51. どんな時でも韓国語

「39. 心の応急処置」 が必要な程ではなくても、何となくモヤモヤとした嫌な気分に囚われて

しまうことがあります。そんな時、韓国語のレッスンのことを考えると自然にウキウキして来る

から不思議です。この気持ちは、ここ1ヶ月くらい顕著に現れており、自分でもいったい何が

それほど楽しいのかわからないのですが、今の私にとって、いわゆる生き甲斐的存在です。

だからと言って、レッスンは決して順調ではありません。

順調でないとは物理的問題ではなく、私自身の習熟度に関してのみですが…


考えてみると私は定期的に身近な生き甲斐が変わります。少し前は 「ピアノを弾くこと」 で

ショパンノクターン13番を練習する為、会社にいても旅先でも早く家に帰りたいと思いました。

「早く家に帰ること」 そのことだけでウキウキしたのです。

その前は 「長編小説」、その前は 「筋トレ」、その前は 「水泳」と、ず~っと遡って

どこまでも遡ってゆくと…


一番古い記憶は、「競馬」 でした(笑) 「はぁ~? 競馬が好きだったの?」と、

言われてしまいそうですが、私の家は、多摩川沿いにあり、多摩川の土手に立って

川を背にすれば 「耳をすませば」 の丘が見え、その反対だと 「東京競馬場」 が見えます。

その環境から子どもの時、競馬場は絶好の遊び場でもあって、美しく大きい競走馬に

魅せられたのも不思議ではありません。そんな訳で 「競馬」と言っても子どもなので

馬券を買うことではなくて 「競走馬への憧れ」といった気持ちでした。

小学生の私が興味深かったのは競走馬の「血統」で、その馬の、お父さん、お母さんを筆頭に

お祖父さん、お祖母さん、曾お祖父さん、曾お祖母さん、曾曾お祖父さん、曾曾お祖母さん

と続く 「血統表」 に何とも言い知れぬ魅力を感じたと同時に、血統が何より優先される

世界を垣間見て、子どもながらに人間も同じように血統が優先されたら良くないなぁ~

と思いました。でも競走馬に関しては、間違いなく血統が成績に反映されており、

そのことが不思議な浪漫のようであり、ウキウキする事柄でした。

ちなみにご贔屓は、スピードシンボリ と アローエクスプレス、この2頭の躍動感溢れる

名前を聞いただけでウキウキしました。


そして、現在は韓国語。

言葉が自由に使いこなせれば、間違いなく世界が広がり、新しい発見があると思うので、

その期待感から来るウキウキのような気がします。


ただし ここに書く時の 「韓国語」 という呼称すら、どうしようか考えてしまう現実があります。

韓国・朝鮮語と書くべきなのか、でも 呼称問題の記述 によれば、両方書いたからと言って

済む問題ではなさそうです。両方書くと順番が問題になるような…


飛び込む勇気だけを武器にして、これからも地道に勉強を続け、新たな発見を目指します。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク