348. 韓紙にプリントした写真展 「韓国仮面劇の故郷へ、誘う 安東・河回村」

韓国文化院・姜基洪前院長の 東京 川べりウオークに参加した時お逢いし、その後も何かと

お世話になっている写真家の金井三喜雄さんが、杉田重男さん、ハン・ナムスさんと一緒に

「韓国仮面劇の故郷へ、誘う - 世界遺産の里 安東・河回村」 展を以下の通り開催されます。


○ 日時:2012.10.30 (火) ~ 11.3 (土) 10:00-17:00 (最終日は15:00まで)
   ※オープニング・レセプション:2012.10.30 (火) 18:00~
○ 場所:韓国文化院 ギャラリーMI (1F)  ※入場無料
○ 主催:韓国仮面劇映像研究会
○ 後援:駐日韓国大使館 韓国文化院、安東市、韓国観光公社、韓国民団中央本部



安東へは世界遺産に登録される前に1度だけ訪れたことがあり 「ゆったりと流れる時間」 を

初めて味わったような気分になって忘れることが出来ませんでした。

その後、嵌りに嵌った韓国映画 「マイウェイ12000キロの真実」 では重要な場面の

*ロケ地となり、映画館の大画面でその風景が映し出される度に懐かしくて、

また訪れたい気持ちが高まっていたところへの嬉しいお知らせでした。

韓国仮面劇のふるさと河回(ハフェ)村の美しい風景写真や「河回別神グッ」の仮面の表情、

動きを見る観客の笑いをおさめた写真を、韓国伝統紙にプリントして展示されるそうです。

昨年 「韓紙工芸」 を体験する機会を得て、そのふわっとした感触がとても魅力的だったので、

安東河回村の写真をプリントすると、どんな感じになるのか興味津々です!

きっとあの風景が、ますます穏やかに、ますますゆったりと仕上がっているのではないかと…

10.30 (火) 18:00~ のオープニング・レセプションに参加させて頂き、

この目で確かめてこようと思っています。お時間のある方はぜひご参加ください。

*「マイウェイ12000キロの真実」のロケ地
マラソン大会の折り返し地点は安東河回村で撮影されました。



韓国仮面劇の故郷へ、誘(いざな)う
韓国仮面劇の故郷へ、誘(いざな)う
関連記事
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク