98. 猛暑お見舞いに真冬の丹澤を

東京都心、4日連続の猛暑日 観測史上最長タイ  記録的な猛暑に見舞われています。

94. 内助の功を越えた妻力(つまぢから) 柳兼子さんの本とCDが届きましたので、

その中から気持ちだけでも涼しくなれるような、冬山をイメージした 歌曲 を紹介します。


「柳兼子 現代日本歌曲選集/日本の心を唄う」 のトップを飾る 「丹澤 沙羅より」 は、

神奈川県北西部にある丹沢山地の真冬の様子が唄われています。

歌詞の中にある 檜洞は檜洞丸(1600m)、塔は塔ノ岳(1491m)で、冬の写真を

探したところ、神奈川県秦野市にある インテリア吉田グループ さんのサイトに辿り着き、

登山家 内藤幹雄氏 撮影の美しい風景 が次々と目の前に飛び込んで来ました!

日本の声楽の母、わが国声楽界の至宝 と称えられるアルト歌手 柳兼子さんの

美声とともに、丹沢山地の冬景色で涼さを感じてくださいませ。


塔ノ岳~鍋割山の霧氷 撮影 内藤幹雄氏
塔ノ岳~鍋割山の霧氷 撮影 内藤幹雄氏


丹澤 沙羅より 柳 兼子
← をクリックするとスタートします

丹澤 沙羅より 柳 兼子 

作 詞:清水重道
作 曲:信時 潔
歌 手:柳 兼子
ピアノ:小林道夫

枯れ笹に陽が流れる、背に汗
うらうらと雲さへも、冬なのに
尾根長く檜洞こえて響く澤おと
どの山も崩土の色だけは凍ててゐる

塔のむかふ町並み光らせて秦野
見やる天城も明るい草附き
雪の來ぬ冬山のくぼに煙草吸うて見る
ひとり
 
       

桧洞丸の霧氷 撮影 内藤幹雄氏
桧洞丸の霧氷 撮影 内藤幹雄氏   

つづく 
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク