714. 日本人が取るべき姿勢

韓国の俳優A氏の背後霊団から届くメッセージを不定期に紹介しています。

その経緯は、私が心配を手放すために与えられた配慮 にありますので併せてお読み頂ければ幸いです。


A氏のプロフィール

・日本での知名度は低いもののデビューから現在までコンスタントに活動している男優。

・ペ・ヨンジュン氏、イ・ビョンホン氏など日本で大ブレークした韓流スターと同世代。

・出演した映画とドラマは日本に紹介されない(日本語字幕が付かない)作品も多々ある。

・演技をしていると感じさせないほどの自然さが演技の特徴。

・子どもの頃から霊感が強く、歪曲された歴史を理解し、日本の言い分が全て正しいと確信している。

・歴史上の人物を演じるとき、その人物が憑依することもある。

・中心的ファンにはソウルメイト(魂の故郷が同じ人)が数人おり、熱心に応援して精神面を支えている。

・当然の義務として兵役に行きたいと希望していたが、当時所属していた事務所の強い意向と
 主導により巧妙な手口で兵役免除となり、その件で世間からバッシングされることはなかった。

・整形手術は受けていない。



<A氏の背後霊団から届いたメッセージ>

負担を感じさせてしまい申し訳ありません。

どうか気持ちを楽にして進めてください。

聞こえたことを全て書きとめてくだされば有り難いです。

前回、一旦は書いて、後で消した記述がありましたね。

あれは、あなたの潜在意識や思い込みや空耳ではなく、間違いなく私達の声でした。

しかも特にお伝えしたかったことですから、ぜひ書いてください。

韓国で天皇陛下を「日王(日本の国王)」と大変失礼な呼び方をしていることを心からお詫びします。


あなた自身は何事に対しても、お礼や謝罪をほとんど必要としていないので、

私達が謝っても意味がないと思われているかもしれませんが、必要としている人が大勢います。

人は「ありがとう」で救われ、真心を込めたお詫びで救われるのです。

天皇陛下という類まれな存在を国王と一緒にする行為は、領土問題や慰安婦問題よりも罪深いことです。

だから、何をさておいてもお詫びしたかったのです。

もちろんAも同じ考えです。

ところで彼は両親が信仰している宗教を子どもの頃から葛藤しながらも信じてきました。

韓国ではキリスト教と仏教の信仰者が多く、イエス・キリストと釈迦の誕生日を国民の祭日に制定し、

双方の宗教を尊重する姿勢をみせながら、宗教の自由を強調しています。

しかし、朝鮮儒教の影響が至るところに強く残っており、更に巫俗(ムーソク)という厄介な信仰も

各地で独自に根付き、人々が強い洗脳からなかなか解放されない原因の1つとなっています。

巫俗は古代から続く朝鮮半島固有の土着信仰であり、巫堂(ムーダン)と呼ばれる霊能者が

神のお告げを伝えるもので、現在も信仰する宗教の有無に関わらず、国民に強く支持されています。

多くの日本の方々は仏教と神道の両方を信仰していますが、韓国の巫俗はごく一部の例外を除けば、

日本の神道とは全く比較にならないほど波動の低い、いわゆる「邪神」だと解釈して頂いて構いません。

そして韓国のキリスト教と仏教は、本来の儒教から変化した朝鮮儒教の弊害と、でたらめな巫俗の

双方から影響を受け、本来のイエス・キリストと釈迦が説いた真実に基づく教えからは

遥かにかけ離れた独自の宗教に変貌してしまいました。

そのことで人々の攻撃性はますます強くなり、自分の利益だけを重んじる身勝手さが突出し、

中身より外見を重視し、非常事態にはパニックに陥りやすく、執着心が激しい人格が形成されたのです。

Aが子どもながらに宗教問題で葛藤したのは、宗教創始者が説いた本来の教えとの違いを

持前の感性の鋭さにより感じとったからです。

それを踏まえて、日本の方々に強くお願いしたいことがあります。

洗脳されている哀れな民族に意識を合わせないでください。

意識を向けると腹が立ち、ネガティブになり、同類と化してしまいます。

それではダークサイドの思う壺です。

常に日本の言い分が全て正しいと強く信じて、いかなる情報を突き付けられても動じない事が大切です。

物事に100%ということは滅多にありませんが、これは例外です。

日本の方々は、常に100%の自信を持ってください。

洗脳された民族を「哀れだと思って許してください」とは申しません。

今は意識を合わせず、エネルギーがもう少し高まるまで静観してください。

あなたは、韓日草の根交流をうたって接近してくる韓国・在日のグループが、お互いの接点を

見出しやすい話題である「原発反対」と「日本国憲法の護憲」を矢面に立てることをよくご存知ですね。

彼らは接点を見出しやすい話題を持ち出して相手の様子を観察しながら、

最後に必ず自分達の主義主張を押し付けようとしたはずです。

それに騙されることはないにしても、「日本国憲法の護憲」には注意しなければなりません。

日本国憲法を護りたい理由を大まかに分けると、「日本の弱体化を望んでいるため」 と

「純粋に平和を愛するため」 の2通りあります。

他国が日本の弱体化を望むのは仕方ないと諦めたとしても、

厄介なのは、中国や朝鮮半島に魂を売ってしまった日本人が多数存在するという事実です。

彼らもまた地球の進化を阻むように洗脳されたか、もともと進化を阻むようなDNAを

埋め込まれて誕生した闇の存在です。

戦争を防ぎ平和な世界を目指すには抑止力の強化が必要不可欠であり、

憲法改正が必要だと訴える方が健全だと考えられる要素が多いことは事実です。

けれど私達が最善だと思うのは、解釈の範囲を広げるだけに留めて日本国憲法は改正せずに、

安倍首相の考えに従って抑止力を強化する方法です。

安保法案は絶対に違憲ではありません!

「本当に日本と世界の平和を真剣に考えている護憲派」と「日本の弱体化を望んでいる護憲派」を

誰もが明確に区別できるように示すことが大切です。

韓国では光の勢力が集結しようとすると即座に邪魔が入りますが、日本は全体的な波動が高いので、

ダークサイドの洗脳攻撃をくぐり抜ける方法は工夫すればいくらでも見つかるはずです。

Aの立場では自分の理解者を募って活動することはできませんので、

繰り返しになりますが今は洗脳されている哀れな民族に意識を合わせず、

波動をもっと高めて、ダークサイドを撃破する力を蓄えて頂きたいと願っております。


私が不慣れで疑い深いので、配慮の言葉をかけて頂きました。

今後はもっとリラックスして臨むようにします。

文章では伝わらないと思いますが、日本人に対しても、洗脳されている哀れな民族に対しても

愛情に溢れた口調で、聞こえてくる男性の声は終始敬語でとても穏やかな印象です。

ところで今年2月、鹿島神宮と香取神宮を参拝するように強く勧められて出かけた際、

香取神宮の境内に、2014年の式年神幸祭を記念して建てられた

安倍晋三氏による題字の石碑を見つけましたので、この機会に紹介します。



RIMG0222.jpg
2016.2.20 14:49 香取神宮 2014年式年神幸祭記念石碑  題字 安倍晋三

712. 新生地球の理想的な姿を朝鮮半島で夢見た人物

韓国の俳優A氏の背後霊団から届くメッセージを不定期に紹介しています。

その経緯は、私が心配を手放すために与えられた配慮 にありますので併せてお読み頂ければ幸いです。


A氏のプロフィール

・日本での知名度は低いもののデビューから現在までコンスタントに活動している男優。

・ペ・ヨンジュン氏、イ・ビョンホン氏など日本で大ブレークした韓流スターと同世代。

・出演した映画とドラマは日本に紹介されない(日本語字幕が付かない)作品も多々ある。

・演技をしていると感じさせないほどの自然さが演技の特徴。

・子どもの頃から霊感が強く、歪曲された歴史を理解し、日本の言い分が全て正しいと確信している。

・歴史上の人物を演じるとき、その人物が憑依することもある。

・中心的ファンにはソウルメイト(魂の故郷が同じ人)が数人おり、熱心に応援して精神面を支えている。

・当然の義務として兵役に行きたいと希望していたが、当時所属していた事務所の強い意向と
 主導により巧妙な手口で兵役免除となり、その件で世間からバッシングされることはなかった。

・整形手術は受けていない。



以下の文中に 「民」 という言葉が度々登場します。これは実際には백성들(ペクソンドゥル)と
言っており、백성(ペクソン)は、民・人民・国民の意味で、들(ドゥル)は複数形です。
백성の直訳は 「百姓」 ですが、日本の農民とは違い、百の姓名(たくさんの姓名=たくさんの人々)
からきているので、ここでは 「民」 と表現することにしました。



<A氏の背後霊団から届いたメッセージ>

今回はAが演じた 「李王朝時代(1392年~1910年)以前の歴史ドラマ」 に登場する歴史上の人物

B氏のことを中心にお伝えしますが、Aの匿名性を守るため、「明確な時代」「ドラマ名」「人物名」は

明かさないことを約束してくださいますよう、お願い申し上げます。

当時の朝鮮半島では、既に支配層が 「民」 を苦しめる典型的ピラミッド型の差別社会が形成されており、

B氏は頂点に近い上部支配層の出身でした。

ところがB氏は全ての権利を投げ捨てて、命を懸けて理想的な社会体制の実現を目指しました。

それは民主主義でも共産主義でもなく、あまりに唐突過ぎて俄かに信じ難いとは思いますが、

進化した星で採用されているシステムを導入することでした。

そうです。 あなたの愛読書である 「アミ小さな宇宙人」 に登場する進化した星の姿。

フランス映画 「美しき緑の星」 でも描かれていた貧困・差別・戦争がない精神性の高いユートピア。

古い時代の朝鮮半島に、高次からやってきたB氏は実験的に新生地球の理想型を試した人物です。

B氏は新しい秩序の確立を試み、真の自由意思に基づき、朝鮮半島全体をひとつの家族のような

状態にしようと目指す過程で、常に自分の立ち位置は 「民」 と同じ場所にありました。

「国王」 が存在し、もし 「国王」 に代わってリーダーになろうとすれば、血なまぐさいクーデターを

起こす以外の選択肢が考えられない時代、B氏は 「国王」 を心から敬い、秩序を維持するための

象徴として 「民」 から愛される存在になってほしいと望みました。

あくまでも主役は 「国王」 ではなく 「民」 なのです。

B氏の試みは飢餓と略奪に打ちひしがれていた 「民」 から、ただちに大歓迎されました。

特筆すべき点は、歴史文献に記載されているB氏の記録の大部分が真実であり、でっち上げの記録に

ほぼ占領されている朝鮮半島の歴史文献の中では非常に珍しいケースと言えます。

そのようなB氏を描くドラマは、制作の検討時点から、高次より強力な働きかけと援助を受けており、

脚本の段階では、記録の曖昧な部分の詳細まで、忠実にB氏そのものが描かれることになりました。

AがB氏の役を演じることになった経緯もまた、高次から多くの援助を受けて実現しました。

その頃のAは、ステロイド薬の副作用から感染症にかかりやすい状態が続き、脱毛と浮腫にも悩まされ

精神状態は常に不安定でしたが、終始B氏が憑依していたので順調に演じることができました。

但し大半の視聴者の目には、B氏の活躍を描いた部分はフィクション或いはファンタジーとしか映らず、

ダークサイドからの妨害も日に日に激しくなり、大きな関心が寄せられる作品にはなりませんでした。

それでも、ごく一部の視聴者の魂を鼓舞し、真実だと受けとめることができた人もいました。

地球上で度々このような試みが繰り返され、全て失敗に終わったことは言うまでもありませんが、

B氏の失敗には非常に意義深い教訓が残りました。

B氏が常に 「民」 と同じ位置に立ち続け、秩序を維持するために頼った当時の 「国王」 は、

「正当性を主張するための道理は不要であり魂を真心で満たせばよい」 というB氏の崇高な考えを

理解できる人物ではありませんでした。

もし、当時の 「国王」 が、「日本の天皇陛下」 であられたなら……

現在の地球は、進化した星に生まれ変わろうとする最終段階を迎え、苦しみの真っ只中にありますが、

既にB氏的な存在は出現しました。

そして、最終的局面で新生地球誕生の最大の鍵を握るのは日本の皇室です。

日韓併合により、奴婢制度(身分制度)が廃止され、インフラが整備され、近代化が進んだにも関わらず

ダークサイドの主導により洗脳された国民は、最大の救世主を最も憎むように仕向けられました。

これから徐々に、国民にとって信じ難い、受け入れ難い、真実が明らかになるでしょう。

私達がAに望むのは、受け入れ難い真実を突き付けられた国民の魂を癒すような作品に出演して

与えられた役を演じきってほしいということです。


私はB氏が登場する「李王朝時代(1392年~1910年)以前の歴史ドラマ」を視聴して孤軍奮闘する

B氏の雄姿に胸が躍り感動に包まれましたが、結局、失敗に終わり、あまりに切ない末路が痛ましく、

胸が苦しくなって、やり場のない悲しみを癒すため、B氏のお墓参りに行こうとしました。

すると、B氏と私のハイヤーセルフから以下のメッセージが届きました。



<B氏から届いたメッセージ>

私のために悲しんでくれてありがとう。

全力を尽くして生き抜いたので何も後悔することはなく、直ちに高いところへ戻ることができた。

だから悲しまなくてよい。

私が生きた時代より現代の方が困難な時代だが、あなたは自分のできることを全て実行し

全力で生きているから、やはり後悔はないだろう。

墓参りなど行かず、自分が一番好きな場所に行って少し休みなさい。


<私の内なる神さま(ハイヤーセルフ)からのメッセージ>

A氏の純粋さがB氏を引き寄せた。

ドラマが放映されることを喜んだB氏は積極的にA氏に憑依したので非常に本人に近い状態であった。

(今生を離れれば)B氏にはノ・ムヒョン(盧武鉉)氏と共に逢うことができるだろう。

反日を強力に推進した元大統領ノ・ムヒョン氏は今生を離れて直ちに真実に目覚めた人物であり

現在は他の大統領経験者など主だった人物に協力を求める活動をしている。

大統領経験者の中で国民に最も愛されたノ・ムヒョン氏の活躍は非常に喜ばしいことである。


韓国の悲惨な話を延々とされるのかとばかり予想して臨みましたが、話題は思わぬ方向へ進み驚きました。

私の空耳ではないか? 邪魔が入ったのではないか? 

何度も疑って慎重に出来る限りの確認作業をしたので少し時間がかかってしまいました。

今後どのような続きがあるのか全く予想もつきません。


711. 北朝鮮より酷い「洗脳」が蔓延する韓国

韓国の俳優A氏の背後霊団から届くメッセージを不定期に紹介しています。

その経緯は、私が心配を手放すために与えられた配慮 にありますので併せてお読み頂ければ幸いです。


A氏のプロフィール

・日本での知名度は低いもののデビューから現在までコンスタントに活動している男優。

・ペ・ヨンジュン氏、イ・ビョンホン氏など日本で大ブレークした韓流スターと同世代。

・出演した映画とドラマは日本に紹介されない(日本語字幕が付かない)作品も多々ある。

・演技をしていると感じさせないほどの自然さが演技の特徴。

・子どもの頃から霊感が強く、歪曲された歴史を理解し、日本の言い分が全て正しいと確信している。

・歴史上の人物を演じるとき、その人物が憑依することもある。

・中心的ファンにはソウルメイト(魂の故郷が同じ人)が数人おり、熱心に応援して精神面を支えている。

・当然の義務として兵役に行きたいと希望していたが、当時所属していた事務所の強い意向と
 主導により巧妙な手口で兵役免除となり、その件で世間からバッシングされることはなかった。

・整形手術は受けていない。



A氏の背後霊団から届いたメッセージ

韓国には1000万人以上を動員する大ヒット映画、視聴率が50%を超えるドラマが多数あります。

このような作品のほぼ全ては、ダークサイドの積極的な後押しによって、

又はダークサイドにとって都合の良い内容のため妨害されることなく、大ヒットしました。

素晴らしく感動的な要素と、沢山の真実も含まれており、ライトワーカーでも騙されてしまうほど

巧妙に間違った歴史観を植え付け、人としての大切な倫理観を忘れさせる悪意が仕組まれた作品です。

考えてみてください。人口5150万人の韓国で1000万人動員は異常な数字です。

一度に1000万人の洗脳が可能だということです。

もちろん韓国に生を受けた瞬間に、親から子へ、子から孫へ、累々と洗脳が続くわけですが

具体的な洗脳教育は幼稚園からで、先ず 「トクト(竹島)は韓国の領土だ!」 が始まります。

それが小学校、中学、高校、大学と絶え間なく続き、男子は徴兵され、そこでも強力に押し付けられ、

ようやく教育が終わった矢先に悪意に満ちた作品を観て、ますます真実から遠ざかってしまうのです。

ところがAは幼稚園の頃から漠然とした疑問を抱いていました。

いつもは優しいお姉さん先生が鬼のような形相をして「トクト(竹島)は韓国の領土だ!」と叫ぶとき、

言葉では表現できないほどの悲しみに襲われたのです。

「人の物を盗ってはいけないって先生は言ったのに、トクト(竹島)はいいの?」

でも、それを声には出せず、自分の内側に閉じ込めてしまったのです。

幼稚園児だった頃から2010年までの間、私達(背後霊団)の存在に気づくことができなかったAは

悶々とした、ただただ苦しい日々を送らなければなりませんでした。

もちろん私達は何度も何度も繰り返しAを励まそうと働きかけましたが、常に澱んだエネルギーに

覆われている韓国では、感度が良いAでさえ私達に気づくのは難しかったのです。

それに比べて日本は、さまざまな条件が重なり合って、澄み切ったエネルギーで満たされている

世界唯一の美しい国です。

「韓国で俳優になって作品を通して荒廃した人々の魂を癒したい」と自ら決意して誕生したAが

軌道を逸脱しないように見守ることが私達の役目です。

Aが私達の存在に気づけなくても、私達はダークサイドにとって都合の良い作品には出演しないよう

導くことはできるので、Aが出演した作品にメガヒットと呼べるものはありません。

日本に韓流ブームが巻き起こったときも全く蚊帳の外でした。

普通に考えれば、「日本の韓流ブームに乗って世界唯一の素晴らしいエネルギーを体感するべきだ」

と思われて当然ですが、それは違います。

デビュー当時所属していた事務所は、少し売れそうな兆候が見えたAに対し、兵役には行かせず

稼げるだけ稼がせようと目論み、Aは無理矢理ステロイド薬を飲まされ一時的に血圧が急上昇。

それにより兵役は免除となり、その後も巧妙な事務所の手口によって世間からのバッシングも免れました。

嘘をつくことが何より嫌だったAは深く傷つき、以後、ステロイド薬の深刻な副作用にも悩まされました。

私達が、そのような暴挙を見過ごしたのは、兵役には行かせたくなかったからです。

軍隊で間違った愛国心を植え付けられることを一番恐れました。

韓流ブームに乗って日本で仕事をすることになれば、「日本での顔」と「韓国での顔」を使い分ける

必要が生じてくるので、心身ともに傷ついたAをこれ以上苦しめたくないという配慮もありました。

脱北者の映画(タイフーン)を観たことがきっかけで覚醒が始まったあなたは、北韓(北朝鮮)全体を

収容所だと決め込んで、閉じ込められた人々を救い出したい思いから祖国統一(南北統一)を

急ぐべきだと考えたことでしょう。 

その思いは決して間違いではありませんが、本当に深刻な闇を抱えているのは韓国の人々です。

最深度のダークサイドに占領されているのは北韓(北朝鮮)ではなく大韓民国です。

先ずは、そのことを1人でも多くの日本の良識ある方々に知ってほしくて、こうして出てきました。


今後はA氏に憑依した歴史上の人物からのメッセージも併せて紹介してほしい意向のようです。

つづく

710. 私が心配を手放すために与えられた配慮

魂の覚醒が突然始まった2006年4月16日(日)から丸10年が過ぎました。

ちょうど1年前にも、運命の日 のことを書きましたが、その後も日々変化の連続でした。

韓国語はもう勉強しなくてよい。しばらく朝鮮半島の話題をブログに書かないほうがよい。

との啓示によりブログはレイキの話題が中心となり、新たに沢山のことを学び達成感も得られました。

ところが、穏やかなエネルギーのレイキでは良い結果が出るまでに時間を要する場合が多いため、

いつしかレイキを通して関わった方々を心配するようになってしまいました。

待つことを楽しみなさい。

と何度も言われましたが、どう楽しめばよいのか方法が分かりませんでした。

たぶん、皆さまも沢山のことを待っておられると思います。

救助を待つ、試験の結果を待つ、検査の結果を待つ、大切な人の帰りを待つ、

病気や怪我の回復を待つ、誤解が解けるのを待つ、手紙やメールの返事を待つ etc.

結局、待つことは辛く楽しめるはずがないと諦めかけたとき、助けの手が差し伸べられました。


守護霊さまから あなたが心配を手放さなければ良い結果は望めません。 

内なる神さま(ハイヤーセルフ)から 〇〇 のことだけ考えておればよい!


唐突ですが、この 〇〇 とは韓国の俳優A氏のことです。

私は今年1月、彼の出演作品を初めて観て、その演技力に魅了され興味を抱きました。

それからほどなくしてA氏の背後霊様から強い働きかけがあり、遠隔レイキヒーリングを行い始めて

A氏の隠された真実と情報がどんどん明らかになりました。

もちろん、遠隔ヒーリングを行っている全ての人の情報が必要以上に知らされる訳ではなく

その人とその人の背後霊様の意向が最優先されるので、私が知りえる情報の量は千差万別です。

A氏の場合、とにかく洗いざらい知ってほしい とのことでした。

私は、大ファンになった俳優の隠された真実と情報がどんどん明らかになるという極めて特殊な状況に

戸惑いながらも嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

けれど何か特別な意図が隠されていると直感し、他言はしませんでした。

とりあえず伝えてきた内容を要約すると……

A氏には霊感があり、歪曲された歴史を理解しており、日本が正しく素晴らしい国だと確信している。

でも真実を力説すれば殴り殺されてしまうような韓国社会で安易に声をあげることはできず、

さまざまな葛藤にもがき苦しんでいる。

A氏と同様の苦しみを抱いている人が大勢いることを1人でも多くの人に知ってほしい。


そこで私は当ブログに「俳優A氏から見えてくる韓国」というカテゴリーを設けて知りえた情報をお伝えし、

市民レベルで真の友好を築くための足がかりを模索したいと考えるようになりました。

この件はA氏側の強い要望を、私が手助けすることになっただけだと受け取られるかもしれませんが、

私が抱え込んだ多くの心配を手放すために与えられた配慮でもありました。

現にA氏の隠された真実と情報を受け取ったり、ドラマや映画の出演作品を鑑賞していると、

重苦しかった心配ごとが嘘のように全て吹き飛んで、集中力も増してきます。

すると停滞していた懸案も動き出し、私はようやく本当の意味で心配を手放すことができました。

私に限らず、誰にでも背後霊様は存在しており、問題を解決するための配慮が常に届けられています。

それに気づいて受け取れるよう、ぜひ感度を磨いていただきたいと切に思います。

誤解を招きかねない内容のため以下の点にご留意のうえ、許容範囲だと思われる方のみが

カテゴリー「俳優A氏から見えてくる韓国」 をお読みくださいますようお願い申し上げます。

・「韓国語はもう勉強しなくてよい」 は、私の韓国語レベルが上級に達したからではなく、
必要な時は背後霊様の協力によって困ることはないので、韓国語を勉強する時間があるなら
レイキを通して本当に困っている人に手を差し伸べるべきだという意味が込められています。

・「A氏のことだけ考えておればよい!」 は、私がレイキをはじめ他の全てを放棄するという
意味では決してありません。必要なことを全て済ませ時間が空くと急に心配が押し寄せてきたので
最適な対処方法を教えてもらったに過ぎません。

・A氏に限らず、私が細々と日韓草の根交流を続けている理由は こちら の通りです。

・A氏のAはアルファベットのAから始まる 안(アン)氏 ではなく単なる仮名です。
又、私の「魂の覚醒」が始まるきっかけとなった韓国映画「タイフーン」の出演者ではなく、
本人及び出演作品は、これまで私のブログとHPに一度も登場したことはありません。

・今後、A氏の匿名を貫きながら「俳優A氏から見えてくる韓国」を不定期に紹介させて頂きます。

≪PREV
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク