリングや
レイキヒーリングを希望されるケースが増えて戸惑っております。
参考までに例をあげると… 


と、4つの例をあげたことで

「私のことだ!」と思われての、お詫びのメールが多数届きました。

2017.11.8 ~ 2017.11.9 にお詫びのメールを送ってくださった皆様は、

私が戸惑ったケースに該当されませんので、どうか、ご安心くださいませ。

メールの全文を紹介することは出来ませんので真意が伝わらなかったと思いますが

私が本当に戸惑い傷つき疲弊し、新規メール受付の休止にまで追い込まれたメールは、

丁寧な文面ながらも、内容は挑発的な異常波動の方が送られたものです。


私のハイヤーセルフによると、そのようなメールを送る人の多くは、

間違った新興宗教等に洗脳されており、自然のエネルギーを活用するだけの

レイキを否定し、その宗教の正当性を主張しているのだそうです。

但し、全ての新興宗教が間違っていると決めつけるのも良くない行為で、

中には真面目に真理を追究している団体もあるそうです。

信者から集めた大切なお金で、無意味に煌びやかで立派な建物を立てるような団体は

先ず疑うべきであると言われました。

もともと親が信者で何の疑いもなく入信したケースも多く、同情する点はありますが、

それであなたは満たされていますか? 家族はみんな健康で幸せですか?

よく振り返ってみてください。

勘違いしてお詫びのメールを送ってくださった皆様に、お詫びとお礼を申し上げます。

781. 誤解を招いてしまったこと その2

779. 誤解を招いてしまったこと の続きです。

768. 私の返信メールに対して必ず意思表示をお願いします 

私はブログを通してレイキを紹介し、スピリチュアルカウンセラー的なこと、
霊媒(ハイヤーセルフ、背後霊のメッセージをお伝えする役)的なことを行っておりますが
私の所属する霊団の考えに従って、お金を受け取ることは一切ありません。


この記述によって、私は率先してスピリチュアルカウンセリング・霊媒を行っていると

誤解を招いてしまったようです。もちろん他にも誤解を招く記述はあったと思いますが

メールアドレスを公表しているのは、当ブログの記述に関するお問い合わせのためです。

「独学でレイキをマスターしたい方、ハイヤーセルフに繋がりたい方、

当ブログに登場した場所や品物に関しての不明点」などのご質問や

「ブログの記述に関する感想」をお寄せ頂くことが主な目的です。

もちろん、メール発信者様の背後霊様(守護霊・指導霊・先祖霊 etc.)から管理人の

私に直接依頼(働きかけ)があり、私のハイヤーセルフが了承してメールのやりとりが

始まれば、ブログの記述とは関係ない踏み込んだ内容が話題にあがることもありますし、

背後霊様から依頼があれば、遠隔レイキヒーリングや邪気祓いも行います。

ただ、初めてメールされる方が何の脈絡もなく、スピリチュアルカウンセリングや

レイキヒーリングを希望されるケースが増えて戸惑っております。

参考までに例をあげると…


例1
原因不明の激痛で苦しんでいます。
あらゆる診療科で検査を受けましたが「異常なし」と言われました。
レイキヒーリングをお願いします。

例2
難病に指定されている〇〇病と診断されました。
治りますか? 教えてください。

例3
(心霊写真を添付)
写真に写っている不思議なモノは何ですか?
鑑定宜しくお願いします。

例4
職場のAさん(本名でなく文字通りAさん)は、
私のことをどう思っているのでしょうか? 教えてください。



既にメールのやりとりをしている全ての方は、当ブログの記述に関する

お問い合わせ・ご質問・ご感想などを寄せられた方々です。

以上、私の記述が誤解を招く原因になったと思いますので心よりお詫び申し上げます。


霊感は様々な要因で弱まっている人が大多数ですが、全く無い人はいないはずです。

今からでも遅くありません。

弱まっている霊感を強め、ご自身の背後霊様やハイヤーセルフと繋がり、

抱えている問題に対して最適な答えを導き出せるようになれば、幸せが必ず訪れます。


780. 後で懐かしい思い出になる

11月3日 文化の日 大安吉日 10月初めに誕生した2人目の孫の初宮参りを

氏神様の武蔵野国一之宮 小野神社で済ませました。

好天に恵まれ、暑くもなく寒くもない絶好の初宮参り日和で、

この一カ月の慌ただしさや取るに足りない苦労が報われたような爽やかな一日でした。

娘と2人目の孫が病院を退院してきた日、家族の愛情を一手に受けて

順調に育っていたはずの2歳になったばかりのお兄ちゃんに突然の変化が現れました。

娘の授乳が始まると思い切り体当たりして妨害するのです。

それを引き離し娘には授乳を継続してもらい、

お兄ちゃんの関心を別のことに向けさせようとする役目を家族が交代で担いました。

それでもちょっと油断した隙に再び娘に近づき「抱っこ抱っこ」と言ってせがみ、

授乳が終わって代わりに私が2人目を抱くと、お兄ちゃんはすかさず私に近づき

「抱っこ抱っこ」と大声で泣きわめき困らせます。

ベビーカーで外に連れ出すと、すぐに降りたいと暴れ、

降ろすと歩きたくないと地面に這いつくばって泣きわめき、

お風呂はイヤイヤ、着替えもイヤイヤ、何でもイヤイヤ期と

突然、弟がやってきたことへの戸惑いが重なり、一家総出で手を焼いています。

娘婿と私が仕事に出た後は私の母が大活躍です。

私は高齢の母にあまり無理をしてほしくないので、出社前と帰宅後になるべく

母が担っていた家事を引き受けるようにして助け合ってきました。

けれど10月も終わろうとしたとき、仕事の忙しさもあって疲れが溜まり、

新生児より数倍手のかかるお兄ちゃんが疎ましく思えて苛立つと、母は私に言いました。

「いつまでも続く訳じゃないから、後で懐かしい思い出になるよ。」

全くその通りですね。

今があまりに大変だと我を失い、出口がどこにあるのかわからず絶望に支配されます。

けれど冷静に考えれば子どもは日々成長し変化しているのだから一時的な現象です。

でも、核家族の夫婦2人だけで、更には1人親家庭で、

我が家と同じように2歳と新生児がいたらその大変さは想像を絶するものだろうと察し、

経験して初めて知った授乳妨害を通して、もっと行政の支援、社会全体の支援が

困っている家庭に届くような仕組みはないものかと思いを巡らせました。



030394.jpg
2017.11.3 11:16 武蔵野国一之宮 小野神社

≪PREVNEXT≫
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク