45. 命をかけた潜水

今年に入って積極的に動いていることもあり、多くの出逢いや発見や楽しいことに恵まれ

充実して忙しい毎日です。そんな中、3月26日にとても残念なニュースに触れて以来、

僅かな時間を見つけてはパソコンを開き、韓国の24時間インターネットニュースサイト

を追い続けていました。 韓国海海軍哨戒艦「天安」が沈没 し、46名が行方不明 となり、

更に行方不明者を捜索中、海軍特殊部隊UDTのベテランダイバーが、命を落とす

痛ましい事故が起き、何ともいたたまれない気持ちになりました。



 
3月26日に沈没した韓国海軍哨戒艦 「天安」 の救助作業中に、
1975年海軍入隊、長い潜水経歴を積んだ 한주호(ハン・ジュホ)
准尉が殉職したという残念な便りが3月30日に伝えられました。
本来、深海潜水用装備(ヘルメット潜水)が必要な水深45m、低温で
透視度・透明度が劣悪な海域で準備の都合上(3日間待機が必要)
通常のスキューバで作業を敢行し起きた痛ましい事故でした。



私が現在このように 「人生の目的」 とまで言い切っている 「日韓交流云々」 のきっかけを

作ってくれた映画 「タイフーン」 のカン・セジョンが海軍特殊部隊将校だったことから、

海軍特殊部隊と聞いただけで、激しく反応するのはいつものことですが…

亡くなられた ハン・ジュホ准尉は、家が貧しく大学には行かれず、18歳で入隊し35年間

海軍一筋、潜水歴は30年 「UDTの伝説」 と言われるような、屈強で心優しい軍人の鏡で

あったようです。そのような立派な方に対して、私のような軟弱リゾートダイバーが、何も

言う資格はありませんが、潜水を始めた時期は、ほぼ同じだと察するので、どうしても言わず

にはいられない気持ちをご理解ください。それは、韓国海海軍哨戒艦 「天安」 が沈没した

水深45メートル、この45メートルという何とも微妙な深度のせいで、ハン・ジュホ准尉は

命を落とされたような気がしてならないからです。もう少し深ければ一刻を争う行方不明者

の捜索であっても、大深度潜水用の特別な準備に時間がかかるとしても、通常のスクーバ

潜水は敢行されなかったような気がします。ハン・ジュホ准尉の詳しい死亡原因は、まだ

明らかにされていませんが、「天安」 の行方不明者を助けたい一心、危険承知であった

ことは確かで 「不可能なことは無い」 と自分に言い聞かせての潜水だと思うと余計に

悲しいです。海は常に状況が変化し人間の心と体も常に一定ではなく、その時の現場は、

屈強なプロをも拒絶するような厳しい状況だったことでしょう。

ハン・ジュホ准尉 ならびに 「天安」 で亡くなられた方々のご冥福と、行方不明者が

1人でも多く生還されますことを心よりお祈りいたします。

つづく
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク