435. 立秋を過ぎた8月8日 富士山ツアーに参加して気づいたこと

今年6月22日 富士山が世界文化遺産に登録された記念に、先日の8月8日(水)

「はとバスツアー 天然クーラー富士山五合目・氷穴とランチバイキング」 に参加しました。

富士山人気と夏休みが重なってツアーは大盛況、20名から実施のところをこの日の参加者は

160名を超え、バスは4台に増便されたので新宿西口の集合場所は混雑していました。

それでも添乗員さんの手際よい誘導に乗客が従い、遅れて来る人もなく定刻5分前に出発という

幸先の良いスタートは、時期的に渋滞や参加者の多さで時間通りにはいくはずがないとの予想を

大きく裏切る嬉しい誤算でした。バスは富士急行グループの観光バスがチャーターされ、

ガイトさんの制服(富士山と空をイメージしたチェックのオーバーブラウス)が涼しげで爽か、

終日スタッフの手際の良さと協力的な乗客によってスムーズで快適な旅を満喫してきました。


はとバスツアー 天然クーラー富士山五合目・氷穴とランチバイキング

このツアーは7月にテレビでも紹介され詳細は 旅行のクチコミサイトフォートラベル にあります。

この先は印象に残った点を超私的に書きますので違和感があればスルーしてくださるようお願いします。


鳴沢氷穴 入口付近から内側を望む 鳴沢氷穴 入口付近から外側を望む
鳴沢氷穴 入口付近から内側を望む      鳴沢氷穴 入口付近から外側を望む


最初に訪れた 鳴沢氷穴 は 864年の貞観大噴火で溶岩流が樹木を巻き込み幹の木材部分が

燃えつきた後にできた縦穴形状の洞窟で、富士山を守る自然霊が宿るパワースポットでした。

以前 にも書きましたがパワースポットでは個人的な頼み事はせず、森羅万象にひたすら感謝し

受けとめることで五感の感度が徐々に高まり霧に包まれた真実が輪郭を現してきます。

私にとって 鳴沢氷穴 は涼しいばかりでなく、そのような特別な場所でした。


富士山五合目より八合目を望む 富士山五合目 日韓交流の看板
富士山五合目より八合目を望む        富士山五合目 日韓交流の看板


標高 2305m の富士山五合目は登山客と観光客が入り乱れて混雑していました。

雲の流れがとても速く、頂上だと勘違いしていた八合目が見え隠れ、シャッターを切る

タイミングが難しかったです。それから通常はあまり見かけない縦書きのハングル文字を発見!


富士ビューホテルのランチバイキングと桃狩りも十分満足して、帰路に就いた観光バスが

長いトンネルに入って間もない16時56分、乗客の携帯電話から緊急地震速報メールの

受信音が一斉に響きました。乗客の1人が 「奈良県で震度6強の地震発生!」 とつぶやき

それに反応した私が 「ええっ! 震度6強ですか? どうしよう大変なことが…」

添乗員さんが心配して 「奈良県にご親戚がいらっしゃるのですか?」 と声をかけてくれました。

「いえ、そうではないのですが、震度6強って東日本大震災のレベルだから…」 と返答。

そしてまた添乗員さんが 「こんな時にトンネルなんて… 長すぎる…」


バスは予定通り新宿西口に到着し自宅に着くと緊急地震速報は誤報だったとわかりました。

それに対し何となく釈然としない気分になり、その理由を私の指導霊さまに尋ねてみると

思いもよらない答えが返ってきました。


人口的に地震を起こすシステムが地球上に存在し16時56分にスイッチが入れられた直後

目覚めて組織を裏切った人がスイッチを戻したので壊滅的な災害が回避された



人工的に地震を起こすシステムの有無は都市伝説として度々聞いたことがありましたが、

これまでは信じることが出来ませんでした。信頼を寄せる自身の指導霊さまからの啓示により

初めて確信が持てたと思います。それに加え、鳴沢氷穴 で富士山を守る自然の神さまからの

パワーのお蔭で感受性が高まったことが指導霊さまとのコンタクトを容易にしたと感じます。

私は40代半ばでようやく目覚めたとはいえ多くの真実は霧に包まれたまま、断片的にわかる

ことだけを頼りに試行錯誤を続けて来ました。それが2012年12月以降は受け取れるものが

日に日に多くなり常識を覆すような真実が次々と明らかになって、これまでHPや当ブログで

書いた記述はいつしか 「何も知らず書いたこと」 になってしまいました。

それでも記録として残こしておけば、自分がどのように変わってきたか後に振り返るとき

有用だと思うので、今の自分にとっては恥ずかしいと感じる記述もそのままにしています。

以上のようなことを 「突拍子もない」 と感じる人を説得する力は持ち合わせていないので

感性が一致する人だけに発信するつもりですが、理解できないからと大切な友人がたとえば

去ってしまったとしても構わないという強い気持ちであることも事実です。


何はともあれ、「はとバスツアー 天然クーラー富士山五合目・氷穴とランチバイキング」は

自信を持って薦め出来る良心的なコースなので夏の思い出作りに検討してはいかがでしょうか?
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク