766. 個人宛てのメッセージをブログ記事にしたことについて

日頃からから当ブログに関心をお寄せくださりありがとうございます。

個人宛てのメッセージをブログ記事にすることは気が重く避けたい行為ですが、

当事者の背後霊様からの強い要望を受け、断れない状況になったときのみ、

第3者が当事者を絶対に特定できないよう細心の注意を払ったうえで引き受けます。

ところが、それらの記事には、きまって大きな反響を頂き、

「とても参考になった」「戒められた」「大きな気づきがあった」と

共感してくださる方が多いので、意義はあったのかもしれないと感謝しております。

反面「私のことでしょうか?」と勘違いしてメールをくださる方もいらっしゃり

その点を、とても申し訳なく思い、この場を借りて心からお詫び申し上げます。

そこで誤解を解くため4つの記事について、もう少し詳しく説明させて頂きます。


オルレ(올레)のこと

守護霊様の落胆

差出人のない手紙

旅客機の酸素マスク


先ず、オルレ(올레)のこと守護霊様の落胆 は同じ方へのメッセージです。

差出人のない手紙 と 旅客機の酸素マスク は各々別の方へのメッセージです。

よって、4つの記事に対して3名の方にメッセージを送ったことになります。

3名とも女性です。

その中で当事者にとって最も厳しいメッセージは 旅客機の酸素マスク で、

背後霊様は私にメールの受信拒否とレイキヒーリングの中止も依頼されました。

私は自分の意思でメールの受信拒否やレイキヒーリングを中止することはなく、

当事者とのやりとりで私が傷ついたと自覚することもありませんでしたが

背後霊様がそこまで徹底して私と当事者を引き離そうとされたのは、

当事者の頻繁過ぎる相談によって、本当に助けを必要としていた他の相談者に

迷惑がかかると判断されたのも理由の1つでした。

他の2名に対しては、各々の背後霊様の意向に従って

メールの受信拒否はせずに、レイキヒーリングも続けています。


全ての人には自由意志が与えられているので、

当事者が背後霊様のメッセージを受け入れるも受け入れないも自由で、

私は単なるメッセンジャーです。

又、私が受けたメッセージの信憑性をどのように受け止めるかも自由です。

但し2006年4月16日、突然降って湧いたように与えられた霊感によって

メッセンジャーとなった私が、自分に納得して相手にメッセージを届けるまでには

例外なく、渾身の力を注ぎ、手順を踏んで、再確認も怠りなく、

最善を尽くしたうえで届けていることだけご理解頂けたら幸いです。

幸せは自分で気づくもの で書いた通り私の個人的な問題は既に解決しました。

それは、もちろん幸運に恵まれたことが一番大きいとは思いますが、

私が背後霊団の意向に沿って行動したことも解決の所以だと信じております。

そのときの喜びを多くの方々にも味わって頂きたいので

粛々と私にできることを続けて行きたいと思います。


どうかメッセージを深読みせず言葉通りに受け取ることを常に心がけてください。

関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク