288. 五味・五色・五法 韓流フレンチ & 韓国伝統芸鑑賞

2月28日(火)12:00~ 調布クレストンホテル8階(東京都調布市) にて開催された

「第1回 韓流ランチ ~韓国の文化を織る会」 へ行って来ました。


前半のランチメニュー ~五味・五色・五法 韓流フレンチ~ は以下の通りです。

~アミューズ~
9種類の素材を使って 九節板 風 カネロニ仕立て
かぼちゃ粥のソース
ペッキムチのスープと共に

~前菜~
5色野菜と海鮮サラダ

~スープ~
トッポキのマンハッタンチャウダースープ

~魚料理~
白身魚のムニエル 百歳酒のソース

~肉料理~
ノビアニとバベット(はらみ肉)のステーキ ナムルを添えて

~デザート~
マッコリのムースと五味子茶のソース 季節のフルーツ添え
唐辛子のガナッシュとチョコレートケーキ

~パン~
韓国海苔を使ったバケット



アミューズ&前菜 魚料理&肉料理
左 : アミューズ&前菜
右 : 魚料理&肉料理


韓国風アレンジが施された創作フレンチといった感じで様々な工夫が丁寧に盛り込まれており

十分満足しましたが、本音を言わせて頂くと食べ慣れている本来の韓国料理の方が好みです。

トッポッキのトック(餅)入りスープ、マッコリのムースは良い組み合わせだと思いました。


五味  甘、酸、辛、苦、鹹(かん 塩辛い)
五色  白、黄、赤、青、黒
五法  生、煮る、焼く、揚げる、蒸す
九節板(クジョルパン)  八角形で中央が円状の器に9種類の料理を載せる韓国の伝統料理
五味子茶(オミジャ茶)  モクレン科チョウセンゴミシの赤い果実のお茶
ノビアニ  朝鮮王朝の宮廷料理で、貴族 (両班) の家や料亭で食べられたもの


ランチ会場はクレストンホテルで一番大きい披露宴などに使用される部屋で、本来はそのまま

韓国伝統芸鑑賞も行う予定だったようですが、盛況により定員を増やしたため舞台を設置する

スペースが確保出来ず、別の会場に移動して 13:00~ 後半が始まりました。


金順子 韓国伝統舞 太平舞 金順子 伝統楽器 伽倻琴演奏 
左 : 金順子 韓国伝統舞 太平舞
右 : 金順子 伝統楽器 伽倻琴演奏


韓国伝統舞踊 「太平舞(テピョング)」 「サルプリ舞」
伝統楽器伽倻琴(カヤグム)演奏 「散調曲」 「民謡メドレー」 「アリラン」
お楽しみ抽選会



太平舞  李朝時代の王妃が国の平和と大安を祈願して踊るもので多彩な足運びが特徴
サルプリ舞  京畿道南方に伝わる巫女の厄除け・生と死を結び 「恨」 を解き放す踊り
伽倻琴  三国時代に伽倻国で作られた琴の一種で絃が12本ある
散調曲  韓国の貴族 (両班) が風流を楽しむために演奏した曲


太平舞とサルプリ舞は去る2月18日のイベントでも演目に入っていましたが、今回のように

低めの舞台で間近に鑑賞すると一段と美しさが引き立ち惹き込まれます。

その後は目にも鮮やかな青い衣装に変わって伽倻琴の演奏が始まり 散調曲と民謡メドレー、

そして アリラン を演奏に合わせて会場の参加者全員で歌いました。

琴爪を使用せず右の爪と指で絃を弾き、左手で振動を与える音色はとても優しく癒されます。


お楽しみ抽選会が終わりこれでお開きかと思った時、Happy Birthday to You のメロディーが…

当日はたまたま金順子先生の誕生日にあたっていたのでホテル側から粋な計らいがあり

お祝いムードが醸し出され、花束の贈呈と全員で セイル チュカハムニダ!


会場には多摩地域在住で今回初めて韓国の伝統芸術に触れられた方も多かった様子、

「第1回 韓流ランチ ~韓国の文化を織る会」 と銘打ってあるので、第2回、第3回と

今後も定期的に続けて頂ければと希望しています。関係者の皆様、ありがとうございました。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク