7. クロッシング~祈りの大地~ ③

貧しくも幸せな3人の生活は、ヨンスの妻が栄養失調から肺結核に罹ることで崩れていきました。

病院はあっても治す薬がなく、せめて栄養をつけさせたいとヨンスはジュンが可愛がっていた

犬まで犠牲にしますが、他になす術はなく遂に薬と食料を求めて中国へと渡る決心をします。



ここから先は、だんだん辛い内容になっていきますが、ヨンスを演じるチャ・インピョさんが、

兵役中に主演した映画 「アルバトロス」 のように、観るに耐えない程の残虐さはありません。

同じく兵役中のイ・ジョンジェさんが出演していたことから私は、わざわざ韓国から中古の

ビデオを購入して鑑賞しましたが、いくら北朝鮮の惨状を伝えようとしても、ここまで残虐だと

多くの人に観てもらえる可能性は限りなくゼロに近くなると思われ、「クロッシング」の手法は

つくづく素晴らしいと思いました。


サンチョルから聖書をもらうヨンフ
サンチョルから聖書をもらうヨンフ


ヨンフが中国国境の川、豆満江を渡る決心をする少し前に、貿易商の友人サンチョルから

聖書をもらうシーンがあります。サンチョルは北朝鮮政府公認の貿易商でしたが、密かに

禁止されている宗教を布教するために聖書を大量に持ち込み、自分の家に隠していました。

マルクスは「宗教は民衆の阿片である」と、レーニンは「宗教は毒酒である」と、金日成は

「宗教は反動的で非科学的な世界観である」と定義し、北朝鮮に宗教の自由はありません。

私自身は特定の宗教を信仰していませんが、宗教を弾圧して指導者が都合の良いイデオロギー

を民衆に押し付け洗脳させる行為は人の道を大きく逸脱しており、いかなる宗教を信じることも

人間である以上自由だと当然にして思います。この作品ではクリスチャンである監督の思いが

主人公ヨンフのセリフなどにも込められているようですが、私としては何の抵抗もなく受け入れ

られる内容でした。そもそも、あらゆる宗教の創始者の考えは全て正しかったのに、後の人々の

解釈が少しずつずれて宗派が枝分かれしたり、宗派間の争いが起こったりする悲劇が生じている

との考えを私は持っています。この作品で登場するキリスト教の思想は、正しい創始者の考えと

同じだと思いましたし、悲惨な状況に甘んじながら、それでも生きていかなければならない人々

にとって死後にも世界があることは大きな希望と言えるでしょう。

そのような希望すら奪い取られて、悲惨な生活を余儀なくされている北朝鮮の人々を1日も早く

自由の身にしてあげたいと、非力ながらも切実に思いました。

中国へ渡る父を見送る息子
中国へ渡る父を見送る息子


つづく ④へ移動
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク