224. 元気じゃなくても行ける! 韓国 リハビリ旅行記 ⑨

「電車で行く水原(華城・民俗村)1日観光」 の後半(午後)です。


8.理想的な地方博物館 「水原華城博物館」

昼食場所の華紅門 「ヨンポカルビ」 から水原川に沿って南(水原駅方面)へ数分歩くと

水原華城博物館が見えてきます。3年前 「韓国世界遺産巡り6日間」 のツアーで水原を

訪れた時には半日で水原を後にしたので博物館に立ち寄れませんでしたが、今回初めて

見学してみると広大な華城を隅々回る以上に価値がある充実した内容だと感動しました。

常設展示は、華城の築城過程を全般的に見せる空間 「築城室」 と、1795年の正祖大王に

よる8日間の行幸・軍事改革の核心である壮勇営 (王室直属の親衛隊)・初代華城留守で

華城城役総理大臣の蔡濟恭 (チェ・ゼゴン) の遺物を展示する 「文化室」があります。

常設展示では外国人向けに非常に性能が良い「音声案内機」 の貸し出しがあり、イヤホン

をセットして展示物の前に行くとその説明が始まり、移動してまた別の展示物の前に行くと

音声が切り替わってあらたな説明が始まるシステムになっています。

以前このシステムを他の文化施設で利用した際、誤作動により役目を果さなかったので

途中でやめてしまいましたが、ここでは感度が良く最後まで楽しめました。

「子供体験室」 「企画展示」 「屋外展示」 もそれぞれ展示に工夫が凝らされており

精巧な模型・整然として興味を引きやすい陳列・わかりやい解説で、正祖大王(イ・サン)

が善良な君主で水原の民に愛されたことが自然と伝わってくる完成度の高い博物館です。


水原華城博物館 正面入り口
水原華城博物館 正面入り口

文化室 華城行宮奉寿堂 恵慶宮 還暦祝模型
文化室 華城行宮奉寿堂 恵慶宮 還暦祝模型

漢江を渡るために作った 船の橋 絵図 (華城行宮) 漢江を渡るために作った 船の橋 絵図 (水原華城博物館 文化室)
漢江を渡るために作った 船の橋 絵図
左:華城行宮に展示されている絵図
右:水原華城博物館 文化室に展示されている絵図

地名 船橋 (ふなばし) の語源なのか?
単に船で渡らず、何故多数の船を並べて橋を作ったのか?
強い興味が沸き、MBCドラマ 「イ・サン」 のこのシーンをぜひ観たいと思いました。

屋外展示 轆轤(ろくろ)
屋外展示 轆轤(ろくろ)

屋外展示 拳重器
屋外展示 拳重器

轆轤(ろくろ)と拳重器は滑車を利用して重い物を持ちあげるのに使われた器具。

屋外展示 善政碑
屋外展示 善政碑

善政碑は良い政治を施した地方守令の功徳を賛える碑石。


9.韓国民俗村 見学

水原華城博物館をゆっくり見学した後は韓国民俗村へ向いました。

韓国民俗村へは水原駅観光案内所 駐車場発の無料シャトルバスが便利です。


韓国民俗村 正門
韓国民俗村 正門

無料シャトルバスの発着場所は、この正門のすぐ前で、料金所は向って右側にあります。
(入場料 W15000)

ロケ地となった映画・ドラマの紹介
ロケ地となった映画・ドラマの紹介

のどかな雰囲気が漂う広大な敷地内には、270棟もの伝統家屋が実物大で展示されており
まるで朝鮮時代にタイムスリップしたかのような気分が味わえます。詳細は こちら をどうぞ。
北部地方・中部地方・南部地方・済州島の家屋は各々気候風土の違いによる特長が顕著です。

南部地方の屋敷 KBSドラマ 「トキメキ成均館スキャンダル」 の芙蓉堂
南部地方の屋敷 KBSドラマ 「トキメキ成均館スキャンダル」 の芙蓉堂

龍駒衛門 MBCドラマ 「チェオクの剣」 の左捕盗庁
龍駒衛門 MBCドラマ 「チェオクの剣」 の左捕盗庁

敷地内の全てがさまざまな韓国時代劇のロケ地になっており、ファンには見覚えのある場所が
多数あると思いますが、私がわかったのは2つだけでした。

伝統民俗公演 農楽ノリ
伝統民俗公演 農楽ノリ (空中で回転を繰り返す技の瞬間)

農楽ノリ は公演場で毎日2回 11:00と15:00 に実演され、写真では伝わらない迫力の
演技は やみつきになりそうな面白さで公演終了後は演技者と記念撮影が可能です。
他に 綱渡り、馬上武芸、伝統結婚式 の実演があります。

広大な敷地を二分する人工池 平石橋より
広大な敷地を二分する人工池 平石橋より


10.韓国民俗村→水原駅→ソウル駅

とにかく広過ぎて全てを周りきる前に水原駅行き最終シャトルバス出発時間 17:00 になり
名残惜しい気分のまま韓国民俗村を後にしました。水原駅到着後は 18:02発 デラックスな
3列シートのセマウル号に乗り、短い時間でしたがソウル駅が終点だという安心感から
熟睡して18:40 に到着しました。(セマウル号料金 W4700)

リーズナブルに 「京畿道 水原」 の魅力を満喫した充実の1日でした。

つづく
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク