86. 結果が全てというけれど…

美しいサッカーをありがとう!

PK戦の末、パラグアイに敗れた日本代表。好プレーを随所にみせたが、あと一歩及ばなかった。

日本代表の戦いを通して、私自身、学ぶことがとても多かったサッカーワールドカップです。

大会直前まで負け続け、本番に入って調子を上げて来たチーム。

最初の試合で急激に信頼関係が深まり、大会中にどんどん進化していった 「過程」 が

何ものにもかえられないほど価値があるものだったと思います。


円陣を組む日本イレブン=プレトリア(共同)
円陣を組む日本イレブン=プレトリア(共同)


結果が全ての厳しい世界における出来事でありながら、その 「過程」 の重要さを教えられた

貴重な数日間、チームの関係者ばかりでなく、多くの日本人が無形の財産を手にしました。

自身に対する冷静な分析力、相手を信頼する勇気、捨て身の姿勢、諦めない心 etc. 


最終ラインで体を張って守った
ゴール前でボールを追い、最終ラインで体を張って守った=プレトリア(AP)


手にした財産を糧に、みんなで明るい未来を築いて行けたらいいですね…
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク