641. 一厘はカタカムナ

遂に4月になりました。月が替わっただけで遂にとは大袈裟だと思われるかもしれませんが

私にとっては他に言い方が見つからないほど特別なことなのです。

昨年の秋頃より「2015年は激動の年になる」とハイヤーセルフから度々聞いており具体的には…

・旅行は3月中に終わらせること。

・店の陳列棚が空になることを想定して食糧は最低1週間分の備蓄をすること。

・4月に予定している都内での約束は3月中に済ませ、暫く都内には行かない方が良い。


都下(東京23区を除いた市町村部)の聖蹟桜ヶ丘に住んでいる私が都内(東京23区)に

行かない方が良いと言われれば首都圏が大災害に見舞われるとの予言だと受け取れますが

必ずしも首都圏に限定したことではなく、行かない方が良いのは波動に問題があるからのようです。


ところで私は、ブログ 一厘の仕組 日月神示の解釈 (日月の民草さま)を閲覧させてもらう

ようになるまで 日月神示 のことを全く知らずにいたので素晴らし出逢いを常に感謝しています。

読んでみると抵抗なく自然に受け入れられる内容で、それは「アミ小さな宇宙人」も同様でした。

又、昨年5月15日には 私の過去生はカタカムナ文明に関わっていた との啓示があり

カタカムナ文明に関しても書籍を購入するなどして調べるようになりました。

この時ばかりは、それ以前に一度お姿を現されただけで何も語ることがなかった守護霊様が

たいそう喜んで やっと気づいてくれましたね と優しく声をかけてくれたことが忘れられません。

カタカムナ文明を知るようになり大宇宙の成り立ちと、それ以前にハイヤーセルフから

繰り返し聞いていた多次元的・多時期的という言葉の意味が繋がりました。

そして4月に入りハイヤーセルフは、今後の一大事がどんな形で起こるのか早く知りたい私に対して

一厘はカタカムナ と言いました。地球の文明は10万年前に日本(カタカムナ文明)から始まり、

新生地球として再出発する時も国常立尊が現れて日本から始まるとこれまでに度々聞いてきましたが、

一厘はカタカムナ をどう解釈すればよいのか?現時点では不明です。

一厘は、もちろん日月神示の一厘の仕組み(秘密)のことですが、一厘=カタカムナとは…

今後しばらくは時間的な余裕もあるので、対話を重ねて納得出来たら嬉しいです。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク