597. 韓国ドラマ 「本当に良い時代」 視聴後の感想

韓国 KBS 2TV で2月22日(土)から始まった週末 ドラマ 「本当に良い時代 (참 좋은 시절)」 を

公式サイトにある各回の 「予告」 を参考にしながら koreayh.com から無料視聴しました。

koreayh.com ではブラウザーが Internet Explorer の場合、設定によっては再生されないことが

ありますので、Google のブラウザー chrome での視聴をおすすめします。 

本当に良い時代 あらすじ&感想
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

本当に良い時代 相関図 (キャスト&登場人物)
韓国ドラマ 本当に良い時代 相関図 (キャスト&登場人物) (クリックすると大きくなります)
登場人物が多いので、この図に 恋人関係 (ラブライン) の表示はありません。
恋人関係 (ラブライン) は 本当に良いカップル応援戦 をご覧ください。


視聴後の今、ドラマ開始直前に紹介された 公式サイトのドラマ紹介 が全てを物語っていたと

あらためて気づき、制作者は主題を逸脱せず目先の視聴率向上ばかりに気を取られることなく、

一貫して良質なドラマ制作に取り組んだと感じられる名作でした。

50話を通して特定の人物に共感して肩入れするのではなく、全体を俯瞰するようなイメージで

主要な登場人物1人1人の長所も短所も愛すべきものだと感じながら、各々の変化を楽しみました。

最終回はその集大成として本当に良くまとまっており、涙と笑いを織り交ぜながら、

穏やかで感慨深く、このドラマに相応しい理想的な最後だったと思います。

主人公のカン・ドンソク (イ・ソジン)が帰りたくない故郷に戻って、みっともなくて、

恥ずかしくて、腹立たしくて、嫌いで、憎くて、逃げたかった家族たちと正面から向き合って

彼らと一緒に過ごした時代が自分の人生の一番美しかった、本当に良い時代だったということに

気づく過程を丁寧に描いて、結果より「その過程」が特に素晴らしい作品でした。


46歳の時に突然霊能力が開花してしまった私は、それ以前の生活スタイルを変えてまで

日韓交流をライフワークだと悟って、韓国語を勉強し細々と活動して来ました。

ところが意識レベルが徐々に高まると、私の中で明らかになる両国の真実をありのまま書くのは

時期尚早だと感じ、一時はブログの休止も考えましたが、昨年9月からは導かれるままに

韓国語学習の一環として、字幕の無い最新の韓国ドラマを視聴するようになりました。

1話1話、琴線に触れる場面がちりばめられていた「本当に良い時代」では、心が温かくなる

爽やかな感動を通し韓国の良さにあらためて触れることが出来てとても楽しかったです。

稚拙な私のあらすじでは、その良さが全く伝わらなかったと思いますので、1人でも多くの方が

全編を通して鑑賞され、一言では語れない韓国の良さを存分に感じて頂きたいと願っています。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク