341. 心がヒリヒリする 浩二ジャパン誕生

東京生まれの東京育ち、広島に親戚がいる訳でもないのに10歳のある日、何故か唐突に

カープファンになって40年以上が経ちました。周囲に誰1人もカープファンがいない中、

聖蹟桜ヶ丘から後楽園球場と神宮球場のナイターに1人で行ける子どもでした。

どうも他人から見ると 「運が良い人」 で通っている私ですが、カープファンであることに

関しては苦労の連続、報われないことばかりでストレスが溜まり放題でした(笑)

数年前に起きた自身の変化により、常に高い波長を保つ必要を感じたので、波長を下げる

原因を検証し、第一に挙がったカープを極力自分から遠ざけて、余程調子が良い時以外は

試合結果すら観ないことに決めました。でもカープを愛する気持ちが消えることも、少なく

なることもなくて、球団が無事に存続してくれればそれだけで良いと思うようにしています。

実は霧が晴れて行くように次々といろいろなことを思い出した後も、「どうしてこんなにも

カープが好きなのか?」 は不明のままなんです(笑)


2週間くらい前、毎日チェックしている韓国のニュースサイトに、来年3月に開催される

第3回 WBCの日本代表監督がまだ決まっていないと載っていました。他国の監督が

決まっていないことまで心配してくれるなんて親切なことだと感心していたのも束の間、

「ミスター赤ヘルに決定?」 そして、引き続き「浩二ジャパン誕生」 のニュースが…

浩二って… 浩二ジャパンって… そんなこと急に言われても… 心の準備ができてない…


本当に心配で、気になって、心がヒリヒリします。

皆さま、彼は他に引き受ける人がいなかったので仕方なく出てきたことをお忘れ無きよう、

どうかお手柔らかに温かく見守ってくださいますようお願いします。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク