351. 『泥棒たち』 ようやく鑑賞できました!

今年7月25日に韓国で公開された 『泥棒たち』 をようやく鑑賞しました。

日本語字幕は付いていませんが、中国語と英語の会話には韓国語の字幕があります。

スピード感があり映像だけでも十分楽しめると思うので、日本語字幕付き DVD が

発売されるまで待ちきれない方は ↓ からどうぞ。(サイトの安全は確認済み) 

泥棒たち 本編 도둑들 (2012) 136分

鑑賞方法

泥棒たち メイキング 도둑들 영화를 만들다 (2012) 80分


10人の泥棒 (俳優名 役名
キム・ユンソク マカオ・パク
キム・ヘス ペプシ
イ・ジョンジェ ポパイ
チョン・ジヒョン イェ・ニコル
サイモン・ヤム(イム・ダルファ) チェン
キム・ヘスク シプトンコム(噛んだガム)
オ・ダルス アンドリュー
キム・スヒョン チャムパノ
アンジェリカ・リー ジュリー
デレク・ツァン(チュン・グクサン) ジョニー


イ・ジョンジェさんが出演していなければ自発的に観ることはないと思う作品なので、

とにかく彼の演技を見逃したくない気持ちで鑑賞し始めました。

ところが十人十色の個性的な泥棒たち全員に惹かれて理屈抜きに面白かったです。

深刻で重い映画、涙無しでは終れない映画は疲れるから、娯楽として息抜きに

観たいという方にはうってつけでしょう。でも泥棒たちのスリリングなアクションシーン

が面白いというだけでなく、愛の描き方も上手でほろっとする場面は3回を数え、

泥棒の1人は潜入捜査官、義理堅い人情派泥棒あり、父親殺しの復讐劇あり…

盛り沢山なのに詰め込み過ぎの感はなく、いつの間にか悪事を働いている泥棒たちの

目線になって観てしまう、それが記録的な観客を動員した所以だと感じました。

確かにその中で 「卑劣な裏切り者」 ポパイを演じたイ・ジョンジェさんの演技は、

特にファンでもない限り1度観ただけでは目立たないかもしれません。

イェ・ニコルとマカオ・パクの派手なワイヤーアクション、チェンの銃撃戦を観て

「この役を彼にやってほしかった」 と一瞬思ったりもしましたが、気を取り直して

よく観るとポパイの内面を上手に表現した演技に徹していることに気づき感心しました。

悔しいくらいポパイに成りきって、もはや海軍将校の姿は何処にも見出せなかったです。

全般的にこの作品は鑑賞直後より少し時間が経過した時、個々の名場面が不思議と

懐かしく思えてきて、早くまた観たい気分になります。

イ・ジョンジェさんが絡まないシーンで一番印象に残っているのは、日本人夫婦に

扮した熟年のチェンとシプトンコムが本物の愛を育み一緒に最期を迎えるところ。

日本人からすると日本人に見えない2人ですが、日本人以外には十分日本人に映った

ことでしょう。先日、キム・ヘスクさんが大鐘賞で助演賞を受賞したニュースを観て

「あら、そうなの?」 くらいにしか思いませんでしたが、鑑賞後は大いに納得です。


以前に比べれば字幕なしでもある程度は理解出来るようになり、日頃の勉強が

少しは役に立っていると嬉しかった半面、想像していた以上に中国語のシーンが多く

韓国語の字幕を読むには頻繁に一時停止しなければならず、今後の新たな課題が

また増えてしまったようです。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク