727. レイキ 修了後のサポート 21

このコーナーはレイキを学び修了された方が抱く疑問に答え、不安を解消してもらうために設けました。

(これからレイキを学んでみたい方は、先ず こちら をご覧になってください)


レイキ 修了後のサポート 21 <神の光の祈り>

私はハイヤーセルフ (ハイアーセルフ、守護神、内なる神さま)と繋がることができるようになる前に

所属霊団の指導霊様と意志の疎通が取れるようになりました。

指導霊様は私が霊的な理解を深められるように様々な形でアドバイスをしてくださり、

最初の頃は「シルバーバーチの霊訓」、「永遠の大道」、「小桜姫物語」などを読むように勧められ、

その後、般若心経の意味をよく理解して唱えてほしいと言われ、理解が徐々に進むと最終的に

コニー・ヒューブナー(Connie Huebner) の「変革の祈り(Transformational Prayer)」を声に出して

繰り返し読めば断片的な理解が1つに纏まり、ハイヤーセルフと繋がることができると導かれました。

以上のような経緯からハイヤーセルフを実感できないと悩まれている方に、1つの選択肢として

何か提案したいと考え、5つの祈りからなる 「変革の祈り」 を紹介させて頂くことになりました。

祈りの中で度々登場する「エネルギー・フィールド」という言葉は「オーラ」と同じ意味です。

もし心に響く一節があれば、ぜひ声に出して読んでみてください。


1. 神の光の祈り

 神の光が今、わたしに注いでいます。神の光がわたしのエネルギー・フィールドのあらゆるレベル、最も濃いところから最もエーテルに近いアカシックなところのあいだにあるあらゆる場所を、次元も時間も何もかもを超えて満たします。神の光がわたしのなかで今、開きます。わたしは神の光を、時間を追うごとにどんどん受け取ります。神の光はわたしのエネルギー・システムのなかにあるあらゆる限界を癒し、わたしを完全へと目覚めさせます。神の光は不調和なエネルギーをすべて解放し、わたしのエネルギー・システムに神の光がもっとあふれるよう、わたしを神の真実に目覚めさせます。
 わたしは、わたしのうちにある神の光を受け入れ、わたしのシステムのなかで神の光がその存在を増し、わたしのエネルギー・フィールド全体を輝かせてくれることを理解します。わたしのエネルギー・システムのなかで、 あらゆる創造物のなかでも最も珍しく繊細な質を持つ光が働きはじめ、聖なる光の波動と調和するようにわたしのエネルギー・フィールドを高めてくれます。
 聖なる光の波動は、わたしの多次元的なエネルギー・システムのなかに完全性をつくりだしています。聖なる光の波動が今、わたしのエネルギー・システム全体の中で目覚め、それを高みに運び、浄化し、自由にすると同時に、聖なる光の波動はわたしのエネルギー・システムが真実を知るようにしてくれます。聖なる光の波動は、わたしのエネルギー・システムのなかでその存在を増しています。神の光が今、わたしを満たし、わたしにもっと光を与えてくれます。
 わたしは神の光のなかで、高みに運ばれ、開かれ、浄化され、自由になります(このフレーズは数回繰り返してもかまいません)。
 神の光が源泉からあふれ、わたしのエネルギー・フィールドのあらゆるレベルにあふれます。わたしの多次元的なエネルギー・システムを神の光だけが包み、わたしの多次元的なエネルギー・システムに神の光だけがあふれている状態になるまで、それは続きます。

わたしは光に満たされます
わたしはもっと多くの光に満たされます
私は聖なる光を知っています
わたしは聖なる光がわたしの多次元的な
エネルギー・システムすべてに完全に共鳴し
神の光でわたしを満たすことを認めます
わたしは今、多次元的にもそれ以外でも神の光です
わたしは神の光のなかに生き
神の光を何度も何度も増やしていきます
神さまに感謝を。心からの感謝を



コニー・ヒューブナー(Connie Huebner)の「変革の祈り(Transformational Prayer)」は
魂の保護バリア オーラ・ヒーリング 自分のエネルギー・フィールドを清め、強化しよう
スーザン シュムスキー (著), Susan G. Shumsky (原著), 小林 淳子 (翻訳)
 の中にあります。


2. 神の真実の祈り につづく

関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク