264. 「マイウェイ 12,000 キロの真実」 膨らむ想像 高まる期待

来年1月14日(土)から日本全国で公開が始まる韓国映画 カン・ジェギュ監督の最新作

「マイウェイ 12,000 キロの真実」 の出来たばかりのパンフレットとチラシを関係者から

ご好意により戴きました。早速手に取り中身を読んだ瞬間、壮絶で過酷なストーリーにも

関わらず、最後には明るい光が降り注ぐような予感がして、それが確信に近くて胸が高鳴り

公開を待ち焦がれているところです。


日本・ソ連・ドイツ 3つの軍服を着ることになった数奇な運命。

マイウェイ 12,000キロの真実 パンフレット 表紙 マイウェイ 12,000キロの真実 ソ連・ナチスドイツの旗
左:マイウェイ 12,000キロの真実 パンフレット 表紙 (右上の○は日章旗)
右:角度を変えると日章旗の下にソビエト連邦とナチス・ドイツの旗が見えます



一見、黒地に白文字だけのパンフレット表紙ですが角度を変えると三国の旗が透かしの

ように浮かび上がる凝った作りになっており製作者の強い意気込みが感じられます!


第二次世界大戦中の1944年6月 史上最大の上陸作戦と言われる ノルマンディー上陸作戦に

東洋人の姿があった事実、1936年ベルリンオリンピック男子マラソンで朝鮮のソン・ギジョン

が祖国代表でなく日本代表として金メダルを獲得した事実などに基づき、監督の想像力から

作られた限りなく真実が反映されたストーリー 「マイウェイ 12,000キロの真実」。

3つの軍服を着た東洋人の1人は憲兵隊司令官を祖父に持つ長谷川辰雄 (オダギリジョー)、

もう1人は長谷川家の使用人一家の息子 キム・ジュンシク (チャン・ドンゴン) です。


長谷川辰雄(オダギリジョー)とキム・ジュンシク(チャン・ドンゴン) 2人を取り巻く登場人物
左:長谷川辰雄(オダギリジョー)とキム・ジュンシク(チャン・ドンゴン)
右:2人を取り巻く登場人物



そしてもう1人、日本兵に一家を殺された中国人スナイパー シュライ (ファン・ビンビン)

が重要な役どころとして加わり、圧倒的スケールで残酷な戦闘シーンを描きながらも戦争の

映画ではなく、本題はどんなことがあってもマラソンに対する夢と情熱を捨てない一途で

優しい ジュンシク を通して人間本来の姿を追求する映画だと言えるのでしょう。


シュライ(ファン・ビンビン) ノモンハン事件の場面
左:シュライ(ファン・ビンビン)
右:ノモンハン事件の場面



マイウェイ 12,000キロの真実 パンフレット最終頁
パンフレット最終頁 


東日本大震災により想像を絶する悲しみを体験し、同時に奇跡的な出来事や人と人との絆など

多くの感動も身近に味わい、少しくらいの感動は日常茶飯事で麻痺している日本人の心に

直球で届きそうな ~全てを失ってもまだ生きる道はある~「マイウェイ 12,000キロの真実」。

復興の兆しが見えつつあるこの時期に鑑賞することで多くの人の心が動き、国も境遇も過去も

全てを乗り越えて「真の友情関係」 を築き合うための一歩になってほしいと期待しています。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク