664. レイキ無料講習 独学で完全マスター 11

「魂の法則」ヴィセント・ギリェム(著) 小坂真理(翻訳)のレイキに関する記述(啓示)に共感し、

必要としている人が自由にレイキを学べる機会を無償で提供しています。

レイキに興味をお持ちで当ブログに初めて訪問された方は必ず こちら をご覧になってから

タイトル「レイキ無料講習 独学で完全マスター」を 1、2、3、4、5… と番号順に読み進めてください。

片頭痛、慢性頭痛、アレルギー性鼻炎、花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息、便秘、下痢、肩こり、

腰痛、首の痛み、膝痛、関節痛、神経痛、しびれ、高血圧、低血圧、生理痛、冷え症 etc

レイキ レベル1 により慢性的な痛み・苦しみ・不快感から多くの方が解放されています。

続いてレベル2 では、シンボルとマントラを駆使して心と感情を癒す方法・遠隔ヒーリングの方法を学び

不眠症、うつ病、更年期障害、自律神経失調症、パニック障害、認知症 etc の改善と予防を目指します。

ぜひ、宇宙の生命エネルギーを取り入れる自然療法 レイキ を一緒に学びましょう!



レベル2
(セカンドディグリー・中伝・奥伝前期)の説明 Ⅴ



15)複数の人にレイキを送る方法(空間超越)

1. レイキを送る対象(人、動物)を決め、以下のいずれか1つを選び、該当者を続けて特定する

a.フルネームを3回唱える(声に出しても心の中でもよい)
b.顔を思い浮かべる
c.写真を見る

2. 自分と複数の相手を繋ぐために
第三のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第二のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第一のシンボルを1回描き、マントラを3回唱える

3. 基本の12ポジションの「頭部 又は ヘッド」と宣言して自分の体の以下のいずれかに
5分間(又はそれ以上)手を置く
いずれかとは、自己ヒーリングも兼ねるので自分が一番心地よい場所で構わない

h.png

4. 基本の12ポジションの「身体前部 又は フロント」と宣言して自分の体の以下のいずれかに
5分間(又はそれ以上)手を置く

f.png

5. 基本の12ポジションの「身体後部 又は バック」と宣言して自分の体の以下のいずれかに
5分間(又はそれ以上)手を置く

bb.png

6. 身体後部に手を置いたまま、
「誰々の(症状・病名・問題)が治りますように・解決しますように・最良の状態になりますように」
などと心の中で唱える


16)レイキBOXを使用して複数の将来の目標にレイキを送る方法(時間超越)

1. 箱と紙を用意する
箱は自然素材の蓋が閉まるもので金属製は避ける
紙はメモ帳でも構わないがポリプロピレン樹脂などの合成紙は避ける

2. 将来実現したい状況を具体的に用紙に書き、箱に中に入れて蓋を閉める

3. 既に希望通り実現しているイメージを描き、用紙1枚1枚に向かって空中に
第三のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第二のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第一のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えてから用紙を箱に入れる

4. その後、毎日、箱に向かって空中に
第三のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第二のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第一のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えてエネルギーを入れる

5. 一定の効果があがるまで続けてよいが、執着心が芽生えるようなら手放すことも必要となる


17)レイキBOXを使用して時間を特定し複数の人にレイキを送る方法(時空超越)

1. 箱と紙を用意する

2. 紙に名前・住所・年齢・送る時間・実現したい状況を書き、箱に中に入れて蓋を閉める
(住所・年齢は省略も可能で、時間・実現したい状況は各々バラバラで構わない)

3. 蓋の上の左側に左手を置き、右側に
第三のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第二のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第一のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えてから蓋の上の右側に右手を置き、
10分間その状態を保ちヒーリングすると、指定した時間に
指定した相手へ自動的にエネルギーが流れる(自己ヒーリングを兼ねる)


レイキのエネルギーは深いリラクゼーションをもたらすので運転中・入浴中など
眠ってしまうと危険な時間を避けて時間を設定してください。

レベル1で説明しなかった 基本の12ポジションを他者へ直接ヒーリングする方法 は、
やはり現時点でも相手のネガティブなエネルギーの影響を受ける可能性が大きいので
レベル3の最後に説明させて頂きます。

以上でレベル2 が終了しました。
第一のシンボルとマントラ、第二のシンボルとマントラ、第三のシンボルとマントラを
しっかり覚えてから先に進んでください。



レベル3 (サードディグリー・奥伝・奥伝後期)の説明 Ⅰ へつづく
関連記事
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク