658. レイキ無料講習 独学で完全マスター 8

「魂の法則」ヴィセント・ギリェム(著) 小坂真理(翻訳)のレイキに関する記述(啓示)に共感し、

必要としている人が自由にレイキを学べる機会を無償で提供しています。

レイキに興味をお持ちで当ブログに初めて訪問された方は必ず こちら をご覧になってから

タイトル「レイキ無料講習 独学で完全マスター」を 1、2、3、4、5… と番号順に読み進めてください。

片頭痛、慢性頭痛、アレルギー性鼻炎、花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息、便秘、下痢、肩こり、

腰痛、首の痛み、膝痛、関節痛、神経痛、しびれ、高血圧、低血圧、生理痛、冷え症 etc

レイキ レベル1 により慢性的な痛み・苦しみ・不快感から多くの方が解放されています。

続いてレベル2 では、シンボルとマントラを駆使して心と感情を癒す方法・遠隔ヒーリングの方法を学び

不眠症、うつ病、更年期障害、自律神経失調症、パニック障害、認知症 etc の改善と予防を目指します。

ぜひ、宇宙の生命エネルギーを取り入れる自然療法 レイキ を一緒に学びましょう!



レベル2
(セカンドディグリー・中伝・奥伝前期)の説明 Ⅲ



8)第三のシンボルとマントラ 本者是正念(ホンシャゼショウネン)とは

3.png

1. 〔シンボル〕
苦しみを消滅させる根本的な方法を意味する 「本質は正しい念である」 を
合字法によって1つの形にしたもの

2. 〔マントラ〕
天(自然・宇宙)と人を合一させるためのもの


9)第三のシンボルとマントラ 本者是正念(ホンシャゼショウネン)の説明

1. 時間(過去・未来)と空間(距離の遠近に関係なく)を超越する力を持ち、遠隔ヒーリングや
トラウマ・カルマの解消と修正を可能にする

2. 遠隔ヒーリングが可能になる理由は、対象に自分の周波数を合わせることが出来るからで
電話番号を押して回線が繋がり電波が流れる電話と同様の仕組み

3. 時空を超えて問題の中心にぴったりと焦点を合わせることが可能で願望成就にも効果を発揮する

4. 自分以外のトラウマ・カルマの解消と修正は他人を操作しようとすることと紙一重のため、
「依頼」を受けて行うことが基本であり、他に解決方法がないか考えたうえで使用すること

5. 太陽と光を象徴しており、精神面で聖壁(セイヘキ)より深い領域に作用する


10)第三のシンボルとマントラ 本者是正念(ホンシャゼショウネン)の活用法

1. 〔トラウマとカルマの解消方法〕
過去に起きた未解決の状況・人・場所を思い浮かべ、そのイメージに向かって
第三のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第二のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第一のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
これで十分だと感じるまで解決するように願う
(時間がかかる場合が多いので10日くらい連続で行うとよい)

2. 〔成功を願う方法〕
手がけている仕事が成功する、試験に合格する、試合に勝利する等、未来に控えていることで
自分が望む最高の状態をイメージし、そのイメージに向かって
第三のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第二のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第一のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
これで十分だと感じるまで自分が望む最高の状態のイメージを堪能する

3. 〔紛失物を見つける方法〕
失くした物を強くイメージし、そのイメージに向かって
第三のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第二のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第一のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、アファーメーション
例)どこにあるかヒントをお願いします
後に夢や直感でヒントが提示される

4. 〔問題解決の方法〕
自分が抱えている問題を特定して、その問題のイメージに向かって
第三のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第二のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、
第一のシンボルを1回描き、マントラを3回唱えて、アファーメーション
例)問題解決のヒントをお願いします
後に夢や直感でヒントが提示される


遠隔ヒーリングの各種テクニックは、レベル2 (セカンドディグリー・中伝・奥伝前期)
自己アチューメント(伝授)の説明後に詳しく紹介します。



レベル2 (セカンドディグリー・中伝・奥伝前期)自己アチューメント(伝授)の方法 へつづく
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク