783. 或る別れ

本当に素晴らしい魂の持ち主でした。

残念ながら今生ではお別れしましたが、

あの世では必ず再会して、お話しましょう。

今、お別れしなければならなかった理由を語り合いましょう。

貴女ならきっと納得してくださるでしょう。

貴女から多くのことを学ばせて頂きました。

心から尊敬しております。

似たような境遇のはずなのに、私はこんなに幸せで、

貴女がどうして多くの苦しみを1人で背負わなければいけないのか、

貴女自身、本当はわかっているはずです。

私の幸せは、割り切ることが上手だから成り立っています。

貴女の不幸は、貴女の優し過ぎる性格が起因しています。

心持ひとつで、天国と地獄の差があります。

貴女が人生の目的を思い出し、私のように割り切ることができたなら

その瞬間に幸せは必ず訪れます。

私は渾身の力をこめて、貴女に必要なことは全てお伝えしました。

本当にありがとうございました。

関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク