82. 忘却は生きる智慧(ちえ) 

「発言小町」 のトピ 「トラウマになるぐらい衝撃的だった映画」 を興味深く読みました。

映画のことは全くと言っていいほど知らない私ですが、トラウマになるぐらいの衝撃映画とは

いったいどんな映画なのか、怖いもの見たさで覗いてみました。

人気のトピで600件近いレスがあり全ては読めませんでしたが、多種多様の映画名が

あがっていた中で、トピ主 Tomoko さま による統計を紹介します。


第1位 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」

第2位 「時計仕掛けのオレンジ」 「エクソシスト」

第3位 「コックと泥棒、その妻と愛人」 「ジョーズ」



案の定知らない映画ばかりでしたが 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」 の「救いがない」

「吐き気がした」 「落ちこんで後悔した」 と 、 「ジョーズ」 の 「2度と海で泳げなくなった」

「暫く浴槽にも入れなかった」 が、私には際立って目に付き、特に小学生の時 「ジョーズ」

を観て、泳ぎが大好きなのにプール以外では泳げなくなってしまった人には同情しました。

私から海をとったら人生は空虚なものだったと思うからです。

ジョーズ こと ホホジロザメ には当然一度も海中で遭遇したことは無く、もし遭遇したら、

一巻の終わりだとは漠然と思うものの、潜る直前にはカメラの調子や太陽の位置など、

気に留めることが多過ぎて、サメのことなど忘れているので恐怖感は全くありません。


ケアンズ-オスプレイリーフ
ケアンズ-オスプレイリーフ


でも一度だけ参加した 「サメの餌付けショー」 は、良い体験だったと思う反面、サメの本能も

知ったので以後は絶対に参加しないことにしました。それは10年以上前、上の図のように

オーストラリアのケアンズからクルーズ船で、グレートバリアリーフの北端まで移動し、

そこから右へ真っ直ぐ進んだところにあるコーラルシーのオスプレイリーフでの出来事です。

事前にガイトから、「ダイバーは岩などを背にして動かなければ絶対に襲われない」 と言われ

水中に入ってから餌付け開始前に各々が留まる場所を指定され、私の定位置は階段状の岩、

イスに座る感覚で腰をかけられたので楽な体勢でした。そして、いよいよ餌付け開始。

ガイドが用意した大きめの魚をナイフで切った瞬間、何処からともなく、30匹あまりのサメが

やって来て物凄い勢いで餌を奪い合っています。その素早さに圧倒されながらも危険なサメ

はいない様子に一安心と思いきや、目の前に4メートル(この場合、実際は3メートルですが

水中では 1.3倍に見えるので…) もある オグロメジロザメ 又は、オオメジロザメ

突然現れました。餌の場所は15メートル離れているのに何故私のところに来たのでしょう?

もし オオメジロザメ なら、ホホジロザメ と同格の危険性と言われているのですが、焦って

どちらか判別も出来ず、「あぁ~ 遂に年貢を収めるのかな~」 と諦めて息を止めたら、

触れる寸前まで接近した後、餌のある場所に突進して小型のサメから餌を奪い取り、

ひと暴れして悠々と泳ぎ去りました。やはり大きいサメは怖いです。


でもこの出来事を、潜る直前には常に忘れています。自分の都合の悪いことはすぐ忘れる

一種の 「エゴ」 かもしれないと思いますが、「トラウマになるぐらい衝撃的だった映画」を

一生引きずる人から比べれば、ずっと幸せです。「ジョーズ」 によって海で泳げなくなった人も

何かのきっかけによって、トラウマからの脱却を果たしてほしいものです。


オスプレイリーフ シャークダイブ コーラルシー
オスプレイリーフ シャークダイブ コーラルシー Diving The Gold Coast HPより


そして、ダントツ1位に輝いた 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」 の結末を私は救いがないとは

思いませんでした。 主人公はこの結末を自ら選びとっているところに着目しました。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク