453. 朝ごはんを食べない健康法(&ダイエット) 只今実践中

自分の中にあった既成概念が壊され変化している最中ですが、食に関しても例外ではありません。

これまでは 「これは体に良い」 とか 「この食品は危険だ」 などと食品の良し悪しばかりに

意識が向いていたので、「1日3食」 という概念を当然のことだと信じて疑いませんでした。

特に朝ごはんはしっかり食べることが重要だと広く一般的に言われてきたので、それを固く守り

出勤前の限られた時間の中で欠かさず食べ、食休みの間もなく慌てて出かけていました。

ところが 「自分の内側にある光」 と向き合うようになると、これまでは気にも留めなかった

不調和を排除しようとする自然の流れが生じ、食欲がなくても短時間で無理やり詰め込む朝食に

疑問を覚えました。それで早速調べてみると、かなり前から 「朝ごはんを食べない健康法」

提唱され、実践されている方が多いことを知り、もし食べなくても良いのなら支度と片付けの

時間も節約でき、ゆとりが生まれる利点を考え、試すことに決めたのが今年の9月初旬でした。

そして約1か月が経過…

始めてから1度も 「やはり朝ごはんを食べたい」 と思うことなく、ごく自然に新たな生活習慣が

軌道に乗りました。夕食から次の日の昼食まで、たっぷり時間を空けることが胃腸ばかりでなく

あらゆる体内にどれほど良いか身を持って実感しているところです。

昼食から夕食の間に好きなだけ間食しても1食分のカロリーには及ばないので、

ストレスを溜めずにダイエット効果も抜群にあり、アレルギー体質も徐々に改善されてきました。

その嬉しいアレルギー体質改善の理由は以下の2点が考えられます。

・ 朝起きて 「時間がない」 とイライラ急ぐことや、おやつを食べ過ぎて 「肥ったらどうしよう」 と

  心配することがなくなり、慢性的なストレスが大幅に減少した。

・ 体内の食物が完全に消化され排出されるサイクルに合致しており毎日リセットされる。


注意点は、「朝起きて少なくてもコップ1杯の水を飲むこと」

「常用する薬がある場合は飲み方を医師に相談すること」 です。

高価なサプリメントに頼らなくても、大切な時間を費やさなくても、簡単に出来る健康法ですが

長年の習慣を変えるには抵抗があり続ける自信もないと思われる方は先ず、連休などを利用して

休日に試してください。私も慣れないことをして会社の業務に支障をきたし迷惑をかけたくないと

スタートを土曜日にしたことが成功の近道だったようです。これからもしっかり自分と向き合って

固定観念にとらわれず、自然の摂理にかなった生き方を模索して行きたいと思います。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク