221. 忘れてはいけないパワーストーンの浄化

3月7日に 189. 気休めの粋を超えた気がするパワーストーン を書いた時は、ほとんど

知識がない状態でしたが、その後 詳しい友人からアドバイスを受け、お店にも度々通って

理解を深めつつあります。パワーストーンに関しては様々なメディアで紹介されていますが、

実際に所有してみると考えていた以上に気を使って管理する必要があるものだと気づきました。

直接お店で 複数の 「同じ種類・同じ大きさの石」 の中から自身のインスピレーションで選んだ

「石」 とは特別な縁で結ばれていると感じるようになり、のちに家族など自分以外が使用する

「石」 を選ぶ機会には、相手のためになる石を選択出来るようにと意識をより集中させました。


使用を始めると間もなく言葉では表現出来ない不思議な変化が起き、悩みが良い方に向って

いると実感出来ましたが効果は長く続きませでした。もともと効果は 「気休め」 「気のせい」

などの類だと思っていたので 「こんなものだろう」 と諦めかけた時、詳しい友人と逢う機会に

恵まれ 「浄化」 の必要性を教えてもらいました。

「浄化」 の方法は 開運なび がわかりやすかったので参考にして進めることにしましたが

石によって不向きな方法もあり、ブレスレットなどの完成品が一種類の石とは限らないので

どの石でも可能な方法は 「お香」 と 「浄化用 水晶」 のみだとわかりました。

そして、上記2通りのうちで 「お香」 は数秒間 煙 に当てれば完了とのことですが

「浄化用 水晶」 は1晩~3日間必要とあったので短時間で済む方法を選びました。


母のブレスレットが 「水」 に強い一種類の石だったので 「水」 での浄化も試しました。

「水」 は浄化用品を購入する必要がないので一番手軽だと思いましたが、実際は繋ぎの

ゴム (オペロン製) が劣化し結局ゴムを取り替えることになってしまったので、その後は

「お香」 に切り替えました。「お香」 は、ホワイトセージ (リーフ) が一番適しているそうで

香りが微かなうえ部屋全体の浄化も出来るとあって人気が高いようです。

但し、煙が苦手だったり火の始末が不安な場合は、「浄化用 水晶」 をお薦めします。

又、ブレスレットのゴムは丁寧に扱ったとしてもいずれは劣化するので、修理の方法

覚えておくと便利です。


「浄化」 して、あらためてパワーストーンの威力に気づき愛おしい存在として大切に扱う

ようになりました。 私の痛みを吸収してくれて、邪悪なものを防いで時には戦ってくれて

心を安らかにしてくれる パワーストーン に感謝しています。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク