44. 痛く切なく鮮やかな青春のうた

2月15日、「朝日新聞夕刊に興味深い記事が出ていました」 と、その記事 を画像にして

イ・ジョンジェンファンの方がメールで私に送ってくれました。それは韓国で人気の詩人

尹東柱(ユン・ドンジュ)の詩集 「 空と風と星と詩」 を、日本語と韓国語で朗読したCDが

発売されたニュース
でした。尹東柱 に関しては、いずれ詳しく触れてみたいですが

今日は冒頭の 「序詩」 を韓国語の勉強を兼ねて、翻訳によってイメージがどう変わるかに

ついて比較します。簡単な韓国語なので、ぜひ一緒に読んでみてください。


尹東柱(ユン・ドンジュ)韓国版の詩集と日本版の朗読CD
尹東柱(ユン・ドンジュ)韓国版の詩集と日本版の朗読CD


原文 「서시」
죽는 날까지 하늘을 우러러
한 점 부끄럼 없기를
잎새에 이는 바람에도
나는 괴로워했다.
별을 노래하는 마음으로
모든죽어 가는 것을 사랑해야지
그리고 나한테 주어진 길을
걸어가야겠다.
오늘 밤에도 별이 바람에 스치운다.



Google翻訳 「西」
死ぬ日まで空を見上げ
1つの恥知らずがないの
葉にある風にも
私は苦しんだ。
星を歌う心で
すべての死んで行くことを愛するしなくてはならない
そして私に与えられた道
歩いて行かなければ分からない。
今日の夜も星が風にスチウンダ。



エキサイト翻訳 「序詩」
死ぬ日まで空を敬って
一点恥じることがないことを
葉にこれは風にも
私は苦しんだ。
星を歌う気持ちで
すべての死んでいくのを愛しなくちゃ
そして私に与えられた道を
歩いていかなければならない。
今夜にも星がために(風に)かすめる。



金時鐘 訳 「序詩」
死ぬ日まで天を仰ぎ
一点の恥じ入ることもないことを
葉あいにおきる風にすら
私は思いわずらった。
星を歌う心で
すべての絶え入るものをいとおしまねば
そして私に与えられた道を
歩いていかねば。
今夜も星が風にかすれて泣いている。



伊吹郷 訳 「序詩」
死ぬ日まで空を仰ぎ
一点の恥辱なきことを、
葉あいにそよぐ風にも
わたしは心痛んだ。
星をうたう心で
生きとし生けるものをいとおしまねば
そしてわたしに与えられた道を
歩みゆかねば。
今宵も星が風にふきさらされる。



いかがでしょうか?

先ず、翻訳サイトでは 「エキサイト翻訳」 の方が優れていることがわかります。

伊吹郷さんの訳が一番有名で絶賛されることが多いようですが、金時鐘さんの訳も

好みの問題だけで素晴らしいと思います。もっと韓国語や韓国のことに理解を深めたら、

私自身も自分の言葉と感性で詩訳をしてみたいと、また1つ目標を増やしました。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク