803. 歓喜に沸いた絶景の2日間

5月19日~20日、広島・山口・島根を巡るツアーに参加しました。

前日までの雨があがり好天に恵まれたため、澄み切った青空に絶景が映え

行く先々で参加者からの歓声が絶えない2日間でした。

私の写真では本当の美しさは伝わらないと思いますが、

もし気になった風景がありましたら今後の旅の参考になさってください。



P5190014.jpg
2018.5.19 11:23 広島県廿日市市 厳島神社 大鳥居 (JR西日本宮島フェリーより)
 
宮島に上陸してから大鳥居を正面から撮るのは、大人の事情により憚れるので
予めフェリーの船内から撮ることを強くお勧めします。
但し、斜めからで構わなければ上陸してからでも可能です。
一眼レフカメラと200ミリ以上の望遠レンズをお持ちなら、
本社社殿・幣殿・拝殿・禊殿の前の平舞台からピントを大鳥居のみに合わせ、
背景を大ぼかしにすれば撮れるかもしれません……


P5190036.jpg
2018.5.19 11:59  広島県廿日市市 厳島神社 本社社殿等

世界各国から大勢の観光客が押し寄せ、ひしめき合っていました。
よって神様のエネルギーを感じられたのは、石鳥居をくぐって最初に入る
客(まろうど)神社の拝殿に手を合わせたときだけでしたが、
前面から活津彦根命様のパワーが押し寄せてふらつくほどでした。


P5190037.jpg
2018.5.19 12:03 広島県廿日市市 厳島神社 鏡の池・五重塔

この時は満潮に近い状態でしたが、干潮時には丸い鏡が現れるそうです。


P5190050.jpg
2018.5.19 16:09 山口県岩国市 錦川と錦帯橋

クリックして大きくすると山の上の岩国城も見えます。


P5190061.jpg
2018.5.19 16:29 山口県岩国市 錦川の風景 (錦帯橋の橋の上より)

洪水の度に流されるという錦帯橋ですが、この日の錦川は鏡のような状態でした。


P5200088.jpg
2018.5.20 9:48 山口県下関市 角島大橋 (観光バスの車内より)

最前例左側の席だったので前方からの写真が可能でした。
車のCMにも使われた風景だそうです。


P5200094.jpg
2018.5.20 9:48 山口県下関市 海士ヶ瀬戸のサーファー (角島大橋・観光バスの車内より)

南の島を彷彿する風景で一気に波動が上がりました。


P5200103.jpg
2018.5.20 9:49 山口県下関市 鳩島 (角島大橋・観光バスの車内より)

波打ち際から少し走ると海の色がエメラルドグリーンからコバルトブルーに変わります。


P5200129.jpg
2018.5.20 9:57 山口県下関市 海士ヶ瀬公園

売店・公衆トイレが完備されているので、角島大橋を渡りUターンしてから下車しました。


P5200146.jpg
2018.5.20 10:18 山口県下関市 角島大橋本州側近くの島戸漁港 (観光バスの車内より)

漁船のある風景が大好きなので撮りました。


P5200154.jpg
2018.5.20 10:45 山口県下関市から長門市に向かう道の田園風景

ほとんど人を見かけることがない穏やかな風景でした。


P5200169.jpg
2018.5.20 11:07 山口県長門市 元乃隅稲成神社 

昭和30年、地元の網元・岡村斉さんの枕元に白狐が現れ「吾をこの地に鎮祭せよ。」
というお告げがあったので、島根県津和野町の太皷谷稲成神社から分霊してもらい
建立された神社です。


P5200176.jpg
2018.5.20 11:09 山口県長門市 竜宮(津黄漁港西北端・海蝕地形の岩々)

この岩から身を乗り出せば「竜宮の潮吹」を見ることが可能ですが
フェンスはなく強風で体が固定できないため諦めました。
潮吹とは、打ち寄せる波が岩礁の孔内に突入するごとに海水を噴出する噴潮現象です。


P5200205.jpg
2018.5.20 11:18 山口県長門市 元乃隅稲成神社 竜宮の潮吹  

赤い大きな鳥居の左上に見える微かな飛沫が「竜宮の潮吹」です。


P5200226a.jpg
2018.5.20 15:04 島根県鹿足郡津和野町 太皷谷稲成神社の鳥居

全国の稲荷神社の中で稲成神社と書くのは太皷谷稲成神社と元乃隅稲成神社の
二社だけだそうです。
こちらは小高い山中に立っており岸壁に立つ元乃隅稲成神社とは対照的な風景でした。


デゴイチ 山口号
2018.5.20 15:46 島根県鹿足郡津和野町 津和野発(新山口行き)SLやまぐち号 デゴイチ

津和野城下町散策の短い時間に、土日1往復運航15:45津和野駅発の蒸気機関車が
太皷谷稲成神社近くにある津和野川の赤い鉄橋を通りました。
この日はD51形200号機でしたが、C57型1号機の日もあるようです。

お付き合い、ありがとうございました。


関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク