520. 韓国ドラマ 「本当に良い時代」 第12話 あらすじ&感想

韓国 KBS 2TV で2月22日(土)から始まった週末 ドラマ 「本当に良い時代 (참 좋은 시절)」 を

公式サイトにある各回の 「予告」 を参考にしながら koreayh.com から無料視聴中です。

「あらすじ」 「視聴の感想」  「勉強になった韓国語の表現や単語」 を UP しています。

koreayh.com ではブラウザーが Internet Explorer の場合、設定によっては再生されないことが

ありますので、Google のブラウザー chrome での視聴をおすすめします。 

本当に良い時代 あらすじ&感想
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

本当に良い時代 相関図 (キャスト&登場人物)
韓国ドラマ 本当に良い時代 相関図 (キャスト&登場人物) (クリックすると大きくなります)

1998年のシーンは 青色 で表示しています。
又、手紙・メール・貼り紙等の劇中に登場した重要と思われる文字は緑色で表示しています。


カン・ドンソク (イ・ソジン) とチャ・ヘウォン (キム・ヒソン)が 浜辺で熱いキスをした帰り道、

KBSラジオ からゲーテの詩 「恋人のそばに」 が流れてきました。

~日差しが海を照らすとき あなたを思い出します。日差しが海を照らすとき あなたを思い出します。

遠くにほこりが舞い上がると そこに あなたの姿を見ます~

ヘウォンの家の前に着きドンソクはキスをしたことについて何か話そうとしますが、ヘウォンは明るい

口調で 「片思いの良い点について、1 デート費用がいらない。2 目だけ閉じればいつでも見られる。

3 いつでも二股をかけられる。4 私の気持ちのまま始めて私の気持ちのまま終わらせることができる。

5 絶対に捨てられない。罪悪感を持って謝らなくて構わない その時はとても悔しくてとても呆れたが

今考えてみると悪いだけではなかったようだ。 片思い」 それに対し無言のドンソク。車を降りてから

「海を見られて良かった。キスの恩恵も忘れない」と軽やかに階段を登ったヘウォンはドンソクの視線

が届かないところまで来て急に足取りを重くし、階段に座り込んで大きな溜息をつきました。

ドンソクは痛々しい表情でヘウォンを見送り、小さな溜息をついて昔の出来事を思い浮かべます。

1998年、王陵の芝生でカン・ドンソク (パク・ボゴム)はゲーテの詩 「恋人のそばに」を朗読しています。

「日差しが海を照らすとき あなたを思い出します。 遠くにほこりが舞い上がると そこに あなたの姿を

見ます。暗闇の路地ですれ違う旅人からも 私は あなたの姿を見ます」 そばで漫画を見ているドンヒが

何か尋ねると 「ゲーテの詩でヘウォンが一番好きな詩だ。良いだろう?」といって続きを読みます。

「波が何かを語りかけてくるとき そこに あなたの声を聞きます」 そこへチャ・ヘウォン (クォン・ミナ)が

自転車を押してやって来て挨拶するとドンヒだけ 「姉さん こんにちは」と応じて知らん顔のドンソク。

ドンヒはヘウォンが通り過ぎてから、「さっきから兄さんの周りを28周も回ったよ。兄さんもヘウォン

姉さんが好きなんだろう」と問い詰めると初めは否定していたものの、とうとう白状することになり

「ヘウォンが好きだということを誰にも話すな。口外したらお前は弟ではない。欲しい物は何だ?」

と尋ねサッカーボールと答えたドンヒに「アルバイトの給料をもらったら買ってあげる」といって

2人は指切りすると 「必ず守るよ! 男子の一言は風船ガムだ~!」 とドンヒが男気?を見せました。


一方的にヘウォンがドンソクを好きで、ドンソクが復讐のために利用しただけではなかったのですね。

そして、この頃のドンソクとドンヒは仲良しだったこともわかりました。


マッサージを受けている オ・チス (コ・ミンボン)に部下から電話が来てハン部長の意識が戻った

との知らせに 「カン・ドンソクも来ているか? 何をどうするか対策をたてるべきだ!」と興奮して

電話の相手を怒鳴りつけ困惑した表情です。よほど都合の悪い事態なのでしょう。

ハン部長の病室にやってきたドンソクは、「早く来られなくて申し訳ありません。必ず犯人を捉えます」

と誓いましたが、まだ意識が戻っただけで何も話せる状態ではありません。

カン・ドンヒ (2PM テギョン)の病室で隣に寝ているポン・グクス (イ・ユジュン)は夢を見ながら

泣いている模様。起き上がって突然ドンヒを抱いたグクスは 「ドンヒが死ぬ夢を見た」と話します。

「生きるのがつまらないから死んだら良かった」というドンヒに「お前が死ねば、お前の母さんや

ドンジュとドンウォンはどうなるの? 生んでくれた母親はどうするの?」 と親身になるグクスに

「残った家族が見守るだろう。自分みたいなら気がかりだ。 そのまま分かる前に死んだほうがましだ」 

と投げやりです。ジョンアを諦めた喪失感が大きいのでしょうか…

布団を並べて眠る チャン・ソシム (ユン・ヨジョン)とハ・ヨンチュン(チェ・ファジョン)の部屋で

ドンヒの名前を呼ぶヨンチュンの寝言で目覚めたソシムはヨンチュンが起きたので寝たふりをします。

ヨンチュンはそっと部屋を出てドンヒが入院している病院に行きドンヒの部屋の前に着くと、ソシムも

追って来てドンヒの怪我を知らないため 「ヘウォンの母親に謝りに来たなら病室はここではない」と

いいますがヨンチュンは何もいえず、様子が変だと察知したソシムが「ここに誰か入院してるのか?」

といったので結局ヨンチュンは、ドンヒが怪我をしたこと、兄嫁さんに知れたら人が大勢死ぬこと、

自分はドンソクとドンヒが戦ってドンソクが死ぬ夢をみたが夢は反対になるから死ぬのはドンヒだと

打ち明けました。隠していたことを謝って帰ろうとするとソシムは 「ドンヒの部屋に行ってみろ。

私は知らないふりをするから、生きているのか死んでいるのか確認してみろ」といってくれました。

ドンヒの病室に入ってドンヒを見つめるヨンチュンは、ドンヒを捨てた雪の日のことを思い出します。

家の門の前に泣いているドンヒを置いて手紙を添えました。この子どもの父親はカン・テソプさんです。

守り神さま(守護神さま、ご先祖さま) よく育ててください。
またベッドのドンヒを見つめながら

「私と生きれば 私の運命に似てしまうと思い雷に打たれて死ぬ覚悟でお前のお父さんの家に捨てに

行ったがこうやって生きている。このように暮していて自分は何になるのか…」とぶやくヨンチュン。

一方先に帰ったソシムは家の中庭に座り込んで、ヨンチュンの夢とドンヒの怪我を心配しています。

そこへ帰って来たドンソクがソシムの様子を心配して尋ねると、「ヘウォンとまた会っているのか?

家勢が傾いても私たちのような人が会うことのできる人とは違う」 と答えるソシムに少し興奮して

「私たちのような人とはどんな人なのか」 とドンソク。「お前はどうにもならない私の息子。醜い私の

息子なのにどうするのか。それが汚くて恥ずかしければ、チャン・ソシムの息子ではない。戸籍でも

えぐって出て行け!」というソシムに、「今、それがお母さんという人が息子にする話ですか?」と

悲しげな表情をして答えました。「ヘウォンを諦めて他の女と会え」といって部屋に戻ったソシムは、

「自慢だよ。奴の家は家政婦をしていたが、本当に自慢だよ。金メダルでもさげてあげたい…」と

やり場のない悲しみと怒りと息子への愛情を交差させながら号泣して苦しんでいます。

同じ頃、ドンソクとヘウォンもそれぞれ1人きりで苦しみの渦中にありました。

オ・スンフン (パク・ジュヒョン)はヘウォンを訪ねて食事に誘いますが断られました。

そのヘウォンは鏡を見ながらドンソクとのキスを思い出しています。

カン・ギス (オ・ヒョンギョン)の顔を拭って朝の世話をするドンソクに「自分にはソシムが一番で、

ドンソクがいくら凄い検事でもソシムの次だ。絶対にソシムを泣かすことはするな」と話します。

病室で目覚めたドンヒが自分のそばでうつ伏せになって手を握るヨンチュンを見て手を取り払うと

「お前が死んだか確認しにきた」というヨンチュン。「度々こんな馬鹿げた行動をすれば母さんに

いいつけて駆けつけてくることになるから賢明に判断して休んで~」 といって出て行きました。

ドンヒの病室を出たヨンチュンにちょうど近くを通りかかった イ・ミョンスン (ノ・ギョンジュ)は、

「私に謝りに来たの?私の部屋はあっちだから」 と指さしますが、当然謝る気持ちは毛頭ないので、

「髪の毛がとても多くて心配なの? お前の髪を選んでおいて私たちの双子坊ちゃんに差し上げれば?

もう一度兄嫁さんを侮辱したら病室でない霊安室にぱっと投げ込むから」と憂さを晴らしました。

家に帰りながらヨンチュンは昨晩ソシムがドンヒを見てきなさいといったことを思い浮かべて、

「もしかすると自分がドンヒの生母だと見抜いているのか? そんな訳ない」と首を横に振りますが…

ふとんを洗濯するソシム。 そこへ カン・ドンオク (キム・ジホ)が来て手伝いながら尋ねます。

「母さん。私にご飯を食べようといって可愛いという人は本当にみんな悪い人なの?」それを聞いて

何かあったのかもしれないと心配になったソシムは「とにかく気をつけて10回は見るべきだ」と

念を押すように話しているところで突然門が開き、保健所の所長がミン・ウジン(チェウン)を連れて

やって来ました。所長はウジンを新任の医師だと紹介し、驚いたドンオクは倒れてしまいました。

カン・ドンタク (リュ・スンス)はカン・サンホ (キム・グァンギュ)を見て自分は全てにおいて

叔父さんたちよりましだといってサンホを怒らせます。ドンタクはカン・サンシク (キム・サンホ)の

隠れた彼女であるチェ・ミスク(ユン・ジスク)を好きになったのに、彼女からサンホと結婚するから

自分はドンタクの叔母になる人だといわれ納得できません。サンホは日頃ミスクを嫌っているのに

「ミスクは本当に目が高い」と得意げですが 「夢に現れたら怖くなる人」だと本音も漏らしました。

サンシクとミスクは車の中でミスクを気に入ったドンタクについて話しをしています。

女性の好みが変わっているドンタクのために、ミスクが綺麗にして化粧して可愛くすればいいと提案

するサンシクですが… ミスク役のユン・ジスクさんは元客室乗務員で正装した姿がとても美しいです。

マッサージショップで顔の手入れをするドンタクと チャ・ヘジュ (チン・ギョン)は、ドンタクが現在

ミスクに夢中なのを知る由もなく、自分のことを愛していると勘違いしています。ドンタクを見ながら

「避けずに私の目を見なさい。今、君は自分を欺いていないか? 下手すると私たち手始めもできなくて

終わることになる。 君がためらう間に私はこのパックのように落ちてしまう…」ヘジュの尽きない妄想に

「ドラマのオーディションを受ける演技の練習なのか? 今度はせりふが多いね」というドンタク。

保健所所長と一緒にギスの部屋にやってきたウジンに、ギスは年齢と誕生日と生まれた時間を尋ねて、

時間は分からないというと 「すぐにご両親にお尋ねして教えてほしい。医師と患者も相性を見てから

決めなければならない」と厄介なことをいいます。ギスの部屋を出たウジンは台所で人形と対話する

ドンオクの声に耳を傾けます。ドンオクは母にいわれたことを人形に話ながら記憶していると気づき

ウジンはこれまでの出来事を何となく納得した様子です。

ヘウォンが働くコーヒーショップに来て注文したドンソクは、飲み物が出来るのを座って待っていると、

ドンソクを意識したヘウォンが別のお客さんの注文で失敗すると笑います。そうするうちにドンソクの

飲み物が出来たとブザーが鳴り、それをヘウォンにあげて「美味しく飲んで」と出て行きました。

チョ・ミョンナン(ユン・ユソン)は教頭として小学校に赴任して来ました。その初日、綺麗に塗った

ベンチに座って空が美しいと感激して自分撮りを楽しんでいます。用務員のサンシクはカラフルな

ベンチにボンドを塗って動物の人形を固定する作業をしていました。ボンドを塗って少しその場を

離れていたサンシクが人形をかかえてやってくると、なんとボンドの上に座っていたミョンナン…

キム・マリ (イ・エリヤ)先生のクラスは家族紹介の時間です。 チキン屋を営む女の子の家族紹介

の後、ドンヒの消息を知りたい先生は、カン・ドンジュ (ホン・ファリ)とカン・ドンウォン

(チェ・グァンス)を指名して2人を黒板の前に立たせました。ところが2人はドンソクの話しかしません。

他の兄弟の話もしてほしいと仕向けますが「ドンヒの話はしたくない。別に褒めるところがない」という

2人に「お兄様はどんな人? 兄ならばドンウォンに似てるだろう」と尋ね、「ドンウォンよりは

もう少しハンサムで先生が好きなアイドルのようです」とドンジュが仕方なく答えているところで

授業が終わるチャイムが鳴って、残念がるマリ先生…

グクスが運転する車で小学校にドンジュとドンウォンを見に来たドンヒは、下校する子どもたちの姿を

見て微笑むので、「もうちょっと生きたい気がするか」と尋ねるグクスに「あ~」と短く返事しました。

ドンソクはヘウォンにメールで「夕食を一緒にしよう」と誘い、ときめいたヘウォンは近所の衣料品店で

可愛いブラウスを買ってそのまま着て店を出たところで携帯電話が鳴りました。国際電話です。

「もしもし、どなたですか?」と電話に出て次の瞬間、顔が青くなり手に持っていた荷物を落として

悲しんでいるヘウォン… ドンソクは待合せのコーヒーショップにヘウォンがいないことを確認して

電話をかけると電源が切られていました。12話はここまでです。

電話の相手は誰なのか? ヘウォンが案内するといっていたパク・スンスンはどうしているのか?

意識不明だったハン部長がまた狙われる可能性はあるのか? 事件関係の進展も楽しみです。

関連記事
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク