68. 世界と交流して協力して全人類が行く道に…

韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は5月24日、哨戒艦が北朝鮮の魚雷攻撃で沈没した

調査結果を受け、ソウル戦争記念館 護国追悼室にて、国民向けに談話を発表しました。

断固たる姿勢で北朝鮮に謝罪と関係者の処罰を求めた内容ではありましたが、

同一民族である北朝鮮に対して、終始冷静に朝鮮半島の安定と平和を訴え、対話を求める

考えも示し、 「早く目を覚ましてほしい」 といった意味合いに受け取れる慈悲深さを

感じましたので、特に共鳴した部分を紹介します。

(韓国語初級講座で習う文法だけで理解出来る範囲のわかりやすい言葉です)


세계 모든 나라가 국민들을 잘 살게 하기 위해 치열하게

경쟁하고 있습니다.

공동 번영과 세계 평화를 위해 힘을 모으고 있습니다.

온 세상이 변했습니다.

지금도 빠르게 변화하고 있습니다.

그러나 북한은 어떻습니까?

60년 전이나 지금이나 조금도 바뀌지 않았습니다.

오늘날 어떤 나라도 혼자서는 평화를 지킬 수도,

경제를 발전시킬 수도 없습니다.

세계와 교류하고 협력하여 전 인류가 가는 길에

동참해야 합니다.



世界の全ての国は国民が良い暮らしをするために激しく競争しています。

共存共栄と世界平和のために力を集結しています。

世の中は変わりました。

今も早く変化しています。

しかし北朝鮮はどうですか?

60年前も今も少しも変わっていないです。

今日、どんな国も一人では平和を守ることも、経済を発展させることもできません。

世界と交流して協力して全人類が行く道に

参加しなければなりません。




2010.5.24 イ・ミョンバク大統領の国民談話 ソウル戦争記念館にて


過去の戦争の教訓を生かして戦争を防ぎ、南北統一と平和を願って建設された

ソウル戦争記念館 を会場に選んだ大統領に敬意を表します。

この談話に、さまざまな意見があることは承知の上で私の個人的感想を書きました。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク