359. 伝説の韓国ドラマ 「砂時計」 のロケ地

先日、韓国文化院で知り合った方から私にとっては超ド級の有益情報が届けられました。

11月後半にソウルの清渓川を歩くイベントに参加された時、北村韓屋村のゲストハウス

「ソフィア」 に宿泊している方から聞いた話ということでメールを頂きました。

「既にご存知だとは思いますが念のために」 と控えめな前置きの後になんと…


ゲストハウス 「ソフィア」 は伝説の韓国ドラマ 「砂時計」 のロケ地として使用され、

それを知らずに買い取ったオーナーによって経営されているそうです!!



その方と初めて出逢ったのは 2010年3月、私が韓国文化院の文化交流散策プログラム

「姜基洪院長の動く韓国文化院 多摩川散策」 に初参加した時でした。

初参加者だけが自己紹介する暗黙の決まりに、何の準備もなく気の利いた挨拶が出来ず

咄嗟に口から出たのは、 「はじめまして イ・ジョンジェ ファンの ○○ kaoru です」

後で考えると恥ずかしい挨拶でしたが、そのお蔭でこんなに嬉しいメールを戴くなんて、

思ってもみませんでした。 イ・ジョンジェさんの出世作でもある 「砂時計」 は、テレビを

見るために皆が一斉に帰宅するという社会現象を巻き起こし「帰宅時計」とも呼ばれた

韓国ドラマ史上に残る名作です。イ・ジョンジェさんの役どころ 「剣道が得意なボディガード」

にあやかりボディガートを目指す人が急増し、剣道が大ブームになったほどだったそうです。

北村韓屋村には数年前に訪れたことがあり、じっくり散策したつもりでしたが、「ソフィア」

のことは知りませんでした。今年は1度も韓国に行けないまま終りそうで、いずれ行こうと

チェックする場所は増えるばかりですが、 「ソフィア」 はその中でもポイントが高いです。


北村韓屋村ゲストハウス ソフィア HP より 韓国ドラマ「砂時計」オープニング映像より

尚、ソフィア のオーナーは日本語が堪能で HP は日本語でも閲覧可能です。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク