241. 夢は続くよ、どこまでも 「韓国文化勉強会」 初参加

9月6日(火)姜基洪院長の動く韓国文化院 最後の散策&記念行事 の写真展開幕式

レセプションは立食パーティー形式で、主要な方々の挨拶や乾杯の音頭が終わった後

散策の参加者と歓談していると、初めてお見かけする女性が声をかけてくださいました。

お話によると彼女は 「韓国文化勉強会」 というサークルの役員で、月に1度のペース

で勉強会を開催されているとのこと、会場は韓国文化院で毎回各方面の講師をお呼びし

幅広く韓国文化に関する理解を深めておられる様子でした。

韓国ドラマとK-POPがきっかけで10年前から始まった 「韓国文化勉強会」 は興味

の範囲が会員各々で広がり韓国文化を学ぶ会として今日に至っているそうです。


戴いたチラシの内容は…

韓国文化勉強会

韓国の文化を一緒に勉強しませんか?

日 時 : 毎月第2土曜日(除く8月)14:30~16:30

会 場 : 韓国文化院 東京都新宿区四谷4-4-10

主 催 : 韓国文化勉強会

連絡先 : kankokubunkabenkyokai@yahoo.co.jp  見学も可能



9月10日(土)は第二次世界大戦中、日本の大学に留学し治安維持法違反の嫌疑で

逮捕され獄死した朝鮮人の詩人 尹東柱(ユン・ドンジュ)について学ぶ予定、そして

勉強会終了後は希望者による食事会が毎回あり、会場は曙橋の韓国家庭料理 「仁寺洞」

だと伺いました。 尹東柱 は以前から興味を持っており 「永遠に続く道」でも少し触れた

ことがあり、「仁寺洞」 も大好きなお店なので願ってもないお誘いに胸がときめき、

上記アドレスに連絡して初参加の運びとなりました。


そして当日、会場に到着し代表者をはじめ参加者の方々にお逢いした瞬間ほっとするような

穏やかさを即座に感じとり参加して良かったと心から思いました。韓流ファンになって以来

さまざまな経験を通して警戒心や懐疑心を持つことを覚え、自分の心としっかり向き合い

少しでもひっかかりがあればけっして無理をしないよう細心の注意を払って来ましたが、

「韓国文化勉強会」 にそのような心配は無用でした。

参加者は30代~60代の女性ばかり、それぞれ御贔屓の韓流スターを応援しながらも

冷静な目を持たれ、幅広く韓国文化を愛して理解を深めようとされている姿に共感しました。


次回10月8日(土)のテーマは韓紙工芸で、講師に韓紙工芸師 コ・ミンジュン氏 を

お迎えしてキーホルダー作りに挑戦するそうです。興味のある方はぜひ、

kankokubunkabenkyokai@yahoo.co.jp までメールにてお問い合わせください。

韓紙工芸に関しては材料準備の都合上、9月末日までに参加表明が必要とのことです。


韓国家庭料理 「仁寺洞」の店先にあった色鮮やかな唐辛子
韓国家庭料理 「仁寺洞」の店先にあった色鮮やかな唐辛子

尹東柱(ユン・ドンジュ)勉強会の感想は日をあらためて紹介します。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク