223. 元気じゃなくても行ける! 韓国 リハビリ旅行記 ⑧

韓国の名所(宮・博物館・美術館・記念館 etc)は月曜日定休がとても多いので要注意、

もしソウルに行って月曜日が終日フリーなら、水原(スウォン)観光がおすすめです。

ソウル発の 「水原観光ツアー」 は多数ありますが、個人で行く利点は第一に安さ、

それから興味のある場所をゆったり見学出来て美味しい食事も存分に楽しめることです。

私自身体調が万全ではなかったので 「電車で行く水原(華城・民俗村)1日観光」 は、

体力が無くても可能なコースになっておりますので興味のある方は参考にしてください。

先ずは、前半(午前中)の華城見学からです。


1.ソウルから水原までの行き方

ソウル駅から地下鉄1号線では60分かかりますが、国鉄では30分の近さです。

地下鉄ソウル駅から国鉄ソウル駅へ入る方法及び切符の買い方は、こちら に、

国鉄ソウル駅から地方へは こちら に詳しく載っています。

教大駅を朝 8:05 に出発し、国鉄ソウル駅8:40発のムグンファ号で水原駅に 9:10 着
(ムグンファ号料金 W2500)


2.水原駅から観光案内所へ

水原駅到着後は駅4番出口近くの観光案内所 (日本語可能な担当者常駐)で情報収集。

ここで日本語の観光案内書をもらい、先ず 「華城」 への行き方と、午後から向う 「民俗村」

について詳しく説明を受けました。


水原観光案内所の地図
水原観光案内所の地図

水原観光案内所
水原観光案内所

水原日本語観光案内書 天下大将軍・地下女将軍
左:水原日本語観光案内書
右:天下大将軍・地下女将軍


3.バスで華城行宮(ファソンヘングン)へ

水原駅前(観光案内所斜め前)から11番、13番、13-3番、36番、39番 バスに乗り 約10分

「華城行宮(ファソンヘングン)」で降ります。(バス料金 W1000) 

一般的な案内 では 手前のバス停 「八達門(パルダルムン)」 下車とありますが、ここで

降りると歩く距離は非常に長くなります。


4.華城行宮(ファソンヘングン)見学


新豊樓(シンポル)
新豊樓(シンポル)

バスを降りて朱色の門の先に 「華城行宮」 があります。画像向って左側に料金所があり
入場料は大人 W1500 ですが、その後 「華城」 「水原華城博物館」 等も見学する場合は
フリーパスがお得です。(フリーパス W3500)

新豊樓でフリーパス (衣服に貼るシール) を提示して入場するとすぐに小さい小屋があり、
「華城行宮」 専門ガイドさんの常駐所になっています。
日本語の案内は最初が 10:00 スタート その後は1時間毎にスタートします。

到着した時刻は 9:40 でしたが 混雑していなかったこともあり、ご好意で 20分前の
9:40 から実施してくださいました。
(ガイドは日本語堪能な韓国人 キム・ユソプ氏、料金は無料で所要時間約1時間)


中陽門(チュンヤンムン)
中陽門(チュンヤンムン)

華城行宮の概要は こちら に分かり易い説明がありますので、ここでは詳しく書きませんが、
見ごたえ抜群で少し入り組んでいます。ガイドさんがいなければ見逃してしまいそうな所も
多々あったと思うのでとても助かりました。


朝鮮王朝 第22代王・正祖 (チョンジョ)大王(イ・サン)の人形
朝鮮王朝 第22代王・正祖 (チョンジョ)大王(イ・サン)の人形

ドラマ「イ・サン」 で正祖大王を演じた俳優イ・ソジン にどことなく似ています。

見学の最後には次に向う 「華城列車 乗り場」 の場所をしっかり尋ね、丁重に挨拶して
キム・ユソプ氏と別れました。


5.華城列車で八達山→華西門→長安公園→長安門→華紅門→錬武台

華城列車は片道30分で、八達山と錬武台の全長3.2kmを 10:00~17:50 (雨天運行なし)
に1日12回往復 しています。一般的な案内 には毎週月曜日は休みと書いてありますが、
訪れた日(月曜日)に運行していたので定休はなくなったと思われます。(運賃 W1500)


華城列車
華城列車

列車窓から観る華城城壁
列車窓から観る華城城壁

列車窓から観る華紅門(ファホンムン)と水原川
列車窓から観る華紅門(ファホンムン)と水原川


6.錬武台(ヨンムデ)から東北空心墩(トンブッコンシムドン)へ

華城列車が錬武台に到着後は、華城の最高傑作と呼ばれている東北空心墩(兵士が敵を
見張るように作られた煉瓦の望楼)まで歩き、屋上からの風景を楽しみました。


錬武台(ヨンムデ)
錬武台(ヨンムデ)

東北空心墩(トンブッコンシムドン)
東北空心墩(トンブッコンシムドン)

東北空心墩(トトンブッコンシムドン)屋上より 登ってきた階段
東北空心墩(トンブッコンシムドン)屋上より 登ってきた階段

東北空心墩(トンブッコンシムドン)屋上からの風景
東北空心墩(トンブッコンシムドン)屋上からの風景


7.昼食は華紅門近くの「ヨンポカルビ」へ

水原はカルビ発祥の地といわれ美味しいカルビ店が多数あるそうなので、今回は
観光客より地元の客が多いと噂の 「ヨンポカルビ」 へ行きました。この店で特に有名な
ヤンニョム(味付け)カルビは2名から注文可となるため こちら を参照してください。
もちろん1名から注文可能なメニュー(カルビ定食)もあります。


後半へつづく
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク