714. 日本人が取るべき姿勢

韓国の俳優A氏の背後霊団から届くメッセージを不定期に紹介しています。

その経緯は、私が心配を手放すために与えられた配慮 にありますので併せてお読み頂ければ幸いです。


A氏のプロフィール

・日本での知名度は低いもののデビューから現在までコンスタントに活動している男優。

・ペ・ヨンジュン氏、イ・ビョンホン氏など日本で大ブレークした韓流スターと同世代。

・出演した映画とドラマは日本に紹介されない(日本語字幕が付かない)作品も多々ある。

・演技をしていると感じさせないほどの自然さが演技の特徴。

・子どもの頃から霊感が強く、歪曲された歴史を理解し、日本の言い分が全て正しいと確信している。

・歴史上の人物を演じるとき、その人物が憑依することもある。

・中心的ファンにはソウルメイト(魂の故郷が同じ人)が数人おり、熱心に応援して精神面を支えている。

・当然の義務として兵役に行きたいと希望していたが、当時所属していた事務所の強い意向と
 主導により巧妙な手口で兵役免除となり、その件で世間からバッシングされることはなかった。

・整形手術は受けていない。



<A氏の背後霊団から届いたメッセージ>

負担を感じさせてしまい申し訳ありません。

どうか気持ちを楽にして進めてください。

聞こえたことを全て書きとめてくだされば有り難いです。

前回、一旦は書いて、後で消した記述がありましたね。

あれは、あなたの潜在意識や思い込みや空耳ではなく、間違いなく私達の声でした。

しかも特にお伝えしたかったことですから、ぜひ書いてください。

韓国で天皇陛下を「日王(日本の国王)」と大変失礼な呼び方をしていることを心からお詫びします。


あなた自身は何事に対しても、お礼や謝罪をほとんど必要としていないので、

私達が謝っても意味がないと思われているかもしれませんが、必要としている人が大勢います。

人は「ありがとう」で救われ、真心を込めたお詫びで救われるのです。

天皇陛下という類まれな存在を国王と一緒にする行為は、領土問題や慰安婦問題よりも罪深いことです。

だから、何をさておいてもお詫びしたかったのです。

もちろんAも同じ考えです。

ところで彼は両親が信仰している宗教を子どもの頃から葛藤しながらも信じてきました。

韓国ではキリスト教と仏教の信仰者が多く、イエス・キリストと釈迦の誕生日を国民の祭日に制定し、

双方の宗教を尊重する姿勢をみせながら、宗教の自由を強調しています。

しかし、朝鮮儒教の影響が至るところに強く残っており、更に巫俗(ムーソク)という厄介な信仰も

各地で独自に根付き、人々が強い洗脳からなかなか解放されない原因の1つとなっています。

巫俗は古代から続く朝鮮半島固有の土着信仰であり、巫堂(ムーダン)と呼ばれる霊能者が

神のお告げを伝えるもので、現在も信仰する宗教の有無に関わらず、国民に強く支持されています。

多くの日本の方々は仏教と神道の両方を信仰していますが、韓国の巫俗はごく一部の例外を除けば、

日本の神道とは全く比較にならないほど波動の低い、いわゆる「邪神」だと解釈して頂いて構いません。

そして韓国のキリスト教と仏教は、本来の儒教から変化した朝鮮儒教の弊害と、でたらめな巫俗の

双方から影響を受け、本来のイエス・キリストと釈迦が説いた真実に基づく教えからは

遥かにかけ離れた独自の宗教に変貌してしまいました。

そのことで人々の攻撃性はますます強くなり、自分の利益だけを重んじる身勝手さが突出し、

中身より外見を重視し、非常事態にはパニックに陥りやすく、執着心が激しい人格が形成されたのです。

Aが子どもながらに宗教問題で葛藤したのは、宗教創始者が説いた本来の教えとの違いを

持前の感性の鋭さにより感じとったからです。

それを踏まえて、日本の方々に強くお願いしたいことがあります。

洗脳されている哀れな民族に意識を合わせないでください。

意識を向けると腹が立ち、ネガティブになり、同類と化してしまいます。

それではダークサイドの思う壺です。

常に日本の言い分が全て正しいと強く信じて、いかなる情報を突き付けられても動じない事が大切です。

物事に100%ということは滅多にありませんが、これは例外です。

日本の方々は、常に100%の自信を持ってください。

洗脳された民族を「哀れだと思って許してください」とは申しません。

今は意識を合わせず、エネルギーがもう少し高まるまで静観してください。

あなたは、韓日草の根交流をうたって接近してくる韓国・在日のグループが、お互いの接点を

見出しやすい話題である「原発反対」と「日本国憲法の護憲」を矢面に立てることをよくご存知ですね。

彼らは接点を見出しやすい話題を持ち出して相手の様子を観察しながら、

最後に必ず自分達の主義主張を押し付けようとしたはずです。

それに騙されることはないにしても、「日本国憲法の護憲」には注意しなければなりません。

日本国憲法を護りたい理由を大まかに分けると、「日本の弱体化を望んでいるため」 と

「純粋に平和を愛するため」 の2通りあります。

他国が日本の弱体化を望むのは仕方ないと諦めたとしても、

厄介なのは、中国や朝鮮半島に魂を売ってしまった日本人が多数存在するという事実です。

彼らもまた地球の進化を阻むように洗脳されたか、もともと進化を阻むようなDNAを

埋め込まれて誕生した闇の存在です。

戦争を防ぎ平和な世界を目指すには抑止力の強化が必要不可欠であり、

憲法改正が必要だと訴える方が健全だと考えられる要素が多いことは事実です。

けれど私達が最善だと思うのは、解釈の範囲を広げるだけに留めて日本国憲法は改正せずに、

安倍首相の考えに従って抑止力を強化する方法です。

安保法案は絶対に違憲ではありません!

「本当に日本と世界の平和を真剣に考えている護憲派」と「日本の弱体化を望んでいる護憲派」を

誰もが明確に区別できるように示すことが大切です。

韓国では光の勢力が集結しようとすると即座に邪魔が入りますが、日本は全体的な波動が高いので、

ダークサイドの洗脳攻撃をくぐり抜ける方法は工夫すればいくらでも見つかるはずです。

Aの立場では自分の理解者を募って活動することはできませんので、

繰り返しになりますが今は洗脳されている哀れな民族に意識を合わせず、

波動をもっと高めて、ダークサイドを撃破する力を蓄えて頂きたいと願っております。


私が不慣れで疑い深いので、配慮の言葉をかけて頂きました。

今後はもっとリラックスして臨むようにします。

文章では伝わらないと思いますが、日本人に対しても、洗脳されている哀れな民族に対しても

愛情に溢れた口調で、聞こえてくる男性の声は終始敬語でとても穏やかな印象です。

ところで今年2月、鹿島神宮と香取神宮を参拝するように強く勧められて出かけた際、

香取神宮の境内に、2014年の式年神幸祭を記念して建てられた

安倍晋三氏による題字の石碑を見つけましたので、この機会に紹介します。



RIMG0222.jpg
2016.2.20 14:49 香取神宮 2014年式年神幸祭記念石碑  題字 安倍晋三

関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク