612. MMS(二酸化塩素)を美味しく飲むために

母がMMS(二酸化塩素)を飲み始めた同時期に、果汁100%のストレートリンゴジュース だけ

を欠かさずに飲み始めた父は、以前から突き出ていたお腹が凹んで 「メタボリック症候群」

解消されたと医者に診断されたそうです。

やはり「1日1個のリンゴで医者いらず」は、完璧に当たらずといえど遠からずだと思いました。

でも、固くて皮を剥く手間もかかるリンゴを必ず毎日1個ずつ食べることは意外と大変で、

体に良いと分かっていても、気が向いた時にだけ食べる程度で終わってしまいがちです。

又、ジュースであれば手軽に飲めますが、本当のリンゴと同等の栄養価があるのかは疑問でした。

今回、MMS(二酸化塩素)のためにリンゴジュースを購入しようと製法や原材料を調べていると

「食べ物・飲み物はプラーナと呼ばれる生体エネルギーの量が多いものを選びなさい」

ハイヤーセルフに導かれ、そのプラーナの出入り口であるチャクラに関してもこれまで以上に

意識を向けることにしました。生体エネルギーは加工され添加物を加えられると非常に弱まる

ことを知ったので、果汁100% といえども濃縮還元タイプは先ず除外し、ストレートタイプで

更に果汁を煮詰めて殺菌するのではなく、プレート殺菌法を実施しており、その時のリンゴの

状態に合わせて甘味料を加えたりせず、糖度にバラツキがあっても自然の味の製品を探しました。

ところが、ここまでの条件をクリアした製品にも酸化防止剤(ビタミンC)だけは含まれており

MMS(二酸化塩素)を飲む時、ビタミンCを摂ると効果がなくなるという記述があったので

暗礁に乗り上げてしまいました。けれど、調べを進めるうちに、酸化防止剤としてのビタミンC

(アスコルビン酸)は少量なうえ、亜塩素酸ナトリ25% 水溶液 飽和度 89%を 3適

食品添加物規格(食品) 純度99.5%以上 無水クエン酸 を同量の水で溶かした液体 3適

グラスに入れ 20秒 活性化 させ、果汁100%のストレートリンゴジュース 60ml

入れた直後に飲む のなら効果は変わらないとわかり、ようやく購入する製品が決定しました。

紙パックの1000ml入りで賞味期限は6か月、12本以上で送料は無料になります。

MMS(二酸化塩素)特有の不味さは全く感じられず、美味しく飲むことが出来た点が

効果があがった要因だと思っています。暫くして1日8回1時間毎に飲む必要がなくなり

健康維持として1日2回になってからは、リンゴジュースだけでも200mlほど飲んでおり

本当の美味しさを味わっています。注文する度に微妙に糖度が違い、自然本来の良さとは

このようなものだと実感して、リンゴジュースに限らず生体エネルギーの量が多い食品に

注目するようになりました。ちなみに愛飲しているリンゴジュースは こちら から購入しています。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク