52. この本がフィクションだったなら

4月17日に封切りされた 「クロッシング」 が各方面で大きな反響を呼んでいます。

私は事前に鑑賞し自信を持ってお薦めしたい素晴らしい作品だと思い、このブログでも

たびたび紹介してきましたが、正直言って、これほど話題になりマスコミにも好意的に

取り上げてもらえるとは思っていなかったので嬉しい限りです。

この困難な世の中では 「自分のことで精一杯」「映画は娯楽だから楽しくないと…」と、

考える人がもっと多いかと思っていましたが、世の中まだまだ捨てたものではないですね。


それで私は、脱北者の現実をもっと深く知りたいと思い、今度は本を読み始めました。

脱北、逃避行  野口 孝行 著
  脱北、逃避行  野口 孝行 著


体調が優れない時などは読みたくないような、重苦しく辛い内容を覚悟していたところ

文章の巧みさから来るものなのか、冒頭からぐいっと引き込まれました。

何故か緊迫感がとても心地良く、ノンストップで行けそうな面白さではありませんか!!

表紙画像をご覧になって頂ければ、「面白い」 などとは不謹慎と思われるかもしれませんが

この本が現実に起こったことではなく、フィクションだったとしたら、優れたサスペンス小説

として、もてはやされるかもしれないとさえ思いました。

読者の目線は、著者の野口さんとなり、野口さんの体験を、そのまま自分自身が演じて

いるかのような錯覚に駆られます。時間に余裕があれば一気に読み終わったはずですが

最近とても忙しく、細切れの読書を余儀なくされ、残念ながらまだ途中です。

いずれ落ち着いたら、じっくり感想を書きたいと思いますが、これほど面白い作品は

最近にはなかったので、なんだか先走って失礼しました。


ふと我に返ると、この本は当然ノンフィクションで、本当に起こった出来事であり、

現在進行形で起こっている出来事だという事実が重くのしかかって来たものの、

いずれ迎えなければならない大きな変化を強く望む気持ちが勝って、跳ね除けました。

つづく
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク