625. 必要なものは全て与えられる Part 2

あまり詳しくは書けませんが、私は一時期、とある特殊な事情により借金の肩代わりをして

自由に使えるお金がゼロになる経験をしたことがあります。

肩代わり自体はハイヤーセルフの了解を得て行ったことなので悪いようにならない自信はあり、

少し節約しながら過ごせば新たな発見があるかもしれないという期待感さえ抱いていました。

予想は的中し、僅か数か月間で流れが変わったので何かを犠牲にしなければならないような

体験はしませんでしたが、日々の生活の中で改善するべき点はないかを考える機会にはなり、

健康上の嬉しい変化 に繋がりました。

何事も心残りがないように次々と計画を立てて行きたい所に行き、やりたいことをした1月、

会社の決算が年末で仕事も忙しい中、全て予定通りに動けたのは、試みた健康法が功を奏し

常に元気でいられたことが大きな要因だと感謝しています。

ただ、2014.7.5 から「朝食を食べない健康法」を「1日1食(夕食)健康法」へ移行したところ、

体重減少が著しくBMIが17を割ったので9月から再び 「朝食を食べない健康法」へ戻しました。

2月も引き続き心残りがないように行動するつもりです。

何年も前から単なる社交辞令でなく心から「家に遊びに来てください」と誘い続けてくださった方の

ご好意を受けて中旬には神奈川県の逗子へ、その翌週には秋田と青森を旅行します。

借金の肩代わりをして「手放せば得られるものがある」という法則の正しさを実感しましたが

「得られるもの」を過度に期待しなかったことがプラスに作用したのではないかとも思っています。


header_201501312120189a6.jpg nyudo.jpg
2月に訪れる予定の 秋田県男鹿市 真山神社入道崎
関連記事
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク