335. 「希望の国」 トロント国際映画祭 最優秀アジア映画賞受賞

「敬老の日」 の昨夜、両親の好物を食卓に並べ一家団欒のひとときを過ごしていた時、

NHK大相撲放送終了後もそのまま付いていたTVから嬉しいニュースが流れてきました。


カナダで開かれていた北米最大の映画祭、トロント国際映画祭で、今から数年後の
日本を舞台に原発事故に翻弄される家族を描いた映画、園子温監督の「希望の国」が、
最優秀アジア映画賞を受賞しました。カナダで開かれていた北米最大の映画祭、
トロント国際映画祭は、16日、各部門の受賞作が発表されました。このうち、
最も優れたアジア映画に与えられるNETPAC最優秀アジア映画賞には、園子温監督の
「希望の国」が選ばれました。この映画は日本国内の架空の県を舞台に、今から数年後に
再び起きてしまった原発事故に翻弄されながらも、それぞれの生き方を模索する家族の姿を
描いた作品です。園監督は、東日本大震災のあと福島県を中心に被災地をたびたび訪れて
被災者から直接聞いた話を基に、今回の映画を製作したということです。
園監督は「あの時、日本で何が起きたのか、今でも日本で何が起きているのか、
世界に見てほしい。この映画がきっかけになればうれしいです」と話しています。
映画「希望の国」は来月20日から劇場公開される予定です。



↓ 画像をクリックするとニュース動画がスタートします
2012.9.17.NHK ニュース 希望の国
2012.9.17.NHK ニュース より 


このブログでも何度か書いてきたように、東日本大震災後の計画停電を一家で経験した

ことを機に、これまで無関心だった原発に興味を持ち共通の話題がなかった家族の心が

1つになりました。我が家共通の考え方は 「原発がゼロになったら現在と同じレベルの

暮らしをしたいとは思わない」 ことです。限られた電力を分け合って身の丈に合った

生活が出来れば良いと思っています。それぞれ置かれた立場の違いにより原発に対する

自分の考え方が決められないでいる人も多いのではないでしょうか。

いずれ選択を迫られる日が遠からず来ることは避けられない現実を前に 「希望の国」を

鑑賞して考える時間を持つことも1つの良い方法ではないかと思いました。

「希望の国」 の劇場公開を楽しみにしています。


『希望の国』 オフィシャルサイト は こちら
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク