638. 大間崎のマグロと尻屋崎の寒立馬

2月23日(月)、前日ホテルに到着してから激しく降り出した雨はすっかりあがっており、

客室の窓からは新田名部川(しんたなぶがわ)と釜臥山(かまぶせやま)がよく見えました。

ツアーバスはホテルを9時に出発し、最初の目的地 大間崎 に向かう途中で釜臥山の先にある

恐山の説明をバスガイドの関口さんから受けました。恐山という名前の山は無く、下北半島中央にある

カルデラ湖 宇曽利湖(うそりこ)を中心とした釜臥山をはじめとする八峰の外輪山の総称だとのこと、

開山期間は5月1日~10月31日、冬季は雪で県道が閉鎖されて行くことが出来ないそうです。

通過した海岸沿いは雪が少なく、近くに雪で埋もれた霊場があるとは想像も出来ないほどでした。

RIMG0467a.jpg RIMG0499a.jpg
2015.2.23 6:35 むつグランドホテル9階客室からの風景 新田名部川(分流)
2015.2.23 9:08 バスの車窓より 釜臥山と頂上にある航空自衛隊第42警戒群レーダーサイト


RIMG0501.jpg
2015.2.23 9:51 バスの車窓より 大間崎へ向かう国道279号からの風景


大間崎に到着してバスを降りると、飛ばされそうな強い風が吹いていることに気づきました。

でも眼下に広がる美しい海と白波にテンションは最高潮に上がり、ゴロタ石の浜辺に降りて

潮風を受けながら うみねこ の写真を夢中で撮りました。

周囲は綺麗に整備された公園になっているので季節が良ければ賑わう場所だと思いましたが

私達のグループ以外に人影は無く、まして岩のりで滑る浜辺まで降りる人もいなかったので、

広い海を独り占めしたような爽快感と言葉では現せない開放感で満たされました。

RIMG0517 うみねこ
2015.2.23 10:35 本州最北端の地 大間崎の公園 ゴロタ石の浜辺に降りて撮影した うみねこ

RIMG0534b.jpg
2015.2.23 10:37 大間崎の公園「まぐろ一本釣の町 おおま」のモニュメント

RIMG0532.jpg
2015.2.23 10:37 大間崎の公園 本州最北端の碑

RIMG0541.jpg
2015.2.23 10:39 大間崎の公園に近い船着き場と漁船

RIMG0546.jpg
2015.2.23 10:42 大間崎の公園 石川啄木歌碑

RIMG0547.jpg
2015.2.23 10:42 大間崎の公園 日本海軍特務艦豊国丸戦死者忠霊碑 

RIMG0550.jpg
2015.2.23 10:43  大間崎の公園 ゴロタ石の浜辺と弁天島の大間崎灯台

RIMG0563.jpg
2015.2.23 11:07 大間崎の公園に近い海産物店で購入したマグロの喉の串焼き(¥300)


大間崎から尻屋埼へ直接行く道が無いので、一旦むつ市に戻り、プラザホテルむつ で下北地方の

郷土料理 味噌貝焼御膳 の昼食をとりました。味噌味で煮干しダシが効いて美味しかったです。

RIMG0565.jpg
2015.2.23 12:14 プラザホテルむつ 下北の郷土料理 味噌貝焼御膳(¥2100)


昼食後ツアーバスは県道266号を東に進んで、尻屋崎 寒立馬 越冬放牧地アタカ に到着しました。

ここは冬以外の季節に尻屋崎灯台付近で放牧されている寒立馬が1月~3月に越冬する場所で、

このすぐ先から冬季通行禁止区域となっているので灯台の風景を近くで見ることは出来ませんでしたが

越冬放牧地アタカの中に入ると、1頭のおとなしい寒立馬が健気に寄って来てくれて愛らしかったです。

RIMG0570.jpg
2015.2.23 14:00 尻屋崎 寒立馬 越冬放牧地アタカの案内板

RIMG0571.jpg RIMG0577.jpg
2015.2.23 14:02 越冬放牧地アタカの寒立馬 遠くの群れ・近くに来てくれた1頭

RIMG0578.jpg
2015.2.23 14:06 越冬放牧地アタカから見える風景

RIMG0584a.jpg
2015.2.23 14:10 冬季期立ち入り禁止の区域に立つ尻屋崎灯台


その後、尻屋崎 から むつ市に戻って「むつ下北観光物産館まさかりプラザ」で買い物とトイレ休憩、

南下して 「道の駅 小川原湖 湖遊館」で最後の買い物とトイレ休憩、17:30頃 三沢空港に到着して

19:00発 JAL1226 で羽田空港に20:25到着、21:10発の空港バスで聖蹟桜ヶ丘に22:00到着、

何もかもが順調だった夢のような旅はこうして終わり、全ての関係者に心から感謝しております。

ここ数か月、旅行を計画する時はハイヤーセルフに必ず出発日と目的地を相談してから決めており、

目的地は良くても出発日が駄目とか、逆に出発日が良くて目的地が駄目とか、その時は理由が不明でも、

後になると「そうだったのか!」と納得することばかりが続いています。

これは私が100%ハイヤーセルフを信じられなくて不安になることが多かったので「信じなさい」と

伝えるために良い旅ばかりが続いたのではないかと思っています。

アミ 小さな宇宙人シリーズの続編 「もどってきたアミ―小さな宇宙人」もちょうど読み終え、

初めて読んだはずなのに以前から知っていたような懐かしさも込み上げて深い感動を覚えました。


明日から三重県に行き、前回時間が足りなかった伊勢神宮外宮をじっくり参拝して、

お彼岸が終った翌週には静岡県の三嶋大社を参拝して旅行三昧の日々を締めくくります。

サイパンから始まり三嶋大社で終わる意味、今は不明ですがいずれ明らかになるかもしれません。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク