381. 韓国のお正月体験

今年は2月10日(日) が陰暦のお正月1月1日にあたり、駐日韓国大使館 韓国文化院にて

開催された 「韓国のお正月の風景展」 へ行って韓国のお正月を体験してきました。

ちなみに陰暦では新月(太陽と月が同じ方向にあって地球から月が見えない日) が必ず

1日だと決まっているのでお正月も秋夕も毎年変わるそうです。

到着して先ず受付に寄ると、色鮮やかな韓服に身を包んだ職員の方から韓国のお正月の

縁起物と言われる 「福笊籬(ポクチョリ)」 を戴きました。

チョリとは米をとぐ時に使うザルのことらしく、大晦日の夜に買って台所などにかけて

おくと1年分の福を受け取れるそうです。

イベントの内容はトックク(韓国の雑煮)試食、韓国伝統工芸作り体験、餅つき大会

伝統衣装 韓服(ハンボク)試着、歳拝(セベ)&特談体験、韓服折り紙、ハングル書初め

と盛り沢山で当日は好天に恵まれたこともあり会場はとても混雑していました。

その中でも日本の臼(うす)・杵(きね)と随分形状の違う 餅つき は特に盛り上がりました。


ポクチョリ 韓国の餅つき
左:ポクチョリ
右:韓国の餅つき  


私は不器用なので物作りは躊躇しましたが 「ヘアバンド作り」 に誘われて参加してみると

思いがけず楽しくて夢中で完成させたばかりか 「韓服折り紙」 にも挑戦しました。


韓国のヘアバンド 折り紙のチマチョゴリ
左:韓国のヘアバンド
右:韓服折り紙                


韓国のヘアバンドの正式名称は 배씨머리띠 (梨種ヘアバンド) と呼ばれており、本来は

髪の毛の少ない子ども向けに考案された装身具が次第に身分の高い女性にも広まったもので

梨の種の形に似ていることが名前の由来だそうです。でも、グーグル翻訳 で 「배씨머리띠」

と入力すると何故か 「ペ·ヨンジュンのヘッドバンド」 と日本語翻訳されてしまいます(笑)

韓国のお正月の様子は以前からドラマで観たり話を聞いたりしてある程度知っていましたが

実際に体験してみると、これまで以上に親しみを感じることが出来ました。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク