54. 祖国と母国

Shenyang Skyline
瀋陽市の風景 Shenyang Skyline by ASDFGHJ


韓国語を中国 遼寧省 瀋陽市在住の朝鮮族 K先生に習い始めてから2ヵ月が経ち、

数えてみると、1回50分のレッスンを既に20回も受けたことになります。

毎回レッスンを始める前に、フリートークをすることは以前にも紹介しましたが、

最近はなるべく新しい単語を多く覚えたいこともあり、ある程度準備をして臨みます。

それで先日は、間近に迫った上海万国博覧会について聞いてみたところ、意外な答えが

返って来ました。 「とても心配です。中国人のマナーが悪いことは知っているでしょう。

大勢の人が一気に押し寄せた時、順番待ちがちゃんと出来るか、ゴミはきちんと決められた

場所に捨てられるか、とても心配しています。」

私は返答に困り、根拠もないのに 「大丈夫ですよ」 と言ったら

「どうして大丈夫だと思うのですか?」と逆に聞き返されてしまいました。

この文章だけでは、K先生の意図とかニュアンスは伝わらないと思いますが、このような

中国国内の話題になる時、K先生は「祖国」である中国という国の人民の立場で話されます。

自分の国が 「世界中の笑いものになるのは忍びない」 「恥をかきたくない」との思いが

強く感じられ、祖国に対する愛情、良い面も悪い面も含めて自国を愛おしく思う気持ちの

現れで、「祖国に対する愛国心」なのかもしれないと推測しました。

「日本も東京オリンピック、大阪万博など、国際的な催しを経験することで、形だけの

成長ではなく、国際的な基準を意識するようになったので、中国も北京オリンピック、

上海万博で、きっと変われるから心配いらないですよ」との、ちょっと苦しい私の返答に、

「本当ですか? それなら良かったです!」と大喜び。

そんな訳で、けなげに心配するK先生を裏切らない結果を期待したいものです


そのK先生も、ひとたび日常生活や心情の話になれば、突然様子が違ってきます。

何かの事柄について話す時には必ず 「漢族は…」 「朝鮮族は…」と分けて説明があり

漢族とは根本的に違うことを誇りに思っている様子が伝わってきます。

それでも漢族を快く思っていない訳ではなく、愛情すら感じられるものの、「母国」で

ある朝鮮・韓国に対する思いは、その何倍も強い民族愛から成り立っていると思われ、

それは、自分が自分である証と言えるものなのではないでしょうか…


「祖国には愛国心」 「母国には民族愛」 日本人には理解しづらい部分ですが、

端的な例が、K先生の以下の話です。

「朝鮮族は、中国人(漢族)と結婚するより、違う外国人と結婚したほうが、うまくいく

と言われています。漢族以外の外国人となら、お互いに合わせる努力をして我慢しますが

漢族に対しては一切遠慮しないです。他所の人には遠慮するけれど、家族や親戚には、

遠慮しないのと同じです。結局、朝鮮族同士が一番良いということになりますね。」



祖国と母国が同一である私をはじめ多くの日本人は、愛国心と民族愛を分けて考える

必要がないのだから、物事をもっとシンプルに相手を思いやって助け合えないのか、

どんな困難にも団結して立ち向かえないのかと、今の日本の現状も歯痒く思いました。

つづく
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク