476. 韓国ドラマ 「ルビーの指輪」 74話~78話

韓国KBS 2TV で8月19日(月)から始まった毎日連続 (月~金) ドラマ 「ルビーの指輪」 を

KBS 公式サイトの 「再視聴」 にある各回のあらすじを参考にしながら こちら から無料視聴中です。

「あらすじ」 「視聴の感想」 「あらすじの補足」 を1週間まとめて週末にUPしています。


ルビーの指輪 相関図 (キャスト&登場人物)
韓国ドラマ ルビーの指輪 相関図 (キャスト&登場人物) (クリックすると大きくなります)


제74부 :: 루비반지 :: 12월 9일 월요일 저녁 7시 50분
루나는 마침내 시댁으로 돌아오고, 일순은 그동안 맘고생을 했을 루나를 위해
사골국을 끓이는 등 정성을 들인다. 서로의 마음을 확인한 동팔과 초림은 형편상
식은 치르지 않고 곧바로 살림을 합치기로 결정하는데, 둘의 사정을 전해들은 경민은
제주도 농장에서의 조촐한 결혼식을 주선한다. 드디어, 초림과 동팔의 결혼식날.
제주도에 도착한 가족들은 좋아서 어쩔 줄 모르지만, 10년 전 경민과의 추억을
떠올린 루비는 슬픔에 잠긴다. 결혼식 전 날, 초림은 그곳에서 자신의 첫사랑이자
농장 관리인으로 있는 중학교 동창 광수와 마주치고 혼란스러운 감정을 느끼는데...
第74話 「ルビーの指輪」 12月9日(月)夜7時50分
ルナは遂に婚家に戻ってきて、イルスンは、これまで気苦労をしたルナのために
牛骨スープを沸かすなど真心を込める。お互いの心を確認したドンパルとのチョリムは都合上
式はとり行わずすぐに暮らし始めることにするが、両方の事情を伝え聞いたギョンミンは、
済州島の農場でささやかな結婚式を手配します。ついにチョリムとドンパルの結婚式の日。
済州島に到着した家族は嬉しくて仕方ないが、10年前にギョンミンとの記憶が
浮かんだルビは悲しみに沈む。結婚式の前の日、チョリムはそこで自分の初恋であり、
農場管理人である中学校同級生のグァンスと出くわして混乱する感情を感じるが…


제75부 :: 루비반지 :: 12월 10일 화요일 저녁 7시 50분
초림과 동팔의 결혼식 후, 홀로 벤치에 앉아 10년 전 경민과의
억을 떠올리며 회한에 잠기는 루비. 그런 루비가 신경쓰인 루나는루비를
뒤쫓아오고 급기야 둘은 격한 말다툼을 벌인다. 우연히 화장실을 찾아
헤매던 길자는 말소리를 듣고 다가가고, 루비와 루나의 말다툼을 목격하게 된다.
둘의 말다툼을 엿들은 길자는 알 수 없는 대화에 강한 의심을 품게 된다.
루나와의 말다툼 후슬픔에 잠긴 루비는 홀로 바닷가 카페를 찾는다.
그곳은 과거 경민과의 특별한 추억이 담긴 장소. 루비는 그곳에서
경민과 운명적으로 마주치고, 경민을 향한 사랑의 감정이 새삼 되살아난 느낀 루비는
자신도 모르게 경민의 품에 안기는데...
第75話 「ルビーの指輪」 12月10日(火)夜7時50分
チョリムとドンパルの結婚式の後、1人でベンチに座って10年前ギョンミンとの
記憶が浮かんで悔恨にくれるルビ。そのようなルビが気になったルナはルビを
追いかけてきて、とうとう2人は激しい言い争いを繰り広げる。偶然にトイレを探して
迷っていたギルジャは、声を聞いて近づきルビとルナの口論を目撃することになる。
2人の口論を立ち聞きしたギルジャは、理解出来ない対話に強い疑問を抱くようになる。
ルナとの口論の後に悲しげなルビは1人浜辺のカフェを訪ねる。
そこは過去にギョンミンとの特別な思い出が詰まった場所。ルビはそこで、
ギョンミンと運命的に会って、ギョンミンに向けた愛の感情が新たに蘇った感じのルビは
自分でも知らないうちにギョンミンの懐に抱かれた…


제76부 :: 루비반지 :: 12월 11일 수요일 저녁 7시 50분
제주도에서의 마지막 밤. 침대에 누운 경민은 전날 바닷가에서 자신을 끌어안던
루비를 떠올리며 혼란스러움을 느낀다. 한편, 전날 밤, 술에 취해 찾아와
루나를 루비라고 불러대던 인수가 생각나 뭔가 꺼림칙한 기분을 느껴 잠을 이루지 못한다.
전날 결혼식에서 받은 하객들의 축의금을 확인하던 동팔과 초림은 길자가 봉투에 넣어둔
거액의 축의금과 장문의 편지를 발견한다. 길자의 편지를 읽은 초림은 새삼 길자의
진심을 깨닫고 감동의 눈물을 흘린다. 서울로 돌아온 루나는 또다시 냉담해진
경민을 보며, 제주도에서 루비와 뭔가 특별한 일이 있었을지 모른다는
불안감을 느끼고, 일부러 루비를 자극하기 위해 화장대에 넣어뒀던
루비반지를 꺼내 끼고 회사에 출근하는데...
第76 「ルビーの指輪」 12月11日(水)夜7時50分
済州島での最後の夜。ベッドに横になったギョンミンは、前日の浜辺で自分を抱きしめた
ルビが思い浮んで混乱を感じる。一方、前日の夜、酒に酔って訪ねてきて、
ルナをルビだと呼んでいたインスが思い出されて何か忌わしい気持ちを感じて眠れない。
前日の結婚式で受け取った招待客のご祝儀を確認したドンパルとのチョリムはギルジャが袋に入れた
大金の祝儀と長文の手紙を発見する。ギルジャの手紙を読んだチョリムは、あらためてギルジャの
真心を悟って感動の涙を流す。ソウルに戻ったルナは再び冷態になった
ギョンミンを見て、済州島でルビと何か特別なことがあったのかもしれないという
不安を感じ、わざわざルビを刺激するための化粧台に入れておいた
ルビーの指輪を取り出してはめて会社に出勤する…


제 77부 :: 루비반지 :: 12월 12일 목요일 저녁 7시 50분
회사 화장실 밖에서 길자가 듣고 있는 줄도 모르고, 루비와 루나는 더더욱 격한
말다툼을 벌인다.둘의 말다툼을 들으며 마침내 루비와 루나가 사고로 얼굴이 뒤바꿔음을
알게 된 길자는 충격으로 정신이 아득해짐을 느끼고, 도망치듯 그곳을 빠져 나온다.
반쯤 넋 나간 얼굴로 거리를 헤매는 길자.새삼 그동안 무심코 지나쳤던 의혹들이
물밀 듯 뇌리를 스쳐 지나가고, 길자는 진작 그 사실을 눈치채지 못했다는 죄책감에 오열한다.
한편, 길자, 초림, 동팔이 모두 가게를 비운 사이, 혼자 닭갈비집에서
손님을 상대하느라 고군분투 하는 소영.우연히 가게에 들른 지혁은 고생하는
소영을 돕기 위해 앞치마를 두르고, 소영은 지혁에게 은근 호감을 느끼는데.......
第77話 「ルビーの指輪」 12月12日(木)夜7時50分
会社のトイレの外でギルジャが聞いていることも知らず、ルビとルナはもっと激しい
口論を繰り広げる。両方の主張を聞いて、遂にルビとルナが事故で顔が入れ替えたことを
知ることになったギルジャは、衝撃で気が遠くなるのを感じ逃げるようにそこを抜け出してくる。
半ばぼんやりした顔で街をさまようギルジャ。あらためて、これまで何気なく行き過ぎた疑いが
潮が満ちるように脳裏を通り越しギルジャはもっと早くその事実に気づかなかった罪悪感に嗚咽する。
一方、ギルジャ、チョリム、ドンパルがすべてのお店を留守にしている間に、1人鶏カルビ屋で
お客さんを相手にするのに苦労しているソヨン。たまたま店に立ち寄ったジヒョクは苦労している
ソヨンを手伝うためにエプロンをかける、ソヨンはジヒョクに、ひそかに好感を覚えるが…


제78부 :: 루비반지 :: 12월13금요일 저녁 7시 50분
루나와 루비의 얼굴이 뒤바뀌었다는 엄청난 사실 앞에서 한없이 괴로워하는 길자.
당장 루나를 찾아가 다그치려하다가도, 그 후에 닥쳐올 후폭풍에 망설이며
피눈물을 흘리며 힘들어할 루비를 생각하며 끝 모를 죄책감에 시달린다. 이를 알 리 없는 루나는
과거 <정루비쇼>를 제작했던 방송사 국장의 러브콜을 받고 기대에 차서 방송국으로 향한다.
한편, 경민은 제주도에서 술에 취해 인수가 했던 말을 떠올리며 여전히 혼란스러워하고,
급기야 인수를 불러 그 말의 의미를 단도직입적으로 물어본다.진실을 원하는 경민 앞에서,
인수는 그냥 모든 사실을 털어놓아야하나 갈등하는데..
第78話 「ルビーの指輪」 12月13日(金)夜7時50分
ルナとルビの顔が反対になったという途方もない事実の前で限りなく苦しむギルジャ。
すぐにルナを訪れ、問いただそうとしながらも、その後に差しせまってくる後日の暴風に迷って
血の涙を流し苦しんでいるルビを考えて、終わりがない罪悪感に苦しむ。これを知る由もないルナは、
過去<チョン・ルビショー>を制作した放送局局長のラブコールを受け期待に満ちて放送局に向かう。
一方、ギョンミンは済州島で酒に酔って、インスが言った言葉を思い出しながら、まだ混乱して
とうとうインスを呼び、その言葉の意味を単刀直入に聞いてみる。真実を求めるギョンミンを前に
インスは、そのまますべての事実を打ち明けなければならないが葛藤する…


*넋이 나가다   魂が抜ける → ぼんやりした
*무심코   何気なく
*물(이) 밀다   潮が満ちる



今週は74話から始まりました。結ばれたチョリムとドンパルは、ギョンミンの好意に甘え済州島の

アロエ農場で結婚式をあげました。ケロ地の 済州島 アロエランドキムジョンウンアロエ

専用農場で約450種のアロエが成育されている「世界最大のアロエ専門植物園」だそうです。

アロエの花以外にもユリ、フリージア、チューリップ、スイセン、カトレアなどの球根類も植栽されて

四季折々の花を楽しめるとのこと、機会があればぜひ行ってみたいです。

ドラマではJMグループの所有で、チョリムの中学の同級生グァンスが管理人という設定でした。

一足先に到着していたギョンミンとルナのところに、ルビ、ギルジャ、チョリム、ソヨン、ドンパル、

テプン、ジヒョク、インスが訪れ、チョリムは堂々とギョンミンに 「私の息子です」とジヒョクを

紹介したので、とても感謝したドンパルでしたが、その後、グァンスの登場でドタバタしながら

どうにか前夜の函(ハム)渡しと結婚式が執り行われました。

函(ハム)はテプンが担ぎ、結婚式の司会はインスが担当、花嫁への手紙を用意し忘れて困った

ドンパルは イム・ジェボム(임재범) 告解(고해) 語りの部分を披露し周囲の笑いを誘いました。



イム・ジェボム(임재범) 告解(고해)


75話、ルビがセラから贈られたウェディングドレスをチョリムに贈り、伝統服からドレスに着替えて

会食が始まると、それを見て動揺するルナとインス。ルビもギョンミンとルナが並んで座る姿に

辛くなって席を外し、すかさず追いかけてきたルナは 「ドレスを叔母にあげた真意は何なの?」と

問い詰め、ルビは 「お前は昔から相手に良くしてもらうと下心を疑っていた。そんなに疑い深い

お前がどうして私の記憶が戻ってくると疑わなかったの?」 と返して激しい口論になったところを

偶然立ち聞してしまったギルジャ。その後ルビは1人で10年前のギョンミンとの思い出の場所である

浜辺のカフェに向い、設置してあった 「カフェノート(訪れた記録帳)」 を確認したりする同じ頃、

ホテルの部屋で休んでいるルナに 「10年前の思い出の場所へ行ってみよう」 と誘うギョンミン。 

10年前の思い出など知る由もないルナが体よく断ると、首を傾げながら1人向ったギョンミンは

そこでルビと逢って、感極まったルビが無意識のうちにギョンミンに抱かれるかたちになりました。

ウェディングドレスのことで傷心したインスはお酒を大量に飲みながら、ルビを諦め全ての真実を

明らかにして整理すると決心。夜になって酩酊状態でギョンミンとルナの部屋を訪ね、ルナに向って

「ルナ、ルナ、僕と話そう、チョン・ルナ、ペ・ギョンミン副社長の義理の妹だと?」 と言って

今度は心配するギョンミンに抱き付いて「あなたは2人の女の愛を独り占めしている凄いペ副社長。

僕が面白い話をしましょう。むかしむかし春川に心が優しいお姉さんと性格が悪い妹が住んでいました。」

そしてこの先が言えないうちに意識を失ってしまいました。インスの役柄上、抑えぎみの演技が多い

パク・クァンヒョンさんが本領を発揮したこのシーン、切ないけれど… とても良かったです。

76話、波瀾万丈の済州島から戻るとギョンミンの顔がやつれたと心配する家族。ルビとギョンミンに

何かあったのではないかと不安で仕方ないルナは悪い夢にうなされた翌朝、ルビーの指輪をはめて

会社に出勤し反応をみようとし、結局トイレで激しい口論になりました。一方、済州島で姉妹の口論を

立ち聞きして疑問が募るギルジャは、13話に登場した外見はルビになったルナが皮膚科でホクロを

除去したところをソヨンが目撃し、そのことを初めて聞いて姉妹の顔が入れ替わったのではないかと

不安が最高潮に達しました。居ても立っても居られないギルジャは会社を尋ね社内で迷ってトイレに

入ろうとした時、ルビとルナの激しい応酬が聞こえ遂にここで母親が全てを知ることになりました。

視聴者の苛立ちが募る77話、ギルジャは途轍もなく深刻な事実を知ると当然ルビには申し訳ないと

思いながらも自分ばかり責めて早急に真実を明かそうとしません。ルナをルビと勘違いして指輪を

はめてルビと呼んだのは確かに自分であり、「カッコウの托卵」 の意味にも気づき、ルナが劣等感を

抱かないようにするべきだったと後悔し、ギョンミンとインスのこともあるので自分1人で葬って

墓場に持って行こうと決心したばかりか、何も気づいていないふりをしてルビに電話をかけ

「ナPDと早く結婚してルビ姉さんのようによく暮らしてくれたら」 と、とんでもないことを…

一方、ギョンミンは済州島で途中まで語った真意を尋ねようとインスをカフェに呼び出しました。

「私はルナ(ルビ)を愛するが、ルナ(ルビ)は副社長様を愛している。」 というインスに対し

ギョンミンは信じないと言って話を最後まで聞かずに席を立ってしまいました。インスは独り言で

「卑怯にふるまうな。 ルナが、 いやルビがあなたを愛しているということをあなたも気づいている。」 

ギルジャに苛立ちながら良いこともありました。鶏カルビ屋はチョリムが新婚旅行中で不在のところ

ギルジャも大変なことになり、1人で悪戦苦闘していたソヨンを手伝いにジヒョクが訪れ、手際よく

何でもこなしてくれました。ソヨンはますます惹かれてカップル誕生も近いと予感させてくれました。

78話、真実が明らかになればルナは自殺するだろと恐れて1人葬ろうと決したギルジャでしたが、

「それでは可哀相なルビはどうするのか…」 と葛藤しているうちに道路で倒れ病院に運ばれました。

そして意識を失った状態で回想シーンが流れ、遂にルビとルナの出生の秘密が明らかになりました。

「浮気していたギルジャの夫。ほぼ同時期に出産したギルジャと彼女。夫が会社の事故で死亡。

子どもを置いて去った彼女。彼女の子どもを施設の玄関前に置き去りにしようとしたが出来なかった。

2人とも実の子として育てる決心をした。」 秘密を知るとギルジャが可哀想過ぎて涙が止まらず、

今週前半の苛立ちはどこかに消えてしまいました。ルビとルナのどちらがギルジャの本当の娘なのか? 

明かされないまま今週は終わり、来週も緊迫した状態が続きそうで大いに期待しています。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク