281. 「林檎華憐歌」 あのとき 旅立ちのとき 泣きながら笑ってた

慣れない映画館通いで少々疲れ気味でしたが ビートまりお さんの 「林檎華憐歌」 が

心に響いて元気になりました。この歌は昨年お亡くなりになったお祖母さまへ贈る歌だそうで

明るいエネルギーに満ちた故人の人となりが伝わってきて清清しい涙がとまらなくなります。

それから動画サイトに登場したお母さまの美声にも驚きました…

ビートまりおさん お祖母さま お母さま ありがとう!



母が「林檎華憐歌」歌いたかった。 by 28282525


林檎華憐歌 / 作詞作曲:ビートまりお 編曲:ARM COOL&CREATE 
(→http://cool-create.cc/

咲いて 咲いて あなたのもとへ
はるか遠く 夜空の月よ
朝まで歌いつづけて 同じ空を見上げる

染まれ 染まれ あかく染まって
忘れられぬ 故郷の色
いつまで いついつまでも とどけ林檎の華よ

春になれば桜のころ ひらひら舞う姿よ
見惚れて 手をさしのべて 散りゆく欠けら掴めば
夏になれば祭囃子 きこえてくる喧噪
笛吹いて 太鼓叩いて 夜を叫び歩きつづけ

笑えカンラカンラ 踊れカンラカンラ
騒げカンラカンラ 歌え林檎華憐歌
春に思い出して 夏に懐かしんで
季節めぐりまして いつかまたヤァレヤァレヤ

歌え 歌え あなたのために
遠い場所で 聴いてください
あのとき 旅立ちのとき 泣きながら笑ってた

今は 今は 元気でいます
離れていても 同じ気持ちで
いつまで いついつまでも とどけ林檎の華よ

秋になれば紅葉まつり 色とりどり激しく
着飾る人形の香りは菊の花 季節花
冬になれば雪の化粧 白光り天守閣
吹雪いて 積もり積もって 足跡のこすヒトツフタツ

笑えカンラカンラ 踊れカンラカンラ
騒げカンラカンラ 歌え林檎華憐歌
秋に切なくて 冬に忘れたって
歳を重ねまして そしてまたヤァレヤァレヤ

咲いて 咲いて あなたのもとへ
はるか遠く 夜空の月よ
朝まで歌いつづけて 同じ空を見上げる

染まれ 染まれ あかく染まって
忘れられぬ 故郷の色
いつまで いついつまでも とどけ林檎の華よ

歌え 歌え あなたのために
遠い場所で 聴いてください
あのとき 旅立ちのとき 泣きながら笑ってた

今は 今は 元気でいます
離れていても 同じ気持ちで
いつまで いついつまでも とどけ林檎の華よ

咲いて 咲いて あなたのもとへ
はるか遠く 夜空の月よ
朝まで歌いつづけて 同じ空を見上げる

染まれ 染まれ 赤く染まって
忘れられぬ 故郷の色
いつまで いついつまでも とどけ林檎の華よ

とどけ林檎華憐歌
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク