684. レイキ 修了後のサポート 1

このコーナーはレイキを学び修了された方が抱く疑問に答え、不安を解消してもらうために設けました。

(これからレイキを学んでみたい方は、先ず こちら をご覧になってください)


レイキ 修了後のサポート 1 <振り子(ペンデュラム)の活用>

レイキ修了者の声として最も多いのは「レベル3が修了しても、ハイヤーセルフ (ハイアーセルフ、守護神、

内なる神さま、高次元の意識、高次元の自己、光の存在)と繫がることが出来なかった。」というものです。

ハイヤーセルフと繋がるテクニックの中で私がお薦めするのは、伝統霊気の 発霊法(はつれいほう) です。

日本人には西洋レイキの方法より適していると感じますので、焦らず、これを繰り返し試してみてください。

もちろん個人差がありますので、西洋レイキの ハイヤーセルフとのコンタクト方法・レイキ瞑想

自分には合っていると思えば、その直感に従ってください。


それでも繫がることが出来なかった方に試して頂きたいのが、振り子(ペンデュラム)の併用です。

具体的には私がレイキを学ぶ前に書いた 振り子(ペンデュラム)を使ってハイヤーセルフを認識する

にレイキのシンボルとマントラを加える方法です。


このときの説明 a.~ k. の f. と k. の後に、

第四のシンボルを1回描き、マントラを3回唱え、
手のひらで受けとめたシンボルを(水をかぶるように)自分の頭にかぶせる 


を追加します。

初めと終わりに第一・第二・第三のシンボルの効力を持ち合わせた第四のシンボルを使うことで、

空間の浄化・自分自身の浄化・パワーアップ・障害の解消などの効果も得られます。



昨年9月 誰でも簡単にハイヤーセルフと繋がることが出来る を書いたとき、私はハイヤーセルフに

「もし、この方法で繋がることが出来ない人はどうすればよいのですか?」と尋ね、振り子(ペンデュラム)

の使用を導かれました。しっかりとグラウンディングした状態で振り子を正しく使用すると

邪気・邪神・邪鬼の影響を受けずにハイヤーセルフからの答えが得られるというのです。

それを聞いた私は、自分に都合の良い答えが 「はい」 だとしたら、無意識に 「はい」 を示すように

振り子を持つ手を微妙に動かしてしまうのではないか? と疑いました。

そこで手を動かさないように意識し、振り子が勢いよく動いているときは目で追わないように軽く閉じ、

頃合いをみてから目を開けて確認することを何度も試したところ、100% 正しい質問はいつも 「はい」、

100% 間違っている質問はいつも 「いいえ」 を示していました。

又、次々と 「はい」 であってほしい質問をして、答えが 「はい」 とは限らないことも確かめました。

そしてようやく、振り子を動かしているのはハイヤーセルフだと気づいたのです。


振り子の使い方をマスターしたら、どんどん質問して結果の詳細を記録してください。

単刀直入に 「あなたはハイヤーセルフですか?」 と尋ねてもいいと思います。

私利私欲を捨て真摯な姿勢で取り組めば、「これは間違いない!」と確信が持てるような

サプライズを用意してくれるかもしれません。


それからもうひとつ、感覚には個人差があるので、「繋がる」 「コンタクトする」 という言い方に

限定してしまうと、理解を妨げる原因になる場合があると思います。

ハイヤーセルフ(のところ)に 「行く」 「近づく」 「上昇する」 「重なる」 「合体する」 etc.

ハイヤーセルフが(に) 「やってくる」 「近づいてくる」 「降りてくる」 「包み込まれる」 etc.

能動態に限らず受動態でイメージする方法も試してみてください。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク