75. 韓国の人に教えられた東京の身近な大自然

74. 「姜基洪文化院長の動く韓国文化院」 多摩川散策 いよいよゴール! のつづきです。

自宅のすぐ裏手にある多摩川の素晴らしさを韓国文化院 姜基洪院長 に教わるとは想定外の

出来事でした。もちろん姜基洪院長だけでなく、奥様をはじめ大使館のスタッフ、多摩川散策

に参加された方々にお世話になり、これまで自分が知らなかった世界も知り、緑の中で楽しい

時間を共有して癒され 「何かに対してリセット出来た爽快感」 を全身で受け止めました。


私はモヤモヤした何かをリセットする必要がありました。

釈然としない何か…

一見、前向きに頑張っているかのように見られがちな私は、本当にその通りの部分と、

全く違う部分が混在した非常に未完成な人間です。

「自分の知っている世界がいかに狭かったか」 その殻の中で、もがき苦しんで来たことが

愚かしく思え、それでも良い経験であり、避けて通れない道だったことにも気づきました。

私に苦痛を与えた 「お金や権力や特権意識に執着する人々」 は、私にとっては自己の成長に

役立ったかもしれませんが、今日も世界中で誰かに苦痛を与えながら 「決して手放すまい」 と

しがみついて悪あがきしており、その過程で更に大きな罪を犯し続けています。

戦うべきか、見て見ぬふりをするべきか、それとも他に道があるのか、それは永遠の課題…




鳩ノ巣小橋
鳩ノ巣小橋


姜基洪院長の熱心で地道な活動に感謝しながら、私もコツコツと小さな努力を積み重ねて

行きたいとの気持ちを再確認しました。

姜基洪院長の日本での任期は今年9月までと以前伺っていましたが、ご本人から1年延びて

来年9月までになった旨のご報告があった際には、皆から自然と拍手がおこって周囲は喜び

に包まれました。 多摩川散策には11回全てに参加された方がいらっしゃり達成感は如何

ばかりかと羨ましく思い、朝鮮通信使 友情ウォークに全行程参加された女性の方に具体的な

お話を直接伺って感動し、韓流おばさんの鏡のような方に経験談を伺い 「韓流ファンとは

かくあるべき」 と納得し、散策を快適に楽しむための様々な知恵に感心し、韓国の方の優しさ

に感激した、それはそれは素敵な1日でした。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク