9. クロッシング~祈りの大地~ ⑤

キム・テギュン監督は、現実に即した内容に近づける為、北京駐在スペイン大使館進入事件を

もとに脱北者100人以上に話を聞いて実話に近いシナリオを書き、韓国・中国・モンゴルの

3か国のロケを極秘に行なったそうです。政治的・社会的に難しいテーマを扱う作品の製作は、

あらゆる面で危険が伴い、よほど強い信念がなければ手掛けることは難しいと思います。

最初に触れたように興業として成功する可能性は低いうえ、政治的圧力で、身の危険さえ覚悟

しなければならないこと、広範囲なロケは政治的及び物理的危険が伴うと同時に多額の資金が

必要など、困難なことはきりがないほどあります。それでも、やり遂げた監督をはじめ、大勢の

スタッフ、出演者の偉業に拍手喝采を贈りたい気持ちでいっぱいです。

主演のチャ・インピョさんが制作報告会で「ナイーブな脱北問題を扱った映画への出演について

政治的な意味があるのではないかとよく聞かれました。政界に進出する考えは全くありません」

と言っていたように、純粋で正しい動機のもとに製作や出演をしても、穿った見方をする人は

多くそのことによって心を痛め、する必要のない苦労をしなければならないのは、とても残念

なことだと思います。かく言う私も比較さえ出来ないほど微力ではありますが人生の半ばを過ぎ

このブログの 「はじめに」 に書いたような状況になったので、それ以前には考えられない

出来事に見舞われたり、信頼していた人に酷く裏切られたりと大変な経験を経て来ました。

それでも私は、人の道を常に真っ当に歩み、自分にも他人にも嘘をつくこと無く、正々堂々と

やって来たので、心ない策略によって誤解されたままであっても構わないと、心から思えるよう

になりました。それは、この作品でも言っているように次の世界が必ずあるからです。

だからと言って 「現在北朝鮮で起きている惨事を諦めて、次の世界に期待しなさい」 と言って

いるのではなく、この世に生まれて来た以上、出来ることに可能な限り最善を尽さなければ

ならないとの考えです。当然、次の世界に行く時期を自分で決めることは絶対に許されません。

監督をはじめ全ての関係者の方々は、出来る限りの力を振り絞って「クロッシング」を

完成させたと思いますので、この大作を真摯に受け止め先ずは現実を知り、次にすることを

各々で考えて頂きたいと心から願っております。



可能な方はぜひ、2010年4月17日より、東京渋谷・ユーロスペースに足を運んでください

ますよう宜しくお願い致します。

又、もし宜しければ こちら から、脱北者支援のための寄付を頂ければ幸いです。

北朝鮮難民救援基金は、支援金を脱北者の為に有効活用してくださる信頼のおける団体です。


モンゴルで父を探すジュン
モンゴルで父を探すジュン


ジュンは雨の好きな少年です…

雨は全て洗い流してくれるから?

お父さんにサッカーを教えてもらった時、ちょうど雨が降っていたから?

良い想い出は全て雨の日に起きたから?

恨みも苦しみ何もかも、全て雨に流してしまえばいいから?

雨が落ちてくる空の上は、限りなく自由で美しい世界だから?

雨にうたれなくても、次の世界に行かなくても、

ジュンが幸せに暮らせる国に早く変わらないといけませんね。



雨の中のヨンスとジュン
雨の中のヨンスとジュン


終わり ①へ移動
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク