37. 生きる

太陽が黄経0度の春分点を通過する 「春分の日」 と、太陽が黄経180度の秋分点を通過する

「秋分の日」 を中日(ちゅうにち)として、前後各3日を合わせた7日間の 「春・秋の 彼岸会法要」

は我が家にとって大きな行事で、全ては私の母が取り仕切り、家族はそれに従って手伝います。

特定の宗教を信仰していない私には共感出来ない部分も多々ありますが、この家に生まれた

以上は従うのが道理だと思っており、徳川家康の次男 結城秀康の位牌所として建立された、

浄土宗 森巌寺(東京都世田谷区代沢3-27-1)の 檀家 として、いずれ母に代わって、その役目

を受け継ぐつもりです。境内には、お灸と2月8日の針供養で知られる淡島神社があり、樹齢

400年の銀杏の木がそびえ立ち、針供養は世田谷区無形民族文化財に指定されています。

浄土宗の宗祖は 法然上人 で、来年は800年大遠忌を迎えるのですが、信仰していない者に

とって 「宗派」など は、なお更どうでも良いことだと無関心を決め込んでいました。

ところが 「宗派」 からの依頼で 「800年大遠忌ソング」 を作った、シンガー・ソングライター

さだまさし さんの歌 「いのちの理由」 を彼岸中に偶然聴く機会があり、心に中に溶け込んで

来るような不思議な感覚があったので 「ご先祖が喜んでいるのかもしれない」 と、意外にも

清々しい気持ちになりました。



by seisyun123 さま


私自身は 「全ての宗教はその宗教の創始者が説いた時、全て正しかった」 との独自の考えを

持っており、それが記録され引き継がれた時点で解釈には少しずつズレが生じ、宗派が生まれ

世界中でいつまでも、宗教間や宗派間での争いが絶えないことを、残念に思っています。

仏教に関しても、「色即是空 空即是色」 は人間の存在に関する重要な概念と捉えており、

全てを否定している訳では決してありませんし、お墓も不要なものとは思わないので、このまま

家の方針を引き継いで、その先のことは成り行きに任せるつもりです。1年に2回来る「彼岸」は

生きることの意味を考える平穏な時間が持てれば良い とだけ常々願っています。


森巖寺
森巖寺(しんがんじ) レッツエンジョイ東京より
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク