634. 男鹿半島 真山神社・男鹿のナマハゲ・入道崎

2月21日(土)秋田空港に 8:15 到着、ツアー会社が手配した十和田観光のバスに乗り込み

一路北上して男鹿半島の真山神社には 9:50 に到着しました。 

途中、バスガイドの関口さんが「山」のことを必ず「お山」と言っていた意味が到着してわかりました。

男鹿三山といわれる本山・真山・毛無山は山岳信仰の修験道場で、神域である「お山」に祀られる

真山神社の本殿は、真山(567m)山頂に鎮座しており急な雪道で行くことは出来ませんでしたが、

一帯は神聖な霊気に包まれており、拝殿で参拝を済ませると雑念がとれ体が軽くなりました。


RIMG0028.jpg
2015.2.21 9:50 男鹿国定公園 真山 案内板

RIMG0030.jpg
2015.2.21 9:51 真山神社 手水舎と仁王門

RIMG0032.jpg
2015.2.21 9:52 真山神社 案内板


秋田杉の丸太をくりぬき一本の木から作られる丸木舟は、岩礁の多い男鹿半島で岩に当たっても

壊れにくく安定性も優れているそうです。但し現在は船大工がいなくなり、県内最後の船大工と

なった畠山広松さんが復元した舟が境内に展示されていました。

RIMG0036_2015030309164990b.jpg
2015.2.21 9:54 真山神社 丸木舟

RIMG0039.jpg RIMG0049.jpg
2015.2.21 9:55 真山神社 本殿に続く山道・拝殿


神社参拝後は併設の男鹿真山伝承館(男鹿地方の典型的な曲家民家)に移動し、大晦日に地元で

行われる真山地区の民俗行事を実際に体験しました。なまはげは悪霊を追い払う目的のために

物凄く大きな音を立てて家に入って来るので、大人でもびくっとするほど迫力があります。

そして大声で 泣く子はいねが! なまけ嫁はいねが!

でも最後は 家内安全、田は豊作、海では大漁 と穏やかに言って帰って行きました。

RIMG0060_20150303092108761.jpg
2015.2.21 10:23 男鹿真山伝承館 入口

RIMG0066.jpg
2015.2.21 10:35 伝承館での実演 家の主人と先立(なまはげが入ってくる前に
その家の主人に入って良いか確認する役)


RIMG0061_20150303092250199.jpg RIMG0071.jpg
2015.2.21 10:36 伝承館での実演 家の様子・なまはげ登場

RIMG0074.jpg
2015.2.21 10:38 伝承館での実演 なまはげをもてなす主人


伝承館でのなまはげ体験が終わると隣に立つ なまはげ館(資料館)に移動して

地区ごとに違うたくさんのなまはげを見学しました。

RIMG0090_20150304111441888.jpg RIMG0099abc.jpg
2015.2.21 10:52 なまはげ館 外観・韓国ドラマ「アイリス」でイ・ビョンホンが着用したセット

RIMG0092_20150303092518019.jpg
2015.2.21 10:57 なまはげ館 館内展示

RIMG0113.jpg
2015.2.21 11:18 なまはげ館 館敷地内 里暮らし体験塾


辺りは雪深いのに屋根には雪が無い不思議な風景に感心しながら真山神社を後にして

バスは次の目的地である入道崎に向かいました。

タイミング良くちょうどお昼に到着したので先に昼食の時間となり、食べ終わった人から自由散策の

時間になりました。東京より暖かいと感じるほど穏やかな天気で、雲も少なく更に人影もまばら、

雄大な風景を独り占めしているような錯覚を起こすほどでした。

食堂兼お土産店の店主曰く、冬の時期でこんな日は1日あるかないかの奇跡的な日ですよ!

バスガイドさん曰く、いつもなら強風と寒さでお客さんは外に出ずほとんど店内で過ごすんですよ!

RIMG0138.jpg RIMG0115.jpg
2015.2.21 11:54 男鹿半島観光案内板・入道崎 ニュー畠兼 海鮮丼 ¥1620(団体用)

RIMG0116_20150304135637e5f.jpg
2015.2.21 12:11 入道崎 灯台

RIMG0118_20150304135704e7e.jpg
2015.2.21 12:13 入道崎 北緯40゜モニュメント  

RIMG0129.jpg
2015.2.21 12:19 入道崎から白神山脈を望む


準備した防寒対策が邪魔になるほどの好天と大好きな海を眺めて気分は一気に盛り上がり

午後からの「五能線」乗車に期待が膨らみました。今後とても困難な出来事に遭遇した時、

今日のこの日を思い出そう! と、まだ半日しか経っていない時点で思いました。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク