482. 韓国ドラマ 「ルビーの指輪」 89話~92話

謹んで新年をお祝い申し上げます。

「永遠に続く道」 を訪れてくださる皆さま、本年も宜しくお願いいたします。

韓国KBS 2TV で8月19日(月)から始まった毎日連続 (月~金) ドラマ 「ルビーの指輪」 を

KBS 公式サイトの 「再視聴」 にある各回のあらすじを参考にしながら こちら から無料視聴中です。

89話~92話の 「あらすじ」 「視聴の感想」 「あらすじの補足」 をUPします。


ルビーの指輪
このドラマは性格と容貌が違う双子の姉妹が交通事故に遭い、
11話から顔と運命が逆になって反対の人生を送る物語ですが、
当ブログでは1話~10話での名称をそのまま11話以降でも使用しています。



先週と同様に予告の 「あらすじ」 が混乱しましたので、追加された部分は 青色 で表示しました。
又、90話は91話の内容がUPされているので取り消し、訂正された場合はその時に追記します。


제89부 :: 루비반지 :: 12월 30일 월요일 저녁 7시 50분
길자는 떠나겠다는 루비 때문에 마음이 착잡한데, 때마침 가게로 루나가 찾아온다.
루나는 루비가 떠난다는 말을 들었다며, 길자에게 돈봉투를 내민다.
화가 치민 길자는 루나에게 당장 가지고 돌아가라며 돈봉투를 집어던지고,
루나는 또다시 서러움과 분노를 느낀다. 한편, 춘천병원에 도착해 집도의를 만난
배회장은 진료기록을 통해, 교통사고 당시 루나가 임신 중이었고 사고로
유산한 게 사실임을 확인한다. 그리고, 몇 달 전, 아기 초음파 사진을 들고
루비가 찾아왔었다는 뜻밖의 얘기를 듣는다. 사고 당시에 임신한 건 루나였는데,
임신을 한 적 없는 루비가 자신이 임신한 게 맞냐며 확인을 위해 찾아와서
이상했다고 말하는 집도의. 배회장 역시 집도의의 말을 듣고 강한 의혹을 느끼고,
뭔가 자신이 몰랐던 루나의 비밀이 있음을 알게 되는데...
찜찜한 마음으로 귀가한 배회장. 그 사이 일순과 가족들은 외식을 하러 나가고,
때마침 김실장으로부터 루나에 대한 뒷조사 서류가 도착해 서재 책상 위에 놓여 있다.
막 서류를 읽으려는 순간,때마침 귀가한 루나와 맞닥뜨리고, 배회장은 사고 당시
임신했던 사실을 알고 있다며 모든 걸 털어놓으라고 루나를 다그친다.
놀란 루나는 당황한 기색을 애써 감추며 오해라고 잡아떼고 방으로 가버린다.
그러나, 뒷조사 서류를 살펴보던 배회장은 누군지 알 수 없는 번호로 수차례
루나가 통화했었다는 사실을 알게 되고,다시 경민의 방으로 찾아간다.
한편, 모든 사실이 들통날 위기에 처한 루나는 곧바로 인수에게 전화를 걸어
미리 입막음을 시키려는데 때마침 둘의 대화를 엿듣는 배회장.급기야 루나는
분노한 배회장과 격한 언쟁을 벌이고, 배회장은 심장 발작을 일으키며 쓰러지는데…

第89話 「ルビーの指輪」 12月30日(月)夜7時50分
ギルジャは去るというルビのために複雑で心が入り乱れているが、ちょうど店にルナが訪ねてくる。
ルナはルビが去るという話を聞いたと、ギルジャにお金の袋を差し出す。
怒りが込み上がったギルジャはルナに今すぐに持って帰れと言いながらお金の袋を投げ、
ルナは再び悲しみと怒りを感じる。一方、春川病院に到着して、執刀医に会った
ペ会長は、診療記録を通じて交通事故当時、ルナが妊娠中であったこと、事故で、
中絶されたのが事実であることを確認する。そして数ヶ月前に赤ちゃんの超音波写真を持って
ルビが尋ねて来た意外な話を聞く。事故当時、妊娠したのはルナだったが、
妊娠したことのないルビは自分が妊娠したのが合っているのか確認するために尋ねてきて
変だったと話す執刀医。ペ会長も執刀医の話を聞いて強い疑惑を感じ、
何か自身が分からなかったいルナの秘密があることを知ることになる…
気まずい心で帰宅したペ長。その間イルスンと家族は外食をしに行き、
折しもキム室長からルナに対する内偵調査書類が到着し書斎の机の上に置かれている。
ちょうど書類を読み取ろうとする瞬間、折しも帰宅したルナとかち合い、ペ会長は事故当時、
妊娠していた事実を知っていると、すべてを打ち明けなさいとルナを急き立てる。
驚いたルナは慌てたそぶりを努めて隠して誤解だとシラを切って部屋に立ち去る。
しかし、内偵調査書類を見てみたペ会長は誰なのか知ることができない電話番号に数回
ルナが通話したことを知り、再びギョンミンの部屋を訪ねて行く。
一方、すべての事実がばれる危機に瀕しているルナはすぐに、インスに電話をかけ
事前に口止めをさせようとするが、折しも2人の会話を立ち聞きしたペ会長、遂にルナは、
怒ったペ会長と激しい口論をして、ペ会長は心臓発作を起こして倒れた…



제90부 :: 루비반지 :: 12월 31일 화요일 저녁 7시 50분
第90話 「ルビーの指輪」 12月31日(火)夜7時50分


제91부 :: 루비반지 :: 1월 1일 수요일 저녁 7시 50분
루나와 루비가 성형수술로 얼굴이 바뀌었음을 입증하는 각종 서류와 증거들을 눈 앞에 두고도
도무지 믿을 수 없다며 괴로워하는 경민. 그 길로 장모 길자에게 달려간
경민은 그 모든 게 사실이냐며, 장모님은 알고 계셨나며 다그친다. 길자는 눈물을
흘리며 모든 게 자신의 탓이라며, 용서를 구한다. 길자와 경민의 대화를 들은
초림 역시 충격에서 헤어 나오지 못한다. 경민이 돌아간 뒤, 길자는 다급히 루나에게
전화를 걸지만 연락이 되지 않는 루나. 그날 밤, 귀가한 루나를 무섭게 노려보는 경민.
당황한 루나에게 경민은, 과거 프러포즈 때 자신이 루비반지를 끼워주며
했던 말이 뭐였는지 말해보라고 차갑게 묻는데 ...
루나와 경민의 말다툼 소리에 놀라 2층으로 달려온 일순과 가족들. 그러나 경민은
굳은 얼굴로 나가버리고,루나는 초조하게 경민을 붙잡으려 쫓아나간다.
그 길로 루비를 찾아간 경민.모든 걸 알게 된 뒤 마주한 루비를 보며 경민은
죄책감과 애절함을 느끼며 마음이 복잡해지고, 루비 역시 안타까움의 눈물을 흘린다.

第91話 「ルビーの指輪」 1月1日(水)夜7時50分
ルナとルビが整形手術で顔が変わったことを証明する各種書類と証拠を目の前に置いても
まったく信じることができないと苦しんでいるギョンミン。直ちに義母ギルジャへ走って行った
ギョンミンは、そのすべてが事実か、義母は知っていたのかとたたみかける。ギルジャは涙を
流して、すべては自分のせいだと許しを求める。ギルジャとギョンミンの話を聞いた
チョリムはやはり衝撃から抜け出せない。ギョンミンが帰った後、ギルジャは慌ただしくルナに
電話をかけるが連絡が取れないルナ。その夜、帰宅したルナを恐ろしく睨むギョンミン。
慌てたルナにギョンミンは、過去プロポーズしたとき自分がルビーの指輪をはめてあげて
言った言葉は何だったのか言ってみろと冷たく問うけれど…
ルナとギョンミンの口論の声に驚いて2階に駆けて来たイルスンの家族たち。しかしギョンミンは
固い顔で出て行き、ルナは懸命にギョンミンを捕まえようと追いかけていく。
直ちにルビを訪れたギョンミン。すべてのことを知った後、向き合ったルビを見てギョンミンは、
罪悪感と切なさを感じて心が複雑になって、ルビもやるせなさに涙を流す。



제92부 :: 루비반지 :: 1월 2일 목요일 저녁 7시 50분
경민과 헤어진 뒤 거리를 배회하던 루비는 자신도, 경민도 어찌할 수 없는
현실을 절감하며 괴로움의 눈물을 흘린다. 그 시간, 친정으로 간 루나는
왜 아니라고 잡아떼지 않고 모든 걸 인정했냐며 길자를 향해 패악을 퍼붓는다.
자신이 친 딸이 아니라서, 데려와 키운 딸이라서 그런 거 아니냐며 소리치는 루나.
그런 루나에게 길자는 아니라고, 데려온 딸은 루비라고 털어놓으며 눈물을 흘린다.
충격으로 일순간 멍해지는 루나.도무지 인정할 수 없는 사실 앞에서 도망치듯 나는
집을 뛰쳐나간다. 한편, 괴로운 마음으로 홀로 술을 마시던 경민은 인수를 불러내고,
분노에 찬 눈빛으로 인수를 노려보는데 ...
第92話 「ルビーの指輪」 1月2日(木)夜7時50分
ギョンミンと別れた後、通りをさまよったルビは、自分もギョンミンもどうしようもない
現実を痛感して苦しみの涙を流す。その時、実家に行ったルナは
なぜ違うとシラを切らず全てのことを認めたのかとギルジャに対して酷い言葉を浴びせる。
自分が産んだ娘ではないので連れてきて育てた娘なので、そうしたのではないかと叫ぶルナ。
そんなルナにギルジャは違う、連れて来た娘はルビだと打ち明けて涙を流す。
衝撃に一瞬戸惑うはルナ。まったく認めることができない事実の前に逃げるように
家を飛び出していく。一方、辛い気持ちで1人酒を飲んでいたギョンミンは、インスを呼び出し
怒りに充ちた目つきでインスを睨む…


*뒷조사  後調査 → 内偵調査
*화가 치밀다  怒りが込み上がる



89話は動画の一件で疑惑が深まったペ会長が、キム室長に調査を依頼し、自分でも春川に出向き、

又、ルナがインスにかけた電話を立ち聞きして、全ての真実を知ることになりました。初めて逢った

事故前のルビと事故後のルビ (ルナ) に違和感を覚えて結婚に猛反対したイルスンの姿が真っ先に

浮かび、それに自身も同調すればよかったと臍(ほぞ)を噛み、もともと心臓に持病があったペ会長は、

ルナに激しく問い質し口論している最中に無念にも命を落としてしまいます。ペ会長役のベテラン俳優

チョン・ドンファンさんの演技があまりにリアルで、「心臓発作による壮絶な最期」 に絶賛の声が多数

あがりました。心臓を押さえて苦しむペ会長に対し、ルナはとうとう最後まで白状せず嘘をつき通し、

倒れた直後に救急車を呼ぶことも応急処置もせず、まもなく外出から戻ったギョンミンと家族たちに

慌てながら 「出かけて帰って来たら 2階でお父さまが倒れておられた」 とまたもや嘘をつきました。

帰らぬ人となったペ会長の葬儀が終わり一段落した日、遺影を見て涙ぐむギョンミンを励まそうとする

イルスンもまた泣き崩れ、ギョンスクも夜眠れず、突然の死を受け入れられない家族たちでした。

90話、職場でもペ会長を失った悲しみとこれからの不安に苦しむギョンミンに 「義兄なら出来る」と、

吹っ切れたように装いながら優しく励ますルビ、そんなこと言っている場合ではないと苛立つ視聴者。

ギョンミンにキム室長から連絡が入りペ会長の依頼で調査された 「チョン・ルビ動画分析報告書」が

オフィスに届けられました。ギョンミンは動画は合成でなく本物だと断定できる証拠が揃った内容に

驚愕し、相変わらずシラを切るルナに、これまでにない強い口調で問い質し 「韓国の国民を騒がせて

おいて知らないなら君は人間でもない」 と一喝しました。1人になったルナは車の中で呪文のように

「私はチョン・ルビだ」 と繰り返しつぶやき、もはや精神に異常をきたしているように見えます。

外国に行こうとルビに言われたインスは、会社に辞表を出し引っ越しの準備も済ませ何時でも旅立てる

状態になっていました。そこへ突然押しかけたルナは 「ギョンミンに私(インス)が脅してその動画

を撮ったと言ってほしい」 と強引に頼み、呆れながらきっぱり断るインスに 「一番悪い人はナ・インス

お前だ。天罰を受けるのは私でなくお前だ」 と激怒して辺りの物を投げつけました。

ルビも会社に辞表を出して、後任に大阪出身の日本人女性が入社し、ちょうど歓送迎会をしている最中、

インスはルビを訪ね 「ギョンミンに動画の件がばれたとルナが押しかけて来た。やはり外国へ去るのは

もう一度よく考えた方が良い」 と伝え、それに対して目に涙を浮かべながら何も言わないルビ。

その頃、ギョンミンのオフィスにキム室長から新たな資料が届き、中身はルビが動画をインターネットに

あげる前に消した音声が復元されたファイルで、それにより相手の男性はインスだと判明しました。

90話を視聴直後、キム・ソックンさん (ギョンミン) とイ・ソヨンさん(ルナ) が2013年KBS演技大賞

連続ドラマ優秀賞を受賞したとのニュースが飛び込んできました。私の思い入れが強かった

パク・クァンヒョンさん(インス)とイム・ジョンウンさん(ルビ) が受賞を逃し残念な気持ちですが、

ドラマが注目を浴びて認められたことに関しては嬉しかったです。

91話、キム室長から届いた資料の中に動画以外のファイルもあり、それは姉妹が事故を起こす直前に

駐車したパーキングエリアのCCTVから見つかった画像でした。ギョンミンが婚約してルビに贈った

ピンクのワンピースをルナが着て運転席に座っており、警察の事故記録 「運転手=ルビ」と矛盾します。

結婚してから妻に対して次々沸き起こった疑惑と、理解が難しかった義妹の様子を回想して、2人の

顔が入れ替わったことにようやく気づいたギョンミンはショックで腰を抜かしてしまいました。

ギルジャを訪ねたギョンミンは怒りをあらわにして問い質し、ギルジャは「全て私の罪だ」 と涙を

見せながら謝罪したものの、こともあろうに 「すべて忘れて容赦してルナと暮らしてくれないか」と

信じがたい言葉を発し、心労のあまりに神経衰弱状態なのかもしれませんが理解に苦しみました。

ギルジャの頼みに 「私はまた事故前に戻します。このようにルビを見送ることは出来ない」と激しく

怒って席を立って行ったギョンミン、ちょうど帰宅したチョリムとドンパルも2人の話を聞いてしまい

姉妹の顔が入れ替わった事実を初めて知ることになりました。

ギョンミンは青ざめた顔で自宅に戻り自室に鍵をかけて 「お前の名前は何だ!」 とルナを問い詰め、

「お前はチョン・ルビではないから婚約当時の約束も分からない、私が永遠に騙されると思ったのか?

チョン・ルナ! お前のために父も亡くなったのか? 言ってみろ、うちの父に何をしたの!」 と激しい

怒りを抑えられず化粧台の物を投げつけ、それに対し 「私はチョン・ルビだ」 と恐怖に震えながら

繰り返したルナは、「成功したかった。高く飛びたくてそうした。この悲惨さをあなたは知っているか?」

と遂に白状したものの、反省の姿勢は皆無で開き直ったような狂ったような態度でした。

2階の騒然とした様子を1階で心配した家族たちを代表してグミが駆けつけ、ドア越しに立ち聞きし、

慌てて様子を伝えているところでギョンミンが家を出て行き、取り残されたルナにセラが尋ねると

「ギョンミンさんが変です。妻に暴力を振るうところをお聞きになったのではないですか?

ギョンミンさんを早く捕まえなければなりません。私、ギョンミンさんと夕食の約束をしました。

私、大丈夫でしょう?」 と本当に狂ったのか狂人を装ったのか不明な状態で出て行きました。

家を飛び出したギョンミンは車の中から電話をかけ、「ルビなの」 と言って、それを受けたルビは

涙があふれ、その後2人はカフェへ。 「こんなふうに逢うまでにあまりに長く待った」 とルビ。

「もっと早く言ってくれなかったの」 と尋ねるギョンミンに対し、「私がどうして話すことができたの?

既にルナの夫で私の義兄だった。誰よりも私をよく知り、私を愛する人はギョンミンさんだと信じて

いたのにギョンミンさんは愛していた女性を全然調べようとしなかった。私は去ります。私にとって

ギョンミンさんは義兄であるだけ…」 と切なく悲しい答が返されました。視聴者にとって待ちに待った

「ギョンミンが真実を知った日」、視聴率は 24.6% とこれまでの記録を大幅に塗り替えました。

92話はカフェの続きからです。ルビはギョンミンに 「愛していた。私の命をかけても惜しくないくらい。

でも私たちはここまでね。義兄、私の妹ルナを見て。ルナの欲心、欲望を初めは理解できなかった。

容赦できなかった。しかし理解する。理解しようと思う。妹だから」 とルナを赦す言葉を口にしました。

それに対しギョンミンは 「いや、だめだ。これは間違ったことだ。私たち外国に発って住むこともできる。

君が行くのならすべてを捨てることができる」 それでもルビは 「もうギョンミンさんを愛していない。

ギョンミンさんとした約束、その指輪を死ぬまで手から抜かないと言ったその約束、守れなかった瞬間

その愛は蜃気樓のように消えたのか分からない…」 そして手を握ろうとするギョンミンを振り切って

外に出たルビは雪が降る街をさまよいながら 「こめんね。ギョンミンさん、私はまだあなたを愛してる」

と言って座り込み号泣しました。その頃ルナは、実家に行ってギョンミンに秘密を白状したギルジャを

責め立て 「私はどこから転がって来たかも分からない石ころじゃないの。私が実の娘じゃないから

母さんは私を愛してくれない」 と大声を張り上げると、ギルジャは 「私の実の娘はルビでなくお前だ。

お前をたくさん酷い目にあわせたのは私の実の娘だから、もうちょっと良くできたらと思う念願だった」

と涙で顔をぐちゃぐちゃにしながら言いました。茫然自失のルナ、「嘘つくな、どうしよう! 違う」と

驚いて逃げるように家を飛び出して車の中で過去を回想しながら慟哭しました。

一方、ギョンミンは個室のあるバーにインスを呼び出し 「真実から逃げるのか。悪いやつ」 と言って

インスを殴り、その後 「お前は分かっていたんじゃないか? お前の薄っぺらな考えのためどれだけ

多くの人が傷ついたか考えた事があるのか。汚いやつ。君がどうしてルビと去らなければならないのか」

と泣きながら訴え、インスが「私のために、このようなことになり申し訳ありません」 と謝罪すると

「ナ・インスさん、このゲームで最終利勝したのはあなただから、ルナの代わりにもっと大事なルビを

得たのだから、このたまらない現実から逃げたいでしょう。ことがこれほどまでになるとは思わなくて、

やらかしたこと、後悔して恐ろしくて怖いだろう。しかしナ・インスさん、1つだけぜひ頼む。私のルビ。

私が愛したルビを2度と傷つけないでくれ…」 そして深酒したギョンミンを家まで送ってから自分の

集合住宅に戻ったインスは自身を 「狡猾な利己主義者、日和見主義者」 と言いながら責めました。

行くところがなくなったルナはウンジの家に泊まりギョンミンからの電話で目を覚まして会いに行くと

離婚届けの書類を突き出され 「もうあなたと言う女とは2度と絡みたくない。結婚は抜け殻だった。

詐欺だった。うちのお父さんが、そんなに狼狽えるように逝かれたことを考えれば、今すぐにあなたを

刑務所に送り込みたい。一抹の良心が残っていれば早くサインして会社に送れ」 と一方的に言って

席を立ちました。謝罪すらせず無言で見送ったルナは、その場でルビを呼び出し、車の助手席にルビを

乗せて猛スピードで走らせ 「お前のせいだ。お前のせいだ」 と呟くルナにルビが 「やめてルナ」 と

諭すと、狂ったように 「ルナじゃない。チョン・ルビだ」 と叫ぶルナ。

2人の行き先はどこなんでしょうか? いよいよ明日が最終回、ハッピーエンドを願っています。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク