69. 余計なお世話が正しいかもしれない現実

使い古されているのによく耳にする言葉 「女性の敵は女性」、 私は幸いにして若い頃から

この言葉を実感するような出来事に巻き込まれることなく過ごして来ましたが、韓流ファン

になってから急に身辺が騒がしくなり、「韓流おばさんの敵は韓流おばさん」 だと身を持って

知ることになりました。ただ敵という言葉は私の中で相容れない言葉で、私自身は相手を敵

だとは思っていないので、単に相手が好戦的かつ陰湿だとご理解ください。要は私が自身の

サイトを通じて書いた事柄が、「一部の韓流おばさん」 には癇に障る内容だったようです。

朝鮮半島のこととなるとアレルギー的な拒絶反応を示す日本人が多いことは良く理解して

おりましたし、逆に相手も反日感情が根強いことはわかっていました。

でも幸いに、そういった人達には相手にされず、又はスルーしてくださり、特に嫌な思いを

したことはこれまで1度もありませんでした。ところが世の中それほど甘くはなく予期せぬ

抵抗勢力の出現をみました。それが、「一部の韓流おばさん」 で、私が直接的、又は間接的

に耳にした内容は以下の通りです。


① 自分と同じ韓流おばさんの分際で生意気なことを言うのは許せない

② きれいごとばかり言っている

③ きっと頭がおかしいのだろう

④ 日本人が南北統一などと言うのは余計なお世話だ


世代や性別をひと括りにして、さもわかったようなことを述べるのは好きではありませんが

実は私が当初一番警戒していたのは、年配の日本人男性でした。ところが予想に反して

その方々に共感や絶賛や励ましのメール等を頂き、嬉しさと驚きを同時に感じました。

もちろん大多数の韓流おばさん・韓流お嬢さん・韓流ファンも、好意的又は興味がなければ

スルーの大人的対応をとってくださるので助かっています。


上記4項目の①~③は単なる誤解と軽く流しますが、④だけは、ひとこと申し上げます。

私自身も 「日本人が南北統一などと言うのは余計なお世話」 かも知れないと思いながら

謙虚に行動しているつもりです。でも実際に草の根交流をしてみると、立場も世代も性別も

違う数人の韓国の方から以下のような思いがけない話を聞きました。

「当事者(韓国・北朝鮮)だけでは、もうどうにもならないので、第3者が何か言って

くれることが、きっかけで世の中が動くかもしれないから、ずっと言い続けてほしい」


私はこの話を聞いた時、日本で社会問題になっている我が子を虐待する痛ましい事件の

ことを思い出しました。学校や保育所、児童保護施設、民生委員、区市町村、さまざまな

立場の人達が苦労して努力しても守れない尊い命を、もしかしたら近所の余計な世話を

焼くおばさんが救うことだって、あるかもしれないと…


妻家房 キムチ博物館
妻家房 キムチ博物館 (2010.3.24 撮影)

つづく
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク