722. レイキ 修了後のサポート 17

このコーナーはレイキを学び修了された方が抱く疑問に答え、不安を解消してもらうために設けました。

(これからレイキを学んでみたい方は、先ず こちら をご覧になってください)


レイキ 修了後のサポート 17 <旅客機の酸素マスク>

飛行機に乗ると離陸前に以下のような非常時の説明ビデオが流れます。

『客室内に十分な酸素が供給できなくなった場合、酸素マスクが自動的にお客さまの目の前に

下りてきますので、マスクを強く引いて鼻と口にあて、ゴムひもを頭にかけてください。

お子さま連れのお客さまは先ずご自身が装着してから、お子さまに装着してください。

緊急事態発生時、息をこらえながら子どもの酸素マスクを装着するのは容易いことではなく、

子どもの装着に手間取っているうちに自分が酸欠で意識を失ってしまっては元も子もありません。

それと同様に、自分が辛い状態で他者を癒そうとしても、そうそう上手くはいかないものです。

いつも当ブログに寄せられるメールを読ませて頂き、レイキを学んで家族や周囲を癒したいと

希望される方は、自己犠牲の精神、優しい心の持ち主が多いとつくづく思います。


2015年11月8日から2016年8月3日までの間に、1人の女性から194回の相談メールが寄せられました。

ちなみに194回という数字はメールの専用フォルダが示しているもので私が数えた訳ではありませんが

単純計算で1か月に20回以上のメールが届いたことになります。

相談対象は家族・職場・友人・知人と多岐に渡っており、彼女の背後霊団の強い働きかけがあって、

非常に辛い状況であることも理解できたので、問題が解決するまでサポートすることを決めました。

私は日頃から一切私情を挟まず、背後霊団の意向を相談者に伝えることを基本としており、

彼女は当初そのメッセージを真摯に受け止め、精一杯頑張っていたように思います。

ところが日を追うごとに彼女の意識は、職場・友人・知人へと向くことが多くなってきたので

先ずは自分と家族のことだけに集中してください。 とのメッセーシを繰り返し彼女に伝えました。

それでも自分と家族のことに集中できず、常に意識が散漫になってしまうので理由を尋ねたところ

それはサイキックアタックによるもので、体の具合が悪くなるより質の悪い攻撃だとのことでした。

そして背後霊団が彼女を質の悪い攻撃から守れないのは、彼女が非常に波動の低い未浄化霊や

地縛霊の巣食う場所に好んで出かけることが原因だと説明されました。

私は丁寧に背後霊団の意向を彼女に伝えながらレイキを送り、理解が進むように努力しましたが

堂々巡りの状態が続き、結局、8月4日に彼女の背後霊団から突然以下のメッセージを受け取り、

問題解決を最後まで見届けることが出来なくなってしまいました。

最善を尽くしてくださったので、もう結構です。これまでありがとうございました。

レイキヒーリングは終了して、メールを受信拒否してください。


それに対して私の内なる神様からは以下のメッセージがありました。

ダメなものはダメだということだ。(彼女にも)わかる日がくるだろう。

私は中途半端な幕切れに残念な思いもありましたが、自分が出来ることは全てしたので後悔はなく、

しばらくすると不思議な爽快感と達成感に満たされました。

私がA氏の霊団からメッセージを受け取るとき、彼女の背後霊団の方々は邪魔が入らないように

協力してくださり、他にも多くのこと学ばせて頂いたので感謝の気持ちでいっぱいです。


どうか意識が散漫になったときは、旅客機の酸素マスク を思い出してください。

そして基本に立ち返り、12ポジション の自己ヒーリングを行うことをお勧めします。

1日も早く自力で問題を解決できますようにと心から祈っております。

関連記事
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク